銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IX
2020.01.05

 機動戦艦ミネルバ/第五章 ターラント基地攻略戦


IX


 ミネルバ艦橋。
「敵機来襲!」
「後方に揚陸母艦が見えます」
「何隻いるか?」
「三隻です」
「ヘリウム残量は?」
「残り12%です」
「超伝導磁気浮上システム維持できる時間は?」
「およそ56時間です」
「そうか……」
「やはり、ここへ来るときに、敵艦隊の足止めに放出したのが痛いですね」
「仕方がなかった。そうしなければ、ミネルバの運命もどうなっていたか」

「訓練部隊総員帰還しました」
「よし、ミネルバ浮上!」
 砂塵を巻き上げて浮上するミネルバ。
「戦闘配備!」
 艦内を駆け回って、それぞれの持ち場に急ぐ隊員達。
 モビルスーツの格納庫では、出撃の準備が始まっている。
 旧式機から昇降機を使って降りながら、整備員に大声で尋ねるサブリナ中尉。
「新型の整備状況はどうか?」
「液体ヘリウムの注入がまだ完了してません」
「何割注入した?」
「六割です」
「なら、二十分は飛べるな?」
「ええ、たぶん」
 新型の諸元表によると、液体ヘリウム満タンで大気中を三十分飛べることになっている。
もちろん気温や気圧といった環境でも違ってくるが。
「ハイネはまだか?」
 と叫ぶと、
「今行きます!」
 待機所から、携帯食料のチューブを咥えながら出てきた。
「ちょっと小腹が空いたもんで」
 言い訳していた。
「早く乗れ!」
「了解」
 新型は複座式である。
 パイロットの他、超伝導磁気浮上式システムを操作する機関士が必要なのだ。
「システム起動!」
「よし、出発する」
 ノシノシと歩いて射出機に両足を乗せる。
 前方の信号機が青になると同時に、
「サブリナ機、行きまーす!」
 カタパルトによって前方空域へと飛び出した。
 浮上システムによって、ふわりと空中に浮かぶサブリナ機。
「三時の方向に編隊多数!」
 レーダー手でもあるハイネが報告する。
 が早いか、戦闘機から発射されたミサイルが飛んでくる。
 防御用の盾を前にかざして、それを防ぐと同時に、身近を通った戦闘機をバルカン砲で
なぎ倒す。
 戦闘機の方も、素通りしてミネルバを急襲する。
「ミネルバなら大丈夫だ。こっちは敵母艦を叩く」
 戦闘機には目もくれずに、敵母艦へ向かってゆく。
 当然として、激しい弾幕攻撃を受ける。
 しかし、それも難なくかわして、母艦に取り付くのに成功する。
 背負っていたビームサーベルを手に取って、
「くらえっ!」
 とばかりに、ビームサーベルを艦体に突き刺す。
 ビームエネルギーが流れ込み、艦内のあちこちで爆発が起こり始める。
 サブリナが離艦すると同時に、轟音と共に大爆発した。
「役目は終わった、帰還するぞ」
 母艦が轟沈するのを見て、散り散りに逃げ去ってゆく戦闘機を見送りながら帰還するサ
ブリナだった。

11

帯状疱疹と免疫抑制剤
2020.01.05

○月○日 帯状疱疹と免疫抑制剤(病魔はまだまだ続く)

 自己免疫疾患の人々にとって、かつては生命を脅かす難病だったが、免疫抑制剤の登場
によって、劇的に症状の緩和を成し遂げることとなった。
 しかし、特効薬は諸刃の剣でもある。

 副作用の問題である。

 
 免疫抑制剤(エンドキサン)によって、免疫機能が抑えられているので、風邪などのち
ょっとした病気でも大病になることがある。今世間で問題となっている風疹のように、一
度掛かると免疫抗体ができて二度と掛からないはずであるが……。
 帯状疱疹に掛かってしまったのである。
 この病気は、幼少の頃に良くかかる【水痘(水疱瘡)】ウィルスによって発症する。
 一般的に水痘にかかると免疫ができて、二度と掛からないと思われているが。
 幼少期に罹患して直ったとしても、水痘ウィルスは死滅したのではなく、神経叢の奥深
くで休眠状態に入っただけである。
 患者が高齢となるなど、免疫力が低下すると、再び活性化して悪さを始めるのである。
 神経に沿って皮膚表面へと這い上がってくるので、その名のごとく病巣は帯状となり、
しかも体表面の片側だけに発症する。それは神経が脊椎から左右に別れているからである。
 初期には激しい痛みが襲って歩けなくなることがある。数日してポツポツと皮膚表面に
発疹が出て、やがて広範囲に水脹れ状態を呈するようになる。

 病院を訪れて、まずはリウマチ・膠原病科を受診した。膠原病と関わりがあるかもだし、
常用している免疫抑制剤の影響かもと思ったからだ。膠原病科の医師は、水疱を見るなり、
「あ、帯状疱疹だね。皮膚科を紹介するから。そっちで診てもらってください」
 と丸投げした。
 いそいそと皮膚科へ向かうと、水疱を診るなり、
「あ、帯状疱疹だね」
 と、皮膚科の医師は一言の元に即断した。
「免疫抑制剤常飲してました」
 と自分の判断を伝えると、
「なるほど、それはありますね」
 軟膏を塗って、衣服が汚れないように軽く包帯を巻いて終わり。
 検査とかは一切なしだ。
 後は処方箋を出して診察終了。
 抗ウィルス剤と、帯状疱疹用軟膏。

 膠原病科では、帯状疱疹の発症原因の一つである、免疫抑制剤(エンドキサン)の当面
処方中止となった。
銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 XⅢ
2020.01.04

第四章 皇位継承の証


XⅢ


 ただちに御前会議が招集された。
 その席には、パトリシアもアレックスの参謀として参列していた。
 トランターを発して進軍する二百五十万隻の艦艇の模様が放映されている。
 その映像に説明を加えるパトリシア。
「この映像は、皇子すなわちランドール提督配下の特務哨戒艇が撮影した、今まさに進軍
中の総督軍の様子です。十日もしないうちに中立地帯を越え、銀河帝国への侵略を開始す
るでしょう。一刻も早く迎撃体勢を整えるべきです」
「しかし、友好通商条約はどうなるのだ」
「それは前にも申しましたように、条約は破られるものです」
「まさか、神聖不可侵のこの帝国が……」
 うろたえる大臣達。
「しかし、我々の情報部には何も」
「それはそうでしょう。帝国内にいる我々と違って、ランドール提督の元には同盟内にあ
って活発な活動をしている解放軍情報部を持っているのですから」
 パトリシアが説明する。
「そうはいっても現実に侵略を受けていない以上、帝国艦隊を動かすことはできない。宇
宙艦隊司令長官がいない現状では」
「しかし国境を越えられてから行動開始しては遅すぎます。総督軍が進軍を開始したのは
明白な事実なのです」
「戦略上重要なことは、情報戦において敵の動静を素早くキャッチして行動に移せるかに
かかっているのです」
「二個艦隊以上を同時に動かし、国境を越えるかもしれない作戦を発動できるのは、宇宙
艦隊司令長官だけなのです」
「宇宙艦隊司令長官ですか」
「銀河帝国皇太子殿下の要職で、他の者が就くことはできません」
「つまりは皇太子殿下がいなければ、どうしようもないということですか」
「帝国建設以来、一度も侵略の危機を経験することのなかった治世下にできた法ですから、
矛盾が多いとはいえ法は順守されねばなりません」
 数時間が浪費され、その日の御前会議はもの別れという結果で終わった。

 それから幾度となく御前会議が行われたが、議論を重ねるだけで何の進展もない日々が
続いた。
 二百五十万隻の艦隊が押し寄せてきているというのに、一向にその対策を見い出せず狼
狽するばかりである。
 一方の将軍達は、日頃からアレックスに尻を叩かれながらも大演習に参加したり、新造
戦艦の造船の様子を見るにつけ、戦争が間近に迫っていることを、身に沁みて感じ取って
いた。
 アレックスの先見性の妙、共和国同盟の英雄たる卓越した指導能力には絶大なる信頼と
なっていたのである。
「それでは、この災厄ともいうべき事態。皇子はどのように対処なさるおつもりですか」
 エリザベスが改めて質問した。
「もちろん迎撃に打って出ます。第二と第三艦隊に出動を要請し、私の配下の艦隊と合わ
せて連合軍を組織して、この私が指揮を執らせて頂きます」
「しかし、中立地帯を越えての出撃は問題ですぞ。たとえ第一皇子とてその権限はありま
せぬぞ」
 アレックスは呆れかえった。
 侵略の危機にあるというのに、相も変わらず法令を持ち出す大臣達の保守的な態度は救
いようがない。
 どうにかしてくれという表情で、エリザベスを見つめるアレックス。
 もはや最期の手段を決断する時がやってきているのである。

11

- CafeLog -