冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・27
2020.03.03

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・27



勇者「どうやら、最終局面に入ったようだな」
王女「と言いますと?」
王子「これまで得られた情報と、手に入れたアイテムから、ロンダルギアへ向かうことに
なりそうです」
王女「ロンダルギア?ハーゴンの一味が出入りしているとかいう所ですね。確かベルポイ
の町人が言ってました」
勇者「そこへはどうやって行く?」
王子「ベラヌールの教会の奥に入った場所で、叱られたでしょ。たぶんそこですよ」
勇者「ああ、炎が通せんぼしていたな」
王子「炎じゃなくて人魂ですよ」
ナレ「ということで、ベラヌールへと舞い戻ってきた一行だった」
王子「まだ話を聞いていない人がいました」
勇者「だれだ?」
王子「牢屋に入れられている人です。バリアーも張られていましたしね」
囚人「おお!ここまで来られる奴がいたとは!あんたなら左に見える旅の扉へも入ってゆ
けるだろう。そして、たどり着いた場所こそがロンダルキアへ通じるただひとつの道!だ
れもこのオレの話を信じず、オレはこんなことになってしまったが……もしオレを信じて
くれるなら、ほこらの出口を探すことだ」
王女「やはり、情報は間違ってませんでしたね」
勇者「教会で一応セーブしてもらって……行くぞ!ロンダルギアへ」
ナレ「旅の扉を通って、以前通行阻止された山脈の谷間へと出た」
勇者「お、相変わらず通せんぼしているな」
人魂「…勇者の子孫よ。どこへ行こうというのか?おお…これでついに、憎きハーゴンの
もとへ…。この先の沼で像を天にかかげよ。さすれば道は開かれる。たのもしき勇者の子
孫よ!力をあわせ、悪をたおしてくれ。あとは…まかせたぞ。」
ナレ「通せんぼしていた人魂は消えて、道が開かれた」
勇者「よし、行くとするか」
ナレ「山脈の谷間、盆地の中を進んでいくと行き止まりの沼地に出た」
王女「ここで、邪心の像を使いなさいということですね」
勇者「よし、邪心の像よ!」
ナレ「……」
勇者「何も起こらないぞ」
王女「沼の淵にいるからじゃないですか?中に入らないとダメ?」
勇者「毒のダメージを受けるじゃないか」
王子「トラマナの呪文掛けますから、大丈夫ですよ」
勇者「これからの長丁場に、呪文のMPは大切にしなくちゃならんのだが……」
王女「毒のダメージを回復させるMPの方が多くなりそうですが」
勇者「分かったよ。トラマナを頼む」
王子「はい。トラマナ!」
ナレ「ロンダルギアの洞窟へ突入する」
勇者「入ってはみたものの、ここも階段だらけだな」
王子「複雑過ぎて、片手壁沿いによるダンジョンクリアも無理そうです」
王女「言っているそばから、モンスターです!」
ナレ「ドラゴンが3匹現れた」
勇者「いきなりかよ!参ったな……はやいとこ、いなずまのけん、ロトのよろいを手に入
れんとアカンな」
王子「そのアイテムがあるのを、どうして知っているのですか?」
勇者「ファミコン版で経験済みだ」
王女「ファミ……って、なんですか?」
王子「いや、気にしないでいいです。忘れてください」
王女「???」
勇者「しかし、ターンバトルのドラクエはいいな。魔物が目の前にいるというのに、こち
らがコマンド入力するまで、じっと待ってくれているのだから。だからこうやって会話が
できる」
王子「たまに先制攻撃されますけどね」
王女「話してばかりいないで、バトルに専念しましょうよ」
勇者「そうだったな。ではいくとするか」
ナレ「攻撃開始する一行」
勇者「やった!ドラゴンを倒したぜ!!」
ナレ「ドラゴンは、はかいのつるぎを落とした」
王子「こ、これは……最強の剣なるも呪われているという」
勇者「しかし、どうやって所持していたのだろうな」
王女「飲み込んでいたのでは?」
勇者「そうか!(ポンと拳で掌を叩いて)天叢雲剣アメノムラクモノツルギだったのか!!」
王子「それはヤマタノオロチ伝説の剣ですが……」
勇者「まあいいじゃないか。先に進むぞ」
ナレ「と、一歩進んだ途端」
勇者「あ!」
ナレ「落とし穴に落ちた」
勇者「ふむ……。落ちてもダメージがないのだけが取り柄だな」
王子「何もないですね。上に上がりましょう」
ナレ「ちなみに、FC版では、ここの宝箱に命の紋章があり、一旦出て『ルビスのまもり』
を得るために精霊の祠へ向かうのが正規ルートになります」
勇者「ということらしいので、一旦町に戻ろう。せっかく手に入れた、はかいのつるぎを
預かり所に入れよう。コレクションとしてな」
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・26
2020.03.02

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・26



勇者「このまま南下して、さんごにかこまれた洞窟とやらに向かうぞ」
ナレ「やがて小さな島が見えてくる」
王子「サンゴ礁に囲まれて、どこからも上陸できないですね」
王女「ここで『つきのかけら』を使うのではないでしょうか?」
勇者「なるほど」
ナレ「勇者は、『つきのかけら』を天にかざした!すると……」
王子「見てください!次々と珊瑚が崩壊して、島がむき出しになって上陸できるようにな
りましたよ!!」
勇者「よっしゃあ!洞窟に突入するぞ!!」
ナレ「勢い勇んで飛び込んだものの、そこは地獄だった」
勇者「な、なんだよ!辺り一面溶岩だらけじゃないか!!」
王子「トラマナの呪文で直接溶岩に触れることはないですけど、この熱さだけは凌ぎよう
がありません」
勇者「王女よ。マヒャドとかヒャダインとかの呪文できねえのか?」
王女「知りませんわ。そんな呪文……」
勇者「そうなのか?確か魔法使いなら、使えるはずなのだが……」
王子「もしかして、別のゲームのことと勘違いしてませんか?」
勇者「う……ん。確か……。あ!これはドラクエⅢからだった」
王女「もう、他のゲームのことはなしにしましょうよ」
勇者「悪かったな」
ナレ「とにもかくにも、王子のトラマナを頼りに、洞窟探査を始める。ちなみにFC版で
はトラマナの呪文は効かないので注意。水の羽衣を装備していればダメージを受けない。
王女がことのほか欲しがったのも無理もない事だろう」
勇者「やたらブラッドハンドが、群れなして出るじゃないか。しかも仲間を呼びやがる」
王女「パペットマン、嫌い!!」
王子「あくまのめだま、はもっと手ごわいですよ。甘い息で眠らせてくる上に、不思議な
踊りでMPも吸収しますから」
王女「地上ならMP尽きてもキメラの翼が使えますけど、ダンジョン内でMP尽きたら、
終わりです……」
王子「一応、MP回復できる『いのりのゆびわ』があります」
勇者「ダンジョンのセオリーで、一番遠くの階段が正解の道だろうな」

ナレ「といいつつ、地下二階に降りました」
勇者「それにも増して階段だらけのこんな地獄、攻略本なしにはクリアーできねえよ」
王子「ほんとうに迷子になりそうですね。マッピングはしてますけど」
王女「階段の側に兵士が立ってますよ」
兵士「その昔、海の底で火山がばくはつして、このどうくつができたそうだ。まったく、
ここは熱くてかなわんよ!」
王女「ここの階段が正解でしょうか?」
勇者「いや、これは罠だ。いかにも正解だと思わせているだけだ。だいたい、こんな熱地
獄に人がいること自体がおかしい」
王女「そう言えばそうですね」
勇者「おおお!はぐれメタル来たぞ!呪文使わず、打撃攻撃だけだからな」
王女「分かっておりますよ」
王子「まかせてください」
ナレ「はぐれメタルをやっつけた。それぞれ10150ポイントの経験値をかくとく!」
王子「レベルアップしました!それも2レベルアップです(*^^)v」
王女「あたしも、2レベルアップです(≧◇≦)」
勇者「なんだ俺だけ、1レベルかよ(;´Д`)」
王子「あ、また兵士がいました」
兵士「炎の聖堂を見つけたか?」
ナレ「 はい、いいえ、で答えてください」
勇者「はい、と言ったら?」
兵士「では行くがよい!あなたがたならハーゴンを倒せるかもしれぬ!」
王子「うそです。今のは嘘、いいえ、です」
兵士「この洞窟のどこかに悪霊の神をまつる礼拝堂があるという。そこにはハーゴンの神
殿に近づく手がかりがあるはず!だが気をつけるがいい。邪神のしもべが聖堂を守ってい
るに違いないからな」
王女「ですってよ。よけいな返答しないで下さいませ」
勇者「へい、へい」

ナレ「地下三階に降りました。銀の扉があったが、難なく開けて通路に出る」
王子「早速、宝箱があります」
勇者「取れとばかりに置いてあるな」
王女「罠ですか?」
勇者「かも知れない。ともかく目的のものを手に入れるまでは、宝箱は後回しだ」
王子「また後で取りにくれば良いということですね」
勇者「しかし、キラータイガー3匹はきついなあ……。すばやさが高いから先に攻撃され
るし、かつ攻撃力も高い」
王子「さっきのレベルアップで覚えたスクルト唱えたんですけど、先に攻撃されちゃいま
した」
王女「あたしも後出しになりました」
勇者「たまらんな……。相手の方が素早いということは、逃げることもできないからな」
王子「見てください、階段だらけです。1,2……10個以上はありますよ」

ナレ「地下四階に降りました」
勇者「あやー!ここも階段だらけ、すべて溶岩の中を渡って行かなきゃならんぞ。」
王子「しかし広大な広間ですね」
王女「冒険者泣かせのフロアです」

ナレ「地下五階に降りました」
王子「やっと最下層のようです」
王子「二回攻撃してくるメタルハンターがやっかいですね」
勇者「なんか変なのがいるぞ!しかも二匹!!」
王子「気をつけましょう。おそらくこの洞窟のラスボスだと思います」
王女「後ろの方に、何かありますよ。あれが目指すものでしょうか?」
王子「あ、気づかれました」
勇者「よおし、気合を入れて行くぞ」
魔物「炎の聖堂をけがすふとどき者め!悪霊の神々にささげるいけにえにしてやろう!!」
ナレ「じごくのつかいが二匹現れた、問答無用の対戦となった」
勇者「なんのこれしき、ここまで到達した俺達に負けるはずがない。悪魔神官にくらべれ
ば大した事ないさ」

ナレ「じごくのつかいを倒した」
地獄「おのれ……。ハ、ハーゴンさま、ばんざい!ぐふっ…!」
勇者「意外とあっけなかったな。さて祭壇に飾られているのはなんだ?」
ナレ「なんと!『じゃしんのぞう』を見つけた!勇者はじゃしんのぞうを手に入れた」
勇者「ともかく、一旦脱出しよう。残りの宝物は、改めて取りに来ようぜ」
王女「そうですね。レベルアップも必要ですし」
王子「分かりました。リレミト!そして、ルーラ!!」

ナレ「ちなみに地下三階の左上奥の宝箱には、『まほうのよろい』が入っています。また
地下四階中央には『魔よけの鈴』がありますが、スマホ版では、片方を取ると、もう一方
が空っぽになるというバグ?があります」
ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス VI
2020.03.01

 機動戦艦ミネルバ/第六章 新造戦艦サーフェイス


VI


 ほどなくして、ミネルバとサーフェイスが対峙することになる。

 ミネルバ艦橋。
「右舷三時の方向より、大型艦接近中です」
「警報!全艦戦闘配備!」
 艦内を駆け回って、それぞれの部署へと急行する将兵達。
「戦闘配備完了しました」
「敵艦の動きは?」
「まっすぐこちらへ向かってきます」
 ミネルバ乗員達の目に飛び込んできたのは、ミネルバと全く同じの巨大戦艦だった。
「あれは、ミネルバ?」
 副官が驚きの声を上げた。
「ミネルバ級二番艦のサーフェイスだわ。完成はもう少し後のことだと知らされていまし
た」
「急がせたのでしょうねえ」
 ミネルバ級は、一番艦のミネルバ、二番艦のサーフェイス、そしてまだ命名されていな
い三番艦まで建造計画が予定されていた。
「同型艦が相手では苦しいですね」
「しかし、やらなければやられます」
「判っています。艦の性能は互角ですから、新型モビルスーツに活躍してもらわなければ
なりません」
「なるほど、新型モビルスーツを奪還したのは、ここまで読んでいたからですね」
「その通りだと思います」
「ミサイル発射管室より、装填ミサイル種を聞いてきております」
「無誘導慣性ミサイルを装填してください」
「了解。無誘導慣性ミサイル装填」
「無誘導ですか……。大昔の戦艦同士における艦砲戦になりそうですね」
「レーザー誘導ができませんからね」
 同型艦なら当然、超伝導磁気浮上システムによる電磁波遮蔽能力を備えている。
 超伝導によるマイスナー効果(完全反磁性)によって、磁力を完全遮断して電磁波を通
さない。
「すべてのセンサーを超音波センサーに切り替え」
 電磁気は防がれても、音波は防げないということだ。
 遮蔽能力を最大限に引き上げると、光すらも通さなくなるが、当然電力消費も莫大とな
り、兵器に回す電力が足りなくなる。防御に徹するならそれでも良いが、ミネルバとの対
決を目指すサーフェイス側としては論外であろう。
 接近するサーフェイスを見つめるフランソワ。
「これより、敵艦サーフェイスとの戦闘になる。レーザー誘導ができないため、自分の目
と感が頼りになる。各砲手は光学側距離計を用いて攻撃体勢に入れ」
 簡単に説明すると、ライフル射撃手がスコープをのぞいて目標を撃ち抜くということだ。
 フランソワも言ったとおり、自分の目と感が頼りということ。
「艦長、これを」
 と、副長が差し出したのは双眼鏡だった。
「ありがとう」
 受け取って、敵の艦影を確認するフランソワ。
「敵艦との推定相対距離、5.7ゲイン」
「距離設定5.7ゲイン」
 発射管室に距離指定が出される。
「合わせました!」
 即座に返ってくる。
「艦首発射管開け!」
 艦首の発射管が開かれてゆく。
 水中・水上にあっては魚雷、空中ではミサイルを発射できる。
「艦首発射管開きました」
「艦首ミサイル発射!」
「発射!」
 艦首から発射されるミサイル。
 噴煙を上げて一直線に敵艦に向かって突き進んでゆく。
 その奇跡を双眼鏡で見つめるフランソワ。
ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -