特務捜査官レディー(二十四)取り引き
2021.07.28

特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(二十四)取り引き

 わたしは局長室に直通のダイヤル番号に電話を掛ける。
「生活安全局局長室です」
 懐かしい声だった。
 まさか本人が直接出るとは思わなかった。普通は秘書が出て取り次ぐものだが、おそらく所用で部屋を出ているのであろう。
「局長さんですか?」
「その通りです」
 早速本題に入ることにする。
「実は覚醒剤を手に入れたんですけど、局長さんが仲買い人を紹介してくれるという噂を耳にしまして」
「どういうことだ?」
 局長の声色が変わった。
「隠してもだめですよ。警察が押収した麻薬を横流ししてること知ってるんですよ」
「それをどこで聞いた?」
「以前あなたのお友達に女装趣味の人がいたでしょう? その人から聞いたのよ」
「まさか……」
「うふふ。逆探知してもだめですよ。あなたの地位が危なくなるだけです。で、どうしますか?」
「どうするとは?」
「覚醒剤ですよ。とぼけないでくださいね。取り引きしませんか?」
 しばらく無言状態が続いた。
 対策を考えているのだろう。
「い、いいだろう。取り引きしよう。どれくらいの量を持っているのだ」
「そうですねえ……5700グラム。末端価格で4億円くらいになるでしょうか」
 覚醒剤の相場は、密売グループが大量検挙されたなどの市場情勢によって変動するが、平成24年以降1グラム7万円前後を推移している。ちなみに密売元の暴力団の仕入れ価格は1グラム8~9千円程度だというから、上手く捌ければぼろ儲けということだ。
「ほう……たいした量だな」
「もちろん、混じりけなしの本物ですよ」
「どうすればいいのだ。取り引きの場所は?」
「そうですねえ……。お台場にある船の科学館「羊蹄丸」のマジカルビジョンシア
ターにしましょう」
「船の科学館羊蹄丸のマジカルビジョンシアターだな。日時と目印は?」
「日時は……」
 取り引きに関する諸用件を伝える。
「わかった。必ず行く」

 というわけで、局長を丸め込むことに成功して、電話を切る。
「やったな。後は奴が本当に乗ってくるかどうかだな」
 そばで聞き耳を立てていた敬が、ガッツポーズで言った。
「乗ってくるわよ。何せ覚醒剤横流しの件を知っている人物を放っておけるわけないじゃない」
「そうだな」
「というわけで、課長」
「判っている。覚醒剤のほうは手配しよう。しかし5700グラムとは、ちょっと多すぎやしないか?」
「だめですよ。撒き餌はたっぷり撒かなくちゃ釣りはできませんよ。それくらいじゃないと、局長本人が出てこない可能性がありますからね」
「判った。何とかしよう」
「お願いします」


 というわけでおとり捜査の決行日となった。
 船の科学館羊蹄丸のマジカルビジョンシアター。
 目印のピンクのツーピーススーツ姿にて、前列から7列目の一番右側の席に腰掛けて、合言葉を掛けてくる相手を待つ。
 運び屋が来るか、本人が直接来る。
 それとも……。
 ふと周囲に異様な雰囲気を感じた。
 息をひそめこちらを伺っている気配。
 それも一人や二人ではない。
 逃げられないように出入り口を確保しているようだ。

 やはり、そういう手でくるのね……。

 一人の男が近づいてきた。
 本人は気配を隠しているつもりだろうが、明らかに刑事の持つ独特の雰囲気を身体に現していた。
「お嬢さん、お船はお好きですか?」
 合言葉であった。
「ええ、世界中の海を回りたいですね」
 合言葉で答える。
 すると右手を高々と挙げて、周りの者に合図を送った。
 ざわざわと集まってきたのは刑事であろう。
「そこを動くな!」
 拳銃を構えた男達に囲まれていた。
 明らかに刑事だった。
 制服警官の姿もあった。
 まわりを取り囲まれていた。
「やはりね……」
 端から取引をするつもりはないのだろう。
 麻薬密売取り引きの現行犯で逮捕しようというのだ。
 わたしを逮捕し、取り調べながら入手ルートを聞き出して、直接相手と交渉するつもりだったのだ。
 それでなくても、奴には警察が押収する薬物を横流しする手段もあるから、
「持ち物を調べさせてもらう」
 一人がわたしの脇においてあった鞄を開けて、中を調べ始めていた。
 いくつかの透明の袋に入れられた白い粉末。
 もちろん本物の覚醒剤である。
 警察官はその一つを開けて、検査薬キット(シモン試薬及びマルキス試薬と試験管のセット)で調べ始めた。
 それは、試薬と覚醒剤を混ぜると反応して変色するというものである。学校の化学の授業で、アンモニアとフェノールフタレイン溶液を混ぜて、アルカリ性を確認したことがあるだろうが、それと同じ論理である。
 以前はシモン試薬のみで行われていたが、抗うつ剤や脱法ドラッグにも反応するということで、現在は複数の試薬で行って確実性を高めるようになっている。
 試薬を入れた試験管の色が陽性を示していた。
 それを声を掛けてきた男に見せていた。
「君を覚醒剤密売の容疑で逮捕する」

 パトカーで警察署に運ばれるわたし。
 女性警察官が終始そばについていた。
 男性警察官の場合、「肩を触ったわ。セクハラよ」と訴えられる可能性があるからである。容疑者にも当然人権がある。
 警察署裏口についた。
 職員や容疑者などはそこから署に入ることになっている。
 手錠を掛けられたまま取調室へ向かう。
 女性の場合は手錠を掛けない場合もあるが、覚醒剤密売という重罪を犯しているこ
とから、手錠は掛けられたままであった。
 途中で、敬とすれ違う。
 言葉は交わさなかったが、
「うまくやれよ」
 とその瞳が語っていた。
 取調室に到着する。
「局長が取調べを行うそうよ。しばらく待っているように」
 女性警察官はそう言った。
 部屋の中央にある対面式の尋問机? の片側の椅子に腰を降ろす。
 部屋の中には、今のところ女性警察官が二人。逃げられないように戸口を塞いでいた。
 やがて局長が姿を現した。
「君達は外で待機していてくれたまえ」
 扉のところに立っていた女性警官に命令する局長。
「ですが……」
 容疑者といえども女性となれば、必ず女性警官が立ち会うことになっていた。
 意義を唱えてみても、
「出て行きたまえ、聞こえなかったのか」
 と、強い口調で言われればすごすごと出て行くよりなかった。
 二人の女性警官が退室するのを見届けてから、口を開く局長だった。
「さて、まずは名前・生年月日から聞こうか」
「そんなことよりも、覚醒剤の入手先をお知りになりたいんじゃなくて?」
「それもそうだが、一応決まりだからな」
「決まりと言いながら、女性警察官を追い出したのはどうしてですの? まさか、わたしを女装趣味の男性とでもお思いになれたのですか」
 例の女装仲買人のことをほのめかす。
 局長の顔が一瞬引き攣ったようだが、
「いや、君を見れば本物の女性だと判るよ。女装者にはない、気品が漂っているからね。正真正銘のね」
 まあ……生まれたときからずっと、女性として育てられたものね。
 言葉使いから仕草から、徹底的に母から教えられた。
「ただ他に聞かれたくない内容になりそうなのでね」
「そうでしたの……いいわ。名前は、斉藤真樹。誕生日は……」
 素直に自分の身分を明かしていく。
 どうせ持っていた運転免許証を見られているんだ。
 隠してもしようがない。
「さてと、決まり文句が済んだところで本題に入ろうか」
 局長の目つきが変わった。
 警察官と言うよりも、検察官に近いそれは、「言わなければどうなるか判っているな」と語っている。
「入手先だよ」
 やっぱりね。
「その前に昼食にしませんか? まだお昼食べていませんの」
「ふふん。さすがに、麻薬取り引きしようというだけあって、性根が座っているな。いいだろう、食べさせてやろう」
「ありがとうございます。それじゃあ……」
 というわけで、この当たりで一番手軽でお待ち帰りできるファーストフードを注文する。


刑事ドラマやアニメなどで、白い粉をペロリと舐めて「麻薬だ!」というシーンが登場しますが、あれはフェイクです。万が一「青酸カリ」だったりしたらあの世行きですから、麻薬取締官や司法警察官はやりません。
シティーハンター「冴子の妹は女探偵(野上麗香)」の回などが有名ですね。

なお、本文の内容は執筆当時のものです。羊蹄丸は、2011年の閉館後に解体されました。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
響子そして(二十三)遺言状公開
2021.07.27

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します


(二十三)遺言状公開

「さて、この娘が儂の孫であることは、書類の通りに事実のことだ。その顔を見れば、弘子の娘であると証明してくれる。儂が言いたいのは、相続人として直系卑属はただ一人、この響子だけということだ」」
「それがどうしたというのだ」
「儂は、今この場で生前公開遺言として、この響子に財産のすべてを相続させる」
 椅子を跳ね飛ばして、四弟の健児が興奮して立ち上がった。
「馬鹿な!」
「でも健児、遺留分があるから、すべてを相続させることできないんじゃない?」
「姉さん、知らないのかい? 直系卑属の響子に遺言で全額相続させたら、俺達の遺留分はまったく無くなるんだよ。被相続人の兄弟姉妹には遺留分は認められていないんだ」
「ほんとなの?」
「そうだよ」
 さっきから、何かにつけて意義を唱え続けている、四弟の健児。
 なんか変だ……。
 明らかにわたしを拒絶する態度を示している。わたしが響子として紹介された時からずっとだ。
「まあ、落ち着け健児。先をつづけるぞ。では、儂の生前公開遺言状を発表する。弁護士、よろしく」
「わかりました……」
 三人並んだ中央にいた弁護士が鞄から書類入れを取り出した。
「それでは、公開遺言状を読み上げますが、これは正式には公正証書遺言となるもので、遺言者の口述を公証人が筆記し、証人二人が立ち会って署名押印したものです。
 なお、証書は縦書きになっておりますので、そのように理解してお聞きください。
(右は上、左は下ということです)
 読み上げます。

 平成十六年第一三五号。
 遺言公正証書。
 本職(公証人 以下同じ)は、後記遺言者の属託により、後記証人の立会いをもって、左の遺言の趣旨の口授を筆記し、これを証書に作成する。
一、遺言者は、その所有に関わる左記の不動産及び有価証券を、孫娘磯部響子に相続させる。
 (一)東京都○○○市上寺山一丁目一番二号。
    宅地、十一万二千二百三十平方メートル。
 (二)同敷地内
    家屋番号 十二番。
    鉄骨鉄筋コンクリート三階建居宅一棟。
    床面積 七万千八百七十五平方メートル。
 (三)同屋敷に付帯する設備及び調度品など一切。
 (四)長野県佐久郡軽井沢町軽井沢○○○番一七二一号。
    宅地 四千五十七平方メートル。
 (五)同敷地内
    家屋番号 七番。
    鉄骨鉄筋コンクリート二階建別荘一棟。
    床面積 三千二百十三平方メートル。
 (六)同屋敷に付帯する設備及び調度品など一切。
 (七)千葉県鴨川市上○○○番三号
    宅地 二千五百七平方メートル。
 (八)同敷地内
    家屋番号 二番
    鉄筋コンクリート二階建別荘一棟。
    床面積 二千三百七十平方メートル。
 (九)同屋敷に付帯する設備及び調度品など一切。
 (十)その他、全国に所有するすべてのビル・建築物などの所有権一切。
 (十一)株式会社○○○商事、所有の全株式
    株式会社△△△海運、所有の全株式
    ………………(中略)………………
    株式会社×××製紙、所有の全株式
二、遺言者は、長兄の故一郎の子孫、長姉の依子、次兄の故太郎の子孫、次妹の正子、それぞれに金十億円を相続させ、四弟の健児には金五百万円を相続させる。その資金は銀行預金及び有価証券等を売却してこれに当てること。
三、遺言者は、以上を除く残余の財産はすべて、孫娘磯部響子に相続させる。
四、この遺言の遺言執行者として、
  東京都○○区大和田町三丁目二番地六号。
  行政書士、竹中光太郎を指定する。


  東京都○○市上寺山一丁目一番一号
   無職  遺言者  磯部京一郎
    明治四十一年三月十二日生

 右の者は、本職氏名を知らず面識がないので、法定の印鑑証明書によりその人違いでないことを証明させた。
  東京都品川区西五反田三丁目二番七号
   会社員  証人  渡部登志男
  東京都港区赤坂一丁目二番二号
   銀行員  証人  草薙 道夫

 右遺言者及び証人に読み聞かせたところ、各自筆記の正確なことを承認し、左にそれぞれ署名押印する。
  遺言者  磯部 京一郎 (押印)
  証 人  渡部 登志男 (押印)
  証 人  草薙  道夫 (押印)

 この証書は民法第九六九条第一号ないし第四号の方式により作成し、同条第五号に基づき本職左に証明押印する。
 平成十六年四月一日。東京都○○市上寺山一丁目一番一号所在遺言者居宅居間にて。
  東京都港区赤坂五丁目六番七号
   東京法務局所属
    公証人  歌川 信太郎 (押印)

 以上です」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
特務捜査官レディー(二十三)新情報
2021.07.27

特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)


(二十三)化粧指南

 彼女の元に戻る。
 化粧道具をちゃぶ台の上に広げ鏡を置いて、彼女に化粧の仕方を教える。
「産毛を剃りましょうね」
 女性用剃刀で丁寧に産毛を剃り落としてゆく。これをやらないと化粧品のノリが悪くなる。
「まずは下地クリームからね。化粧の乗りを左右する大切なことだから手を抜いちゃだめなの」
 というようにして、基礎からしっかりと教えながら化粧を施していく。
 他人に化粧して貰うことなどはじめてなのであろう。
 目を見開いてしっかりと、わたしの手の動きを追っている。
「初心者のよくやる失敗はね。クリームを塗りすぎることなのよ。ほんの少しだけつけてね、よーく延ばしていくの」
 ファンデーションやチークやら、ひとつひとつ懇切丁寧に指導してゆく。
 彼女のほうも真剣に聞いていた。
「そしてここからが一番難しいアイメークよ。目は女性の命だし、一番視線が集中するから、手を抜かずにきっちりと、ポイントを押さえていくの」
 アイブロー、アイシャドーやアイラインなど、まばたきをするからせっかくの化粧が落ちたり汚れたりしないように丁寧に行う。なんといってもぼかしのテクニックが出来を左右するといってもいいかもね。
 止めは口紅。リップライナーでしっかりと輪郭をとってから、中身を塗つぶしていく。
 まだまだやらなきゃならない事もあるけど、初めてなんだから取りあえずはこんなものでしょう。
「はい。出来上がりよ」
 と、鏡を彼女の前に差し出す。
 どこから見ても本物の女性と見違えるくらいの完璧な化粧だった。
「これが、あたし?」
 本人もあまりの変身振りに驚いて唖然としていた。
「ね? 素敵な女性になったでしょ。どこから見ても、まさか女装している人には見えないわよ」
「あ、ありがとう……」
 素直にお礼を言われた。
 まあ、これで少しはガードが下がるでしょう。
 取りあえず今日のところはこれくらいにしておきましょう。
 何事も順序が肝心なのよね。
 それなりの取調べ? を終えて、彼女を女性用の留置室に特別に入れてもらうようにしてもらった。何せ化粧をしタイトスカートな女性用スーツを着ているのだ。通路から丸見えの男性用留置室に入れるのは酷である。

 翌日も取り調べ室に彼女と二人で差し向かうわたし。
「女性用の留置場に入れるようにしてくれのはあなたね?」
「だって、男性用の留置場って酷いじゃない」
 最近の留置場における女性に対する扱いはかなり柔軟になってきているようだ。例えば警察庁の留置場で説明すると、男性用の留置場は看守席から良く見えるような位置にあって、室内が通路から鉄格子ごしに丸見えになっており完全にプライバシーがなかった。よく映画で見られるようなずらりと檻が一列に並んでいる監房とほとんど同じである。それに引き換え女性用は通路からまず前室のような部屋があって個室のような雰囲気のある造りになっている。
 また男性が所持品をきびしく制限されているのに対し、女性の方は身だしなみに必要な化粧品やくし・ヘアブラシなどを前室にある洗面所で使うことができる。
 もちろん彼女のために化粧道具を留置所に用意してあげたのもわたしだ。
 替えの新しいランジェリーも差し入れしてあげた。
「それじゃあ、今日もお化粧の練習しましょう。眉の手入れとマスカラをメニューに入れたからね」
 

 さらに数日間。
 彼女を女性として扱い、まずは化粧の勉強から始まる一日の繰り返しだった。
 そんなわたしの献身的な? 扱い方によって頑なだった彼女の心が少しずつ和らいできていた。
 女装をはじめたきっかけや、衣装をどこで買ってるなどといった会話。
 気楽に化粧やファッションなどの女性的な話題で盛り上がっていた。
 そして……。
「いいわ。あなたには随分良くしてもらったから、一番知りたがっている情報を教えてあげる」
 ある日突然、彼女がこう言い出した。
「覚醒剤の入手先は、某警察署の生活安全局の局長よ」
 と、ついに白状したのである。
「麻薬課が押収した覚醒剤を、こっそり横流ししているの。それを運び人が受け取ってわたしが仲買い人となり売人達に売り渡していたのよ」
「ありがとう」
「わたしを女性として扱ってくれたお礼よ。ここを出たらまた男性監房に逆戻りだろうけど、ここにいる間だけでも自分が女性になれた気分を与えてくれたことに感謝するわ」
 彼女の言うとおり、留置場での捜査が終われば、検察官の起訴・不起訴の審議となり、起訴となれば拘置所へ送られる。犯罪容疑者を前提とする拘置所は留置場ほど環境はよくなっていない。
「起訴されても、せめて執行猶予がつくことを祈ってるわ」
「だといいんだけどね」

 こうしてわたしの彼女に対する取調べは終わった。


 その過程で手に入れた飛び切りの情報。
 某警察署生活安全局局長が麻薬課が押収して保管している覚醒剤を横流ししている。

「それは、ほんとうかね?」
 彼女から得た最新情報を課長に伝える。
「警察のキャリア組が麻薬の横流しとは……世も末だな」
「課長……。あまり驚かれていませんね」
「ああ……。実は別のルートからその局長が麻薬の横流しをしている情報を掴んでいたんだ」
「なぜ、逮捕しないんですか?」
「何せ、警察という組織の中で行われていることだろう? その局長が横流しをしているという情報はあっても、確証がまだ得られていないんだ」
「証拠不十分ですか?」
「そういうことだ。手は尽くしているんだが、なかなかねえ。縦割り行政の壁という奴だ」
「そうでしたか……」
 この麻薬取締部でも、あの局長には手をこまねいているということだ。
 今回の覚醒剤取引のことをみてもわかるように二重・三重に防御策を施している。
「では、警察内部に密かに協力者を募るというのはどうでしょうか? 特に麻薬課に所属する警察官をです」
「協力者? かね……」
「はい。実は、心当たりがあるんです」
「大丈夫なんだろうね。問題が起きたりはしないか?」
「問題が起きるのを心配して、行動に移さなければ、その間にも多くの麻薬患者が苦しみ続け、新しい患者を増やしているのですよ」
「それはそうなんだが……」
「課長!」
 私はいつになく高揚していた。
 このまま放って置いては、ひろし君のような第二の事件が置きかねないのである。
「わ、わかった。その警察官? かね。一度内密に合わせてくれないか?」

 ということで、課長に敬を紹介することにした。
「生活安全部麻薬銃器課の沢渡敬です」
 敬礼して課長に挨拶する敬だった。
「君かね。協力者となってくれるというのは」
「はい、そうです」
「協力するということは、君のところの局長が何をしているかを知っているということだね?」
「もちろんです。そのために命をも狙われました」
「ほんとうかね?」
「ええ、ニューヨークへ飛ばされた挙句にです」
 敬は、ニューヨークで起きた事件を説明しだした。もちろんニューヨーク市警署長のことは伏せている。
「……なるほど、日本では、事故にしても殺人にしても、警察官が死ねば必ずニュースになる。それが地球の裏側で殺人が横行するニューヨークなら、単なる殉職として済まされてしまうことが多いし、犯人捜査も全部向こう任せだ。もし、局長が手引きしていたとしても手掛かりは闇に葬りさられるだろうしな」
「まあ、そんなわけで命からがら舞い戻ってきました」
「そこまでされたのに、よく警察官に復職でたものだ」
「局長を引き摺り下ろしたい一身ですよ。もう一度私を手に掛けようとすれば、逆にその首根っこを掴まえてやりますよ。局長も、それが判っているから、すぐには手を出せないでいるわけです。でも水面下では何らかの手を打っていると思います」
「うーむ……。難しいな」
「そこで、ちょいと罠をしかけてやれば引っかかるかも知れません」
「まかり間違えば命を落とすことになりはしないかね?」
「ありうるでしょう。しかし、組織の上層部にいる局長を、その座から引き摺り下ろすには、こちらもそれなりの覚悟が必要でしょう」
「で、具体的にどうするのだ?」
「局長を動かすには、やはり薬でしょう。だよな、真樹」
 と言ってわたしに微笑みかける敬だった。
「ええ」
「おとり捜査か! しかも真樹君を使うのか?」
「そうです。わたしと局長は、たぶん……面識がありませんから」
 黒沢先生の整形手術は完璧なまでに、他人に仕上げてくれた。気づかれることはないだろう。
「しかし、いくらなんでも、それは……」
「課長! 何度も言わせないで下さいよ。局長を放っておいたら」
「わかっている! 君がそこまで言うのなら、まかせるよ。で、どうしたらいいんだ。地方警察官と麻薬取締官との連携捜査となる方法だ」
「それはですね……」
 乗り出すようにして、敬が説明をはじめた。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v




にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -