続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・6
2020.10.20

続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・6


メニューへ

ドラマに戻る


海底洞窟

勇者「なあ、マイレに行く飛行船はないのか?」
コンラト「ありません」
ナタリー「船もないわよ。歩いてゆくしかないわね」
勇者「飛行船でファンタリオン王都に戻って、そこからマイレに行く航路はないのか?」
リリア 「ありませんわ」
勇者「なんだよ。マイレって、よほどの辺鄙な村なんだな」
ナレ「致し方なく、徒歩でマイレへと向かうのだった」
勇者「徒歩ってことは、当然魔物と遭遇するんだよな」
ナレ「魔物が現れた!まどうしが3匹!」
勇者「ほらな!」
ナタリー「のんきなこと言ってないの!」
ナレ「魔物を倒して先に進むとリマルダール地方の海岸線に出た。海を隔てて遥か北の方
角にマイレ地方の陸地が見える」
勇者「向こう岸にはどうやって渡る?」
コンラト「確か……、向こう岸に通ずる海峡洞窟があったはずですが?」
リリア 「あるわ、あそこに!でも、洞窟の周りに毒沼があるわね」
勇者「ナタリー、トラマナを頼む」
ナタリー「何を偉そうに」
勇者「ちなみに、トラマナとはトラップを踏マナいの短縮形らしいぞ。堀井雄二が解説し
ていたよ」
コンラト「なるほど……」
ナレ「早速、洞窟に入る」
勇者「なんだよ。真っ暗じゃないか。電灯線引いてないのかよ。たいまつか懐中電灯が必
要だな」
ナタリー「仕方ないわね。あたしがレミーラの呪文で明るくしてあげるよ」
勇者「おお、頼むぜ!」
ナレ「たいまつが見える身近な範囲を照らすだけなのに対して、呪文のレミーラは本来見
えないはずの壁の向こう側も見渡せるという優れものだ。隠し通路も発見できる」
勇者「おお、解説ご苦労さん」
ナレ「洞窟内は、まだ整備されておらず、天井からもポタポタと雫が滴り落ちる」
コンラト「しょっぱいですね。海底洞窟だからですか……」
ナタリー「そのようね」
ナレ「魔物と戦い続けながら、ずんずんと進んでいくと、鍵の掛かった扉があった」
勇者「なんだこの扉は?」
リリア 「この先立ち入り禁止ということですね」
勇者「気になるな……」
ナレ「というと、ピッキングツールを取り出して、鍵穴に差し込んだ」
勇者「(カチャと音がして)開いたぞ!」
ナタリー「さすが脱獄の天才だね。盗賊の能力も持ってるのか……」
リリア 「そんなツール、いつも携帯しているのですか?」
勇者「あたぼうよ。魔法の鍵だろうが最後の鍵だろうが、鍵穴がある限りどんな扉でも開
けることができるぞ(*^^)v」
ナタリー「自慢するものなの?自分は泥棒ですって言ってるもんでしょ」
コンラト「この先はどうなっているのでしょうね」
勇者「行ってみればわかるぞ」
ナレ「扉の先へと進むと、やがてビロードの豪華な絨毯の敷かれた大広間に出た。天蓋付
きのベッドが置いてあり、まるで貴賓室みたいだった」
リリア 「こんな洞窟内に貴賓室?」
ナタリー「ベッドの上に何かあるわ」
コンラト「手帳ですね。何か書いてあります。読んでみます」
ナレ「貴賓室が完成した。これで100年後に生まれ我が妻となるルーラ姫をここに招く
ことができるぞ……。そうだ冒険者達が近づけないように番犬としてドラゴンを置いてお
こう(サインがあります)竜王……」
勇者「竜王だと!?」
コンラト「どうやら犯行計画のようですね」
勇者「犯行計画?」
ナタリー「ルーラ姫って人間でしょ。竜と人間が結婚なんて考えられないからよ」
コンラト「ファンタリオンの王女も誘拐されていますからね。目撃者によると、魔王が『我が
妻として頂いていくぞ』とか言ってたようです」
勇者「なるほどな」
リリア 「どうしますか?」
勇者「と言ったって、ルーラ姫が生まれるのは100年後だろ?俺たちは皆死んでるじゃ
ないか」
ナタリー「そうね。竜族は何百年数千年生きるっていうものね。彼らにとっては100年は、
あたし達の数日くらいの感覚でしょうね」
勇者「どうしようもないな。ここは放っておいて先に進もうぜ」
ナレ「海底の洞窟を抜けると目指すマイレ地方に出る」

ポチッとよろしく!

11
続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・5
2020.10.18

続・冗談ドラゴンクエスト 冒険の書・5


メニューへ

ドラマに戻る


リマルダールへ

ナレ「ガラナを出立して、一路リマルダールへと向かう」
勇者「リマルダールって、どの辺だよ?」
リリア 「そうですね……。今いる大陸の南東の方角の遥か先ですね」
勇者「船とか飛行船とかないのかよ」
コンラト「ファンタリオン王都に戻れば、飛行船発着場がありますけど」
勇者「よし!戻ろう」
ナタリー「でも、乗船料かかるわよ。へたすりゃ、依頼料なくなるかも」
リリア 「それに発着時刻もありますし」
勇者「とにかく戻ろう。それから考える」
ナレ「ファンタリオン王都に戻り、飛行船発着場へとやって来た」
勇者「時刻表はどこだ?」
ナタリー「ここにあるわよ。リマルダール行きは……あ、5分後に出発よ!!」
勇者「急げ!走れ!メロス!!」
ナタリー「どさくさ紛れに変なこと言わないでよ」
ナレ「改札口のセンサーにギルド証をかざして、ピッ!という音を確認して、飛行船に乗
り込む」
リリア 「間に合ったわね(息せき切って、汗をかいている)」
勇者「ちょっと聞いていいか?」
ナタリー「なによ?」
勇者「ギルド証って、Suicaかなんかなのか?」
コンラト「まあ、それに近いものです。ICチップが組み込まれていて、身分証代わりになる
し、ギルド証で国境を越えることもできます」
リリア 「改札のセンサーにかざせば、乗車賃なども記録できて後払いになります」
ナタリー「乗船料もギルド割引になるわよ」
勇者「なるほど、便利な時代になったな」
ナレ「ほどなくして飛行船は出発した」
勇者「そういや、最初の依頼で飛行船は使うなと指示されて、28000マイラの道のりを地
べた這いずり回ったな」
ナタリー「そんなことあったっけ?」
勇者「いや、あっただろう……てか、何か忘れているような気がする……」
ナタリー「気のせいでしょ」
勇者「いや……思い出したぞ」
ナタリー「女性の事以外3歩あるけば忘れるんじゃなかったけ?」
勇者「隠すなよ。依頼の報酬だよ」
ナタリー「な、なんのことよ?」
勇者「確か、依頼を達成して貰ったよな?」
ナタリー「貰った?」
勇者「7800Gの報酬だよ!!」
ナタリー「でも、あんた死んでたじゃないの?受け取る権利はないよね」
勇者「そんなことあるか!途中までは一緒だったはずだ」
ナタリー「ああそうよね。簡単に死んじゃうし、遺体が獣や魔物に食われないように、カタリ
村まで運んで、教会で蘇生してあげたんだからね。復活料貰いたいくらいよ」
勇者「何言ってんだよ。復活ったって、ありゃ失敗だろうが……そのせいで俺はなあ…」
コンラト「まあまあ、その話はしないでおきましょうよ(とリリアを見る)」
ナレ「男女入れ替えの恐慌体験を思い出して震えているリリア」
ナタリー「そ、そうね……。分かったわ。あんたの借金10000G分チャラにしてあげるわよ。
それでいいわよね」
勇者「おうよ。当然(*´ω`)」

ナレ「そうこうするうちに、リマルダールの町に到着した」
コンラト「依頼主は宿屋にいる【よしりんぼう】という方でしたね」
リリア 「依頼品は【妖精の笛】ですね」
ナタリー「宿屋はっと……あ、あったわ」
ナレ「早速、宿屋に向かうと依頼主はすぐに見つかった」
ヨシリン「儂が、よしりんぼうじゃが、お主たちは?」
ナタリー「ギルドからの依頼を請け負ったものです」
ヨシリン「おお!そなたらが、妖精の笛を運んでくれるのか?」
リリア 「はい、その通りです」
ヨシリン「そうかそうか。ちょっと待って下され」
ナレ「奥の部屋に引っ込んだと思うと、依頼品である妖精の笛を持って戻って来た」
ヨシリン「これじゃよ(と笛を差し出す)」
コンラト「これが、妖精の笛ですか?」
ヨシリン「そうじゃ。戦闘中にこれを吹くと魔物を眠らせることができるのじゃ」
リリア 「それは便利ですね」
ヨシリン「これを、マイレにいる道化師のナヌエルに渡して下され」
ナタリー「分かりました」
ナレ「妖精の笛を受け取り、次の目的地へと向かう」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 IV
2020.10.17

第九章 共和国と帝国


IV


 共和国同盟軍艦隊統帥総司令本部において、共和国同盟軍と銀河帝国軍双方に対しての
最高司令官たるアレックスは、その一部を帝国軍のために解放して第二皇女艦隊の臨時艦
隊司令本部を設置させた。同胞となったとはいえ別国家の軍隊の司令部が、同じ庁舎に入
居することは本来あり得ないのであるが、アレックスの推し進める連合艦隊構想に基づく
一環として、それぞれの参謀達は反論しなかった。慣例にのっとって別棟舎にすれば無難
かもしれないが、それではことあるごとに最高司令官たるアレックス自らが、いちいち官
舎を移動しなければならなくなる。第二皇女艦隊の参謀達にとっては、皇太子殿下にわざ
わざ足を運ばせることなどできるはずがない。
「トランター駐在帝国大使が、殿下に謁見を願いでておりますが、いかがなさいますか」
「会おう」
「はい、では」
 マーガレット皇女は向き直って従者に伝えた。
「通してよろしい」
「かしこまりました」
 従者が指示を受けて退室し、替わりに銀河帝国大使クジャート・バーミリオンが入場し
てきた。
 デスクの前に立ったかと思うとおもむろに片膝をつき、
「銀河帝国全権大使、クジャート・バーミリオンにございます」
「帝国大使が、いかなる用向きか」
 マーガレット皇女が皇太子であるアレックスに代わって要件を尋ねた。謁見の場合は、
まず重臣がその用向きを皇太子に代わって尋ねるのがしきたりであった。皇太子の判断を
仰がねばならない内容でない限り、重臣がすべて問題を受け答えする。
「は、帝国本星よりの通達事項をお伝えに参りました」
「聞きましょう」
「それではお伝えいたします。銀河帝国皇室議会は、アレクサンダー殿下を銀河帝国皇太
子として、ならびにパトリシア・ウィンザーさまを皇太子妃として、それぞれ正式に承認
いたしました。つきましてはアレクサンダー殿下におかれましては、銀河帝国皇太子とし
て帝国の全権を委譲いたします」
 一同の者が感嘆の声を上げた。
 アレックスとパトリシアは、向き直って見つめあった。
「ご苦労さまでした。下がってよろしい」
「はっ」
 大使はうやうやしく退室した。
「殿下。お聞きになられましたように銀河帝国は、殿下とお妃様を正式に承認いたしまし
た」
 マーガレット皇女が、アレックスに向き直り大使の報告を復唱した。
「それもこれも、マーガレットが尽力をおしまずにやってくれたおかげだ」
「当然のことをしたまででございます。つきましては、銀河帝国へお二人方々、早急にお
戻りになられますことが肝要かと存じます」
「帝国か……いいだろう。明後日に向かうことにしよう」
「かしこまりました。早速、第二艦隊に命じてご帰国の準備をさせます」

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -