あっと!ヴィーナス!! 第三部 第二章 part-6
2020.12.21

あっと! ヴィーナス!!(41)


第二章 partー7

「いやあ、間違えた……今のは、ダンジョン脱出呪文だった」
「馬鹿野郎!やっぱりドラクエじゃないかあ!!」
 気を取り直して、再び洞窟内へと突き進む。

 なんだかんだと先へ進み、荘厳なる扉の前にたどり着いた。
「ふむ。また合言葉か?」
「いや違うな。ほら、そこにドアノッカーがあるぞ」
 指さすドアの先には、獣の彫り物と口に挟むようにリング状のノッカーが付いていた。
「ほう……古風だな。これでドアを叩けば、ドアを開けてくれるのかな?」
 というと、ドアノッカーを叩いた。
「ま、待て!早まるな!!」
 重厚な軋み音を立てながら扉が開いてゆく。
 そして現れたのは、三つ首にして竜の尾と蛇の鬣(たてがみ)を持った巨大な獅子であった。
「ケルベロスだわ!」
「ケルベロス?」
「地獄の門番よ。早い話が、ハーデースのペットというところね」
「そうか。ラスボスに至る前の中ボスというところか?こいつを倒さないと先には進めないというわけだな」
「竪琴の名手オルペウスがいれば、こいつを眠らせておけるのだけど……」
「無理だ。オルペウスはアポロンの子飼いだからな」
 二人の女神が悩んでいると、
「ほれ、パン食うか?」
 弘美が、持っていたパンを差し出した。
 尻尾を振りながら、そのパンに噛り付くケルベロス。
「おまえ、パンを持ってきていたのか?」
「まあな。長旅になりそうだったから、持ってきた。女神はどうだか知らんが、人間は腹が減るからな」
「意外だな。賄賂のことを『ケルベロスにパンを与える』という諺(ことわざ)があるのを知っていたのか?」
「知るかよ。たまたまだよ」
「とにかく、ケルベロスがパンに気を取られているうちに、通り抜けるぞ!」

 地獄の門番をクリアーして、さらに先に進む。
「ケルベロスがいたということは、すでに地獄に入ったということだろ?」
「地獄というよりも冥府というべきだが。まあ、その通りだ」
 さらに進むこと1時間くらいだろうか、目の前に再び大きな扉が現れた。
「扉というよりも門、城門だなこりゃ」
「心配するな。ハーデースの神殿に到達したのだ」
「本当か?適当に言ってるんじゃないだろな?城門開けたら日本のどこかの城だったりしてな」
「それはないぞ」
「じゃあ、開けて入ろうぜ……ってか、どうやったら開くのか?鍵穴とか何もない?」
「また合言葉じゃないのか?」
 しばらく考え込んでいた弘美だったが。

「頼もう!相沢弘美ここに参上つかまつった!!」
 大声で扉に向かって叫ぶ弘美。
 すると……。
「とおれ!」
 図太い声とともに、扉がゆっくりと開いた。
「ふむ。どうやら歓迎されているようだな」
「どうだかな。それなら、合言葉が必要な扉とかは必要ないだろ?素直に通してないじゃないか」

 門をくぐると、辺りの風景が一変した。
 おどろおどろしたダンジョンの景色から、どこかの神殿造りのような大広間が一行を出迎えた。
 磨き上げられた大理石の床に、エンタシス状の柱が立ち並ぶ緋色の絨毯の敷かれた通路。
「この柱を壊したら、天井が崩れ落ちるのかな?」
「ありうるだろうな」
「万が一のために、柱に爆薬でも仕掛けておくか?」
「構わんが、その爆薬はどこにあるんだ?」
「持ってきてないのかよ」
「あたりまえだ!第一だな、柱を爆発して天井が崩落したら、生き埋めになるじゃないか」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



あっと!ヴィーナス!! 第三部 第二章 part-5
2020.12.20

あっと! ヴィーナス!!(40)


第二章 partー6

「もしかして、この合言葉を考えた奴も、その神夜映画劇場を見てるのか?」
「ありうるわね」
「するってえと、誘拐犯は神様ってことか?」
「今頃気付いたの?」
「前回が天上界だったから、地の底ということで、地獄の閻魔大王か?」
「それは、仏教やヒンズー教でしょ。私たちが誰だと思ってるのよ」
「ギリシャ・ローマ神話の神だろ?」
「その神話の中で冥界の王は誰?」
「知らんな」
「まったく、日本人にはマイナー過ぎて知らない人も多いけど……ハーデースよ。ハーデスとも呼ぶわね」
「盲導犬とかを繋ぐ奴か?」
「それは、ハーネス!」
 などと、ボケと突っ込みを繰り返しながらも、ダンジョンの攻略を進めてゆく。
「ダンジョンじゃねえだろ。ナレーションもドラクエに毒されたか?」
 そうでした……。つい、釣られました……地下世界へ通ずる洞窟です。
 さらに進むと、大きな扉の前に出た。
「また扉だな。合言葉を言ってみるか」
「開け!ゴマ!!」
「……」
 反応はなかった。
「今度は別の合言葉かな?扉を開ける合言葉か……」
 しばらく考え込む弘美。
 そして深呼吸してから呪文のような言葉を出した。
「われ正しき心をもつ者なり。ちからひめたるやいばを。氷のふちよりときはなたん」
 すると、静かに扉が開いた。
「なんなの?その呪文みたいなのは??」
「ドラクエ6の氷の洞窟にある封印された扉を開く合言葉(メラサム)だよ」
「なによ。あんたもドラクエじゃないの!」
「これで、お互い様じゃないか」
 ともかくも、開いた扉の中へと慎重に突き進むのだった。
 ドラクエよろしく出現する魔物を倒しながら、下へ下へと降りてゆく。
「一体どこまで降りるんだよ。なんかさっきから堂々巡りしているような気がするのだが……」
「それは、お前が人間だからだ」
「そうなのか?」
「うむ。ハーデースの悪戯だろう。間違いなく下降しながら進んでいる。いずれ地下神殿にたどり着くだろう」
「おまえら、地下神殿とやらに行ったことがあるのか?」
「ない!(きっぱりと)」
「んなあんだとお!!それじゃ、どこへ向かって降りていっているかも分からないじゃないか!?」
「ちっちっちっ!神となれば神通力があるのだよ。地下神殿などすぐに分かる」
「なら、さっさと地下神殿とやらに向かえよ」
「そう慌てるでないぞ。敵は逃げはしないからな」
「逃げなくても、愛ちゃんがその間にもどうなるか分からないだろうが」
「あれ?ローマに来た時に言ったことと違うじゃないか」
「だからよ。地下通路で迷子になってりゃ、気も焦るさ」
「それはそうだが……」
「やっぱり迷子になってるのだろ?」
「そ、そんな事はない!!」
「じゃあ、瞬間移動でもやってみせろよ!」
「わ、わかった。やりゃいいんだろが」
「ああ、やってみせろ!」
「いくぞ!リレミト!!」
 と呪文を唱えると……。
 太陽降り注ぐ地上だった。
「な、なんだよ。地上に逆戻りしたじゃないか(*'へ'*)ぷんぷん」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



あっと!ヴィーナス!!第三部 第二章 part-4
2020.12.18

あっと! ヴィーナス!!(35)


第二章 part-5

 日本から一瞬にして、イタリアのローマへとやってきた一行だった。
「ここから、Google Map の経路ナビを使うんだな」
「その通り」
 スマホのナビゲーションを起動する弘美。
 マップ上に目的地までの経路が示されている。
「目的地まで、徒歩67分(5.3km)と出ているな。もっと近くに寄れなかったのかよ」
「日本からローマまで飛んだんだ。十分誤差の範囲だと思うぞ」
「まあいいや。観光のつもりでのんびり行くか」
「愛ちゃんが囚われているのに余裕だな」
「奴らの欲しいのは俺自身とファイルーZなんだろ?」
「まあそうだろな」
「だったら、愛ちゃんに手を出すことはないさ」
「本当にそう思うのか?身代金誘拐の多くで殺人となっているぞ」
「それは人間界の話だろ?神にも威厳というものがあるだろう?インディアン嘘つかない、とか良く言ってたじゃないか」
「そ、それはまあそうだが……」

 なんだかんだ言っているうちに、経路ナビの終点にたどり着いた。
 目の前には、蝙蝠が出入りする薄暗い洞窟があった。
「どうやら、この洞窟の中が目的地のようだな」
 慎重に洞窟に入る一行。
「真っ暗だな。おい、光の呪文とかないのか?レミーラとか」
「レミーラとはなんだ?」
「レミーラも知らないのかよ。ドラクエ通ならすぐ分かるぞ」
「ゲームの話をしているのか?」
「他にないだろ?とにかく光だ!」
「ふむ。まあいい!光あれ!!」
 ディアナが訴えると、辺り一面が明るくなった。
「さすが、神だな」
「当たり前だのクラッカーだ!」
「てなもんや三度笠かよ」
「そうそう。『俺がこんなに強いのも~』って、懐からクラッカー出して掲げるのよね」
「それ、古すぎるぞ。神夜映画劇場って、一体何年代のものやってるんだ?」
「さあな。地上の時間のことは、天上界では分らんのでな」
 などと話していると……。
「魔物が現れた!ゾンビが3匹。魔物の先制攻撃!弘美に30Pのダメージを与えた」
「ちょっと待て!いつからドラクエになったんだよ。ってか、なんでヴィーナスのおまえがナレーションやってんだよ」
「暇だったからよ。はい!王者の剣あげるから、軽く倒してよ。剣道の達人でしょ」
「ドラクエの武器かよ。ってか、俺は柔道だぞ!剣道はやってない!!」
「あらそうだったけかしら?」
「しようがねえなあ……」
 といいながらも、王者の剣で一刀両断でゾンビを倒す。
「チャリラリラン♪弘美はレベルが上がった……」
「もういいよ」
「さすが、ゲームをやり込んでいるみたいね。あっさりと倒しちゃったわね」
「うるせえ!勝手に抜かしてろ!!」
 暗闇の洞窟を突き進む弘美達。
 やがて頑丈そうな岩が道を塞いだ。
「行き止まりだぞ。どうやって先に進むんだ?」
「こういう時は、合言葉じゃないの?確か、神夜映画劇場でやってた……盗賊達が大きな岩の前で唱えるのよ」
「それって、アリババと四十人の盗賊か?『開け、ゴマ!』ってやつ」
「ああ、それよ!その言葉『開け、ゴマ!』よ」
 すると、ヴィーナスの声に反応して、岩が軋み音を立てて横にずれて道が開いた。
「おお!」
 あまりの拍子抜けな事に、顔を見合わせる一同だった。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



- CafeLog -