あっと!ヴィーナス!!第三部 第二章 part-13
2021.01.05

あっと! ヴィーナス!!(47)


第二章 part-13

「ああ!」
 矢が当たって、一瞬硬直するペルセポネー。
 やがて、へなへなと浴槽の縁に倒れ掛かる。
「死んだのか?」
 弘美が尋ねる。
「いや、心身が弛緩しているだけだ」
「この後、どうするんだ?」
「無論、冥府へお連れするだけだ」
 というと、ディアナが浮遊の神通力を使ってペルセポネーを浮き上がらせた。
 そのまま、元来た道を通って旅の扉で冥府に戻った。

 ペルセポネーを迎えて、ハーデースが喜んだのも当然だった。
 エロースの弓矢のおかげか、ハーデースに寄りそうペルセポネー。
「ご苦労だったな。約束通り、愛君は地上へ返すことにしよう。
「おおそうか!働いただけのことはあるな」
「ただし、気を付けることだ」
「気を付ける?どういうことだ?」
「地上へは元来た道を戻るがよい。ただし、冥界から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならなぬぞ!」
「振り返るなだと?どういうことだ??」
 しばし考え込む弘美。
 やがて、日本神話を思い出す。
「まさか、イザナギとイザナミの黄泉の国の物語か?」
「違うな」
「じゃあ、JOJO/ダイヤモンドは砕けないの岸辺露伴編『振り向いてはいけない小道』の怪、じゃないだろうな。振り向くと魂を持っていかれるっていうやつ」
「竪琴の名手オルペウスと妻エウリュディケーの物語は知ってるか?」
「知らん!」
「ギリシャ神話だよ……ともかく、振り返るなってことだ」
 和洋の違いはあれど、冥府に関するタブーというものは共通のものらしい。

「ハーデースの野郎、地上に返すといいながら、その道すがらに罠を仕掛けているんだろな」
「まあ、簡単には返してくれるとは思ってはいなかったけどね」
「わき目も振らず駆け抜けろってことか」
「出口まであと一歩というところでも油断しちゃだめよ」
「出口だと思わせて、実はまだ洞窟の中だったとかだったら、どう判断するんだよ。牡丹灯籠とかで、朝と思わせて実はまだ夜だったというのがあるのよな」
「そうねえ、幻影くらい朝飯前でしょうね」
 ここで考えていてもしようがない。
 地上への脱出行は始まった。
 ひたすら、ただひたすらに。
 再びゾンビや骸骨などのアンデッドモンスターが襲い掛かる。
 弘美が王者の剣を振り回して薙ぎ払いながら道を切り開く。
「おい!おまえらも戦えよ」
 そういえば、さっきから全く戦闘に参加しない女神だった。
「女神は殺生はしないのだよ」
「殺生っつったって、こいつら死んでるじゃないか!アンデッドだぞ」
「といわれても、女神のしきたりというものがあってだな」
「ヴィーナスはしょうがねえよ。愛と美の女神だからな」
 と、ディアナの方を見る弘美。
「どうして私を見るのだ」
「おまえ、確か狩猟の女神でもあったよな。弓矢を射る能力があったはずだ。ペルセポネーを一発で射ったよな」
「すまぬ。弓矢は持ってきていない」
「またエロースに借りればいいじゃないか。そういえば、エロースがいないな。帰ったのか?」
「あれは、愛の弓矢で魔物はもちろん人間も倒せない。使い道が違うのだ」
 もはや手立てはない。
 走って、走って、出口まで走り続けるだけだ。
 やがて、前方に出口の光が見えた。
「出口か!?」
「幻影かも知れんから、気をつけろ!」
「わかった!」
 走り続ける一行。
 そして、出口を通過して一行が見たものは……。

 広大な海だった。


というところで、ポセイドン編に続きます。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
あっと!ヴィーナス!! 第三部 第二章 part-12
2021.01.04

あっと! ヴィーナス!!(46)


第二章 part-12

 気が付いたら、地上世界のどこかの山地の中にあるというニューサの野原へとやってきた。
「どこにペルセポネーがいるんだよ」
 辺りを見回しながら、ペルセポネーを探している。
「ところで……この作り物の羽はなんだ?」
 いつの間に取り付けたのか、弘美の背中から羽が生えていた。
「恋のキューピッドだから、羽があった方が【らしい】でしょ」
「馬鹿らしい!」
 と言って背中に付けられた羽をむしり取る。
「あーん。似合っているのに」
 ヴィーナスが甘ったれた声を出す。

「ペルセポネーがいましたよ」
 エロースが指さす先に、目指す相手がいた。
 ニュンペー(妖精)に囲まれて、美しく咲く水仙の花を摘んでいる。
 物陰から観察する弘美達。
「なあ、白雪姫のリンゴのように、騙してザクロの実を食べさせるのはどうだ?」
「だめだな。ザクロは地上で食べても何でもない。冥府で食べるからこそ禁断の実となるのさ」

「狙うなら今だよ」
 エロースが指示する。
「そ、そうか?」
 弓矢を構える弘美。
「おまえ弓道の達人だったよな」
「あのなあ、俺は柔道だ!間違えたのは、これで二度目だぞ」

「大丈夫だよ。僕の弓矢は、狙った相手は絶対外さないから。精神集中して対象物に【当たれ!】と念じればいいんだから」
「そ、そうか?」

 その時、一陣の風が吹き荒れ、ペルセポネーの衣服の裾を巻き上げた。
 咄嗟に裾を手で押さえるが、
「おおおお!」
 弘美の目にはしっかりと残像として記憶された。
「おしい!後少しだった」
「なに見てるのよ!」
「なあ、女神ってパンツ履いてるのか?」
「もちろん履いているわよ。……な、何言わせるのよ!」
「そうか……履いているのか」
 女性の下着パンティーの歴史は古く、紀元前三千年頃の古代メソポタミアの壁画に描かれた腰に巻いた布がルーツとされている。
「あのお……ペルセポネー、行っちゃいましたよ」
「あんだとお!」
 ニューサの野原にペルセポネーの姿はなく、風がそよいでいるだけだった。
「あなた女の子でしょうが!女性の下着に興味を持つなんて……やっぱり調教が必要ね」
「そんなことより、ペルセポネーはどこ行った?」
 とにかく双葉愛ちゃんの命が掛かっているのだ。
 何としてもペルセポネーを篭絡しなければならない。
 自分側の保身のために、他者を陥れるのは気が引けるが、
「そんなことはどうでもいい!」
 と、考えるのも人間の性でもあろう。

 弘美の念が通じたのだろうか、ほどなくしてペルセポネーの住まいは見つかった。
 忍び足で侵入して、ペルセポネーを探す。
 何やら水音がする。
「風呂にでも入っているのか?」
 入り口から廊下を渡った先には、オイコスと呼ばれる台所。
 水音はその隣の部屋から聞こえる。
 脱衣所と思しき部屋があって、その奥が浴室のようだ。
 弓矢を構えながら、浴室をこっそりと覗く弘美。
「脱衣所に服が脱いであったから、今はスッポンポンだよな」
 弘美の口元が綻(ほころ)んでいる。
「何を考えておるか?」
「女の裸を見て感じるのか?そんなに見たければ、自分自身を見ればよかろう。何せファイルーZに選ばれたほどの美貌なのだぞ」
「俺自身?」
「今まで気づいていなかったのか?クレオパトラも羨むほどのな」
「さあ……女にされて動転していたし、鏡すらまともに見ていなかったからな」
 意外だという風の弘美だった。
 しかし身体は女になっても、心は男のままなのだ。
 綺麗な姉ちゃん見かけたら声を掛けたくなる。

 狭い脱衣所に大勢が入り込んだせいで、身体が押されて浴室のドアが開く。
「きゃあー!」
 悲鳴を上げるペルセポネー。
「ごめんなさい。覗くつもりじゃなかったんです」
 咄嗟に言い訳を言う弘美。
 突然の乱入に驚いたペルセポネーだったが、よく見れば全員女性、そして美麗な少年だ。
 気を取り直して尋ねる。
「な、なにかご用でしょうか?」
 こうなってしまえば、取り繕うこともない。
「実は、斯々然々(かくかくしかじか)というわけでして」
 ありのままに白状する弘美。

「いやです!」
 開口一番、強い口調で断る。
「そこをなんとか……」
「わたしは、処女神でありたいのです。お引き取り下さい」
 当然の反応であろう。
 弘美が躊躇(ちゅうちょ)していると、
「こちらにも都合があるのよ」
 と、ディアナが弘美から弓矢を取り上げて、ペルセポネーを射った。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
あっと!ヴィーナス!!第三部 第二章 part-11
2021.01.03

あっと! ヴィーナス!!(45)


第二章 part-11

「アポローンへの復讐は終わったんでしょ。手助けしてあげなさいよ」
 ヴィーナスが助け舟を出す。
「だったらこうしなよ。僕の弓と矢を貸してあげるから、そこの女の子に手助けしてもらいなよ」
「女の子? 愛ちゃんのことか?」
 キョロキョロと見回す弘美。
「どこ見てんのよ、あなたのことでしょ。愛君はここから動けないんだから」
「俺?」
「他に誰がいる?」
「ああ、そうだった。俺、女の子なんだった」
「何をいまさら」

「それで、ペルセポネーはどこにいるんだ?」
「今、手下に調べさせているからしばらく待て」
「ただ待つのはいやよ。酒を出してちょうだい!」
 と、ここぞとばかりにヴィーナスが訴える。
「仕方がない奴だな」
 会議テーブルが下がり、再び食卓が上がってきた。
 エロースを召喚して貰ったゆえに、断り切れなかったのである。
 早速酒の瓶を空にしてゆくヴィーナス。

「おまえ、それだけ飲んで酔っ払わないのか?」
「ああ、こいつは蟒蛇(うわばみ)だよ」
「だがよ。俺の家では、へべれけに酔っていたではないか」
「人間の酒だからだよ。混ざりものの麻薬(デソモルヒネ)みたいなもので悪酔い
する。神の酒(ネクター)は、泥酔することはない」
「そうなんだ……」
 ヴィーナスの意外な一面を見た弘美だった。
 そうこうするうちに、二人の手下が情報を持って帰ってきた。
 アポローンを見つけて石化を解き、冥府へと連れて来た二人だった。

「ペルセポネー様の居場所を探し当てました!」
「旅の扉のビーコンを置いてきましたから、いつでも現地に飛べますよ」
「でかしたぞ!食卓の食事を好きなだけ食べるがよい」
「ありがとうございます」
「いただきます」
 早速神の食事に手をつける手下だった。
 頼もしい目つきで手下を見つめるハーデース。
「アポローンの時といい、なかなかできる奴らだ」
 そして、弘美の方に向き直った。
「さてペルセポネーの居場所が分かった。今度は君たちの番だ」
「どうすりゃいいんだよ?」
「ここに旅の扉がある。飛び込めば、自動的にペルセポネーの所へ運んでくれるぞ」
「旅の扉? ドラクエだな。大丈夫なのか?」
「無論だ。ドラクエは11Sまでやり込んだからな」
 ゲームの事はさておき、ハーデースが旅の扉の前に一行を案内した。
 それは、まさしく扉で『ニューサの野原行き』という札が掛かっていた。
「なんだよ。やっぱり、どこでもドアじゃないか」
「ここで考えていてもしようがないわね。度胸を決めて扉の向こうへ飛び込みまし
ょう」
 ヴィーナスが背中を押す。
「わ、分かったよ。じゃあ、愛ちゃん行ってくるね」
「気を付けてね」
 愛が手を振って見送る。
「一応僕もついて行ってあげるよ。大切な弓と矢だしね」
 人質ともいうべき愛ちゃんだけを残して、旅の扉に飛び込む一行だった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



- CafeLog -