梓の非日常/序章 新入部員は女の子 (四)
2021.01.23

梓の非日常/序章 新入部員は女の子


(四)その男、沢渡

 昼休みになった。
 午前最後の鐘が鳴り響いて、教室から一斉に生徒達が出て来る。弁当を持って来ていない者が食堂へ向かって移動しているようだ。
 教科書を鞄に収めている梓。かわりに可愛い弁当箱を取り出している。
「あ、あの……お昼ご一緒しませんか」
 意を決した一人の女子生徒が、弁当を手にしながらもじもじとしながら話し掛けてきた。
「わたし、相沢愛子です」
「ああ、あたし、真条寺梓」
「わたしは、篠崎絵利香よ」
「こいつは、幼馴染みなんだよ」
「梓ちゃん。人を指差してこいつなんて、そんな言葉を女の子は使っちゃだめよ」
「はは、絵利香ちゃんは、あたしの教育係りなんだ」
「お二人は、仲がいいんですね」
「うん。三歳からずっと一緒だったから」
 机を移動して食卓のようにする。
 二人の間に別の女子生徒が入り込み、親しげな会話がはじまったことで、他の女子生徒達を行動に移させるきっかけを与えることとなった。
「あの、わたしもお仲間にいれていただけませんか」
「お友達になりましょうよ」
 親しげに口々に話し掛けてくる女子生徒達。あっという間に二人を囲んだ語らいの輪ができあがった。
 男子生徒の中にも梓たちと話しかけたそうにしている者もいたが、そこは男と女の垣根があるらしく、女子生徒達の輪の中にまで入ってくる勇気はなかった。

 ドアの外が騒がしくなった。
「沢渡だ、沢渡が来やがった」
「なんで今頃」
 廊下を肩をいからせて大股で歩く大柄の男、沢渡慎二。
「おら、どけよ。こらあ!」
 言うが早いか、ドア付近にいて談笑していた男子生徒が、教室内に吹き飛ばれていた。話しに夢中で、沢渡と呼ばれた男に気づかなかったのだ。沢渡のことを知る人物なら、その名を聞いただけで震え上がり道を譲るものだが、彼は知らなかったようだ。
「ドアの前に突っ立ってんじゃねえ」
 背の高い慎二は、屈むようにしてドアをくぐらねばならない。
 慎二が教室内に入っていくと、それまで談笑していた生徒達は一斉に口籠り、彼が目指す机までの道を開けた。それは梓の隣の席であり、食事を終えて話し合っていた女子生徒は、あわててそばを離れた。
 視線が合った梓と慎二は、ほとんど同時に昨日の乱闘騒ぎを思い出した。梓が投げ飛ばしたあの男だったのだ。
「お、おまえは!」
 先に口を開いたのは、慎二のほうだった。
 絵利香が耳打ちする。
「あ、この人。昨日の……」
「ついてるぜ、こんなところでまた会えるとはな」
 黙って弁当箱を鞄に戻す梓。
「表にでろよ。こら」
 無表情ですっくと立ち上がる梓。
「ちょっと、梓ちゃん」
 廊下を並んで歩いていく梓と慎二。その後を絵利香が追いかける。


 二人は裏庭に出てきた。上着を脱いで木の枝に掛ける慎二。
「この辺でいいだろう」
「そうだね」
 といいながら梓は、周囲をじっくりと見渡していた。これから一戦交えるのに、地形効果を確認しておかなければならないからだ。大きな岩、生い茂った木々、膝のあたりまで水が張られた池、校舎の壁、そういった裏庭に存在するすべてのものが、戦闘に際し有利な条件となりうるかを判断していく。
「この俺が女に負けたままでは、寝覚めが悪くてよ」
「あら、そう」
「この俺を一瞬で投げ飛ばしたんだ。格闘技では相当な腕前と見た」
「まあね……それなりに稽古はしてるけど」
 ふと空を仰ぐと、大きな桜の木の見事な枝振りが、空一面を覆い尽くすようにおいかぶさり、はらはらと花びらが風に舞っている。
 ……きれいな景色ね。とてもこれから乱闘って雰囲気じゃないんだけどなあ……
「女だからって、俺は手加減はしねえぜ。と思ったが、美人がだいなしになるからな、顔への攻撃は避けてやるよ」
 情緒を理解できない慎二の頭の中は、梓と戦うことしかないみたいである。
「そりゃ、どうも」
 その時、周囲に異常を感じる梓。
 ……囲まれている! 五・六・十二人くらいはいるな……
 見渡すと、木や草むらの影や、建物の裏に、男達の気配。
「いつでもいいぜ。どっからでもかかってきな」
「ふん! この直情馬鹿が、周囲の状況も把握できないのか」
「なんだとお!」
 言われて改めて周囲を見渡す慎二。
 隠れているのを悟られたと知って、ぞろぞろと男達が現れる。
「へへ。面白そうだからしばらく見学してようと思ったんだがな」
「てめえらは、昨日の」
「昨日のお礼はたっぷりさせてもらうぜ」
「はん。昨日より数が多いじゃないか。ま、返り討ちにしてやるぜ」
「ふざけんじゃねえ」
 拳を振り出した男の言葉を合図として、乱闘がはじまる。
 多勢に無勢とはいっても、並みの力ではない慎二にとっては、朝飯前といった表情をしていた。たとえ相手の一撃を食らってもまるでびくともせず、倍返しの一撃を与えていた。
「余裕だなあ、あいつ……ああ、しかし。あたしもあれくらいの腕力があれば、いいなあ。うらやましい」
 相手を一撃で動けなくしてしまうような強力なパンチ、どんな攻撃を受けてもひるまない頑丈なボディー。そんな慎二に対して、一種憧れのような感情を抱く梓だった。どんなに頑張っても、女の梓にはかなわない夢だったのだ。
「つかまーえた」
 突然男の一人が、梓を背後から羽交い締めにした。
「おめえ、あいつの何なんだ。女か」
「はなせよ」
 梓は冷静に受け答える。
「はは、この状態でなにができる。女の力じゃ無理さ」
「そうかな……」
 梓は、足を振り上げ思いっきり男の足の爪先を、踵の先端で踏みつけた。男の顔が苦痛に歪み一瞬腕の力がゆるんだところを、両腕を突っ張り身体を沈みこませて、羽交い締めから脱出。すかさず肘鉄をみぞおちに食らわす。男はたまらず地面に臥した。
「女と思って馬鹿にするな」
「こ、こいつ」
 梓を構っていた男が倒れたことで、攻撃の矛先が梓の方にも向けられることになった。
「かまわん。女もやっちまえ」
 一斉に男どもが梓に飛び掛かってきた。
「あーあ。いわんこっちゃない」
 後をつけてきていた絵利香は安全な場所から、梓のことを心配していたのだった。
 しかしフリーになった梓の前では、赤子同然だった。柔道、合気道、そして空手と、多種多様の戦術を組み合わせた日本拳法。
 離れて戦えば回し蹴りなどの蹴り技が飛んで来るし、中距離では裏拳・縦拳・そして極め技。懐に飛び込めれば得意の一本背負いが決まり、相手はもんどりうって宙を舞う。
 喧嘩馬鹿を相手にするくらい、梓は朝飯前といったところか。
 大きな岩を足場として飛び上がり、前面の相手に跳び膝蹴りを食らわす梓。
「あっ。膝蹴りが顔面に入っちゃた。痛そう……あ、梓ちゃん。膝を切っちゃみたいだわ。大丈夫かしら」
 心配でしようがない絵利香だったが、自分ではどうしようもなかった。ただ梓が無事であるようにと祈るだけだった。

 もう一方の慎二のほうも確実に相手を倒していた。その視界の中に、梓の戦いぶりが目に飛び込んで来る。
「あいつ……女のくせに、男と互角以上に戦ってやがる。相手の攻撃を紙一重でかわし、隙ができたところを急所に一撃だ。必要最低限の動きで最大の効果を発揮させている」
 梓に目を奪われている慎二の顔面にパンチが飛んできた。
「よそ見してんじゃねえよ。こらあ」
 思わずのけぞる慎二。
「ふ、確かにな」
 すかさず殴りかかってきた相手をぶっとばした。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



梓の非日常/第二部 第八章 小笠原諸島事件 (一)
2021.01.22

梓日常/第二部 第八章・小笠原諸島事件


(一)クラス旅行

 小笠原諸島を遊覧する豪華客船があった。
 篠崎海運所属のクイーン絵利香号である。
 甲板上のプールでは、埼玉県立城東初雁高校一年A組のクラスメート達が、ワイワイガヤガヤと興じている。
 その中にあって、プールサイドベッドにその身体を預けて、ビキニ姿の真条寺梓と篠崎絵利香がいる。
 
 そこへ、学級委員長の鶴田公平が、トレー盆にクリームソーダを乗せてやってきた。
「喉が渇きませんか? ソーダをお持ちしました」
「ありがとう」
 お礼を言って受け取る梓。
「鶴田君、その恰好さまになってるじゃない」
 絵利香が、鶴田の仕草を見て感心していた。
「そうですか? 実は、レストランでウエイターのバイトやったことがあるんです」
「なるほどね」
「今回の旅では、お世話になってますので」


 数週間前に戻る。
 ホームルームにおいて、学級委員長の鶴田公平が提案をした。
「新入学記念に軽井沢へ行きました。この夏休みにも、どこかへ行きたいと思いますがいかがでしょうか?」
「賛成!」
 多くの賛同者が出た。
「で、どこへ行くんだ?」
「前回は山でしたから、今回は海にしようと思います。夏ですしね」
「いいね!」

 ホームルーム後、鶴田が梓と絵利香に相談を持ち掛けて来た。
「絵利香さんは、観光会社やってましたよね。また、推薦コースとか紹介してもらえないかなあ?」
「いいわよ。放課後に会社に行ってみますか?」
「はい。よろしくお願いします」
 ということで、篠崎観光旅行会社へと向かった一行。
 案内掛かりは、前回と同じく担当吉野を紹介してくれた。
「お久しぶりです。絵利香お嬢様」
「そのお嬢様というのは、止めて頂きません?」
 と、鶴田の方に目をやって合図を出した。
 財閥令嬢ということは、すでに知れ渡っているが、それを前面に押し出されて言われると、クラスメートの手前あまりよろしくない。
「失礼しました。絵利香様。今日のご用命は?」
「夏休みに、クラムメートを誘って旅行しようということになりました。それで、何かお手頃のコースはないものかと伺いました」
「なるほど、軽井沢の時と同じですね」
「高校生のいる家庭が無理なく支払える料金でお願いしたいのですけど」
「そうですねえ……」
 と、しばらく考えていたが、
「ちょっとお待ちください」
 席を立って、旅行ガイド用のパソコンで調べ始めた。
 やがて、資料をプリントアウトして戻ってきた。
「これなどいかがでしょうか?」
 資料の写真には、豪華客船を大見出しで取り上げ、世界周遊の旅! 横浜出発百七日間。

「世界周遊の旅? 夏休みの旅なんですけど……」
 鶴田がびっくりしている。
「実はですね。その周遊の旅なのですが、期限間近にも関わらずかなり空席が出ておりまして、この際にクラスメートの旅を楽しんでもらおうと考えました」
「なるほどね。ただ空気を運ぶよりは良いわね」
「ハワイへ向かう航路の途中に小笠原諸島を通過します。そこで下船して頂いて、別のクルーズ船に移乗し父島などを廻ります」
「小笠原諸島で途中下船するわけね」
「それまでは、たっぷりと豪華客船の船旅を満喫できます」
「いいわ。それで行きましょう」
「分かりました。早速手配致します」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



梓の非日常/序章 新入部員は女の子 (三)
2021.01.21

梓の非日常/序章 新入部員は女の子


(三)ホームルーム

 入学式の翌日。
 廊下を歩いている梓と絵利香。梓の美しさに、すれ違う生徒達のほとんどが振り返り茫然と立ち尽くしている。開いた窓から春のそよ風がその髪をたなびかせ、ほのかな香りを漂わせる。昨日とはまた違ったりぼんをしている。
 一年A組というプレートの掲げられた教室の前で、一旦立ち止まり息を整えてから中へ入る二人。
 先に中に入っていた生徒達が、一斉に梓をみつめる。
「きた、来たわよ」
「なんどみても、きれい……うっとりしちゃう」
「お、俺。同じクラスになって良かったなあ」
「もう一人の女の子も結構可愛いよな」
 あちらこちらから、そんな同級生達のささやきが聞こえる。
 正面の黒板には、生徒達の名前が書かれた机の配置図が貼られていた。
 篠崎絵利香と真条寺梓。
 縦に並んだ自分らの名前を確認して所定の席につく二人。
「また並んだね」
「あいうえお順でもアルファベット順でも、大概並んじゃうんだよね。あたし達」
「ふふふ」
 満面の笑みを浮かべ、頬杖ついて梓を見つめる絵利香。
「な、なに?」
「わたし達、高校生になったんだなあって思ったらさ。なんか感慨深げになっちゃって」
「そうだね。新しい学校生活がここで始まるってこと」
「うん、うん」
「で、また蒸し返すんだけど……一緒の学校に入って本当に良かったの?」
「それは、言わないでって。わたし、ずっと梓ちゃんと一緒にいたかったんだから。それにもう、ここに入学しちゃたから」
「いまさらってか……」
 一種独特の雰囲気に包まれた二人のそんな会話を横目に聞きながら、まわりの生徒達は声を掛けるチャンスを窺いながら、静かに時を過ごしているだけしかできなかった。
 チャイムの鐘が鳴り響く。
 生徒達がそれぞれの席につきはじめる。
 担任教師が入室してホームルームがはじまった。
「私が、君達の担任となった下条広一だ。君達一年生の英語を教えることになっている。それから、空手部の顧問もしているぞ」
 梓の表情が変わった。
「空手部の顧問だって」
 絵利香がくるりと振り向いて、小声でささやく。
 梓は、空手部の顧問をしているという担任の下条広一を、じっくりと観察をはじめた。
 ぼさぼさ髪に、背広の胸元からのぞく黒のセーター。やさ男で、とても空手をやっている人物には見えなかった。
 ……そうだよね。空手部の顧問をしているからといって、空手の達人である必要はないんだ。要するにクラブが存続するには、顧問が必要ってことだけで、誰でもいいんだ……
 じっと梓が見つめているのに気がついた下条は、
「いやあ、美少女に見つめられると、さすがにあがっちゃうなあ」
 といって頭をかきながら、ウィンクを返してきた。
「え? あ、いや」
 真っ赤になってうつむく梓。
「冗談はさておき、出席をとることにしよう。呼ばれたらみんなに顔が見えるように立って、返事してくれないか」
 次々と出席順に名前を呼びはじめる下条教諭。
「沢渡慎二」
 だが、誰も立ち上がることもなく返事もなかった。
「沢渡慎二、欠席か?」
 後ろの黒板で名前を確認してみる下条教諭。その名前に該当する机は空席だった。丁度梓の右隣だった。
「沢渡慎二、欠席と……授業初日から欠席するとは、よほど神経図太いとみえる。入学式では顔を合わせて、こんな美少女が同じクラスにいることはわかっていると思うんだが。私だったら絶対に休まないぞ」
 教室中にどっと笑いが巻き起こる。当の本人の梓はうつむいて赤くなっている。
 さらに点呼はつづき、女子生徒の名が呼ばれていた。
「篠崎絵利香」
「はい」
 と絵利香が立ち上がって答える。
 その瞬間生徒達のほとんどが、次に呼ばれるだろう女子生徒の名前を、聞くために清聴した。
「真条寺梓」
 生徒達の視線は、梓に釘付けになっていて、その一挙一動の仕草を息をのんで注目していた。
「はい」
 静かに立ち上がり、軽く会釈すると再び席につく梓。そのしなやかな長い髪が、ふわりとたわめいて静かに元に戻っていく。
 教室中にため息が流れる。
 下条教諭は、しばしの間をおいてから再び点呼を開始する。
 点呼を終えて、出席簿を閉じる下条教諭。
「これからクラス委員を選出しようと思う」
「ええ! やだあ」
 教室内に一斉にどよめきが沸き上がる。
 下条教諭は、どよめきにも動ぜず、黒板に役割分担の各委員を書いた。
 委員長、副委員長、風紀委員、保健委員など。
「諸君も知っているかと思うが、入学式で総代として答辞を読んだ首席入学の篠崎くんと次席の真条寺くんのことだが、成績がいいからって委員に無理矢理推挙することはしたくない。あくまで自発的な自薦と、この人がふさわしいという他薦で決めていく。成績がいいことと、同級生をまとめ上げる裁量とには、おのずから違いがあるからだ。判るよな」
「当然ですよ」
 あちこちから賛成の声があがる。
「ようし、まずは自薦からいこうか。この中でやりたいと思う委員があったら手を挙げてくれ」
「はい。俺、保健委員やります」
 元気よく返事をして立ち上がる男子生徒。
「おう、えらいぞ。田代敬太君か。実際は自薦で出て来るとは思っていなかったんだが」
「いやあ。へたに黙ってたら、他薦で何に選ばれるか、わかんないじゃん。見渡したところ中学のクラスメートが結構いるから、いずれ選ばれそうだったから。俺、頭悪いから会計とかになったら困るもんね」
「とにかく、自ら進んで名乗り出ることは素晴らしいことだ。じゃあ、他にやりたいものはいないか」
「はい、俺は、風紀委員やります」
 次々と男子が手を挙げて、名乗り出ていった。
「これで男子の方は、全部埋まったことになるな。って、おまえらもしかして誰かさんに、いいところ見せようとしたんじゃないだろなあ」
「そ、そんなことありませんよお。なあ、みんな」
「お、おお。当然です」
 冷や汗を流しながら弁解する新委員の男子生徒達。
「まあいい。動機は多少不純かもしれないが、その積極性をかうことにしよう。じゃあ、残りの女子委員を決めるぞ。鶴田」
「はい」
「おまえは、委員長だし、中学では生徒会会長でもあったな」
「はあ、まあそうですが」
「というわけで、後は、まかせる」
 といって椅子を教室の片隅に移動させて、どっかと座り込んだ。
「わかりました」
 委員長に名乗り出た鶴田公平は、つかつかと壇上の教卓へ歩いていく。
「よお、いいぞ鶴田」
「かっこいいわよ」
「あ、どもども」
 頭をかきへこへこしながら、生徒達の声援に答える鶴田。生徒達の反応や表情をみると、この鶴田公平が結構人気があるのがわかる。
「それでは、残りの女子委員を決めます。自薦、他薦の順で委員を募りますが、誰もいなかった場合は、委員長の独断と偏見で勝手に決めさせていただきます」
「わあ、ひっどーい」
「悪徳よ、横暴だわ」
「いいぞ、さすが。元生徒会会長!」
「やれ、やれえ」
 すでに全員が決まっている男子は気楽なものだった。
「では自薦からはじめます」

 そして十数分後。
 鶴田の采配で女子委員もみごと全員決定した。黒板にならぶ各委員の名前。その中には、梓と絵利香の名前はなかった。
「以上で委員の選出を終わります。先生」
 と下条教諭の方を向き直る鶴田。
 ぱちぱちと手をたたきながらゆっくりと教卓に近づく下条教諭。
「ごくろうさん。さすが委員長だ」
 鶴田の肩を軽くぽんと叩いて、壇上を交代する下条。
 丁度チャイムが鳴りはじめる。
「おう、時間ぴったりだな。書記委員は、この決まった委員の名前をメモして、職員室の私のところに持ってきてくれ。じゃあ、解散する」
 下条は出席簿を片手に抱えて教室を出ていった。
 生徒達も三々五々教室を出ていったり、居眠りをはじめるもの、各自好き勝手なことをしている。
 女子生徒は、数人ずつのグループを作って談笑している。
「男子委員は全員自薦で決まっちゃったけど、あれってやっぱり、先生の言うとおり、真条寺さんにいいところ見せたんじゃない」
「鶴田君だって、真条寺さんのこと時々ちらりと見ていたけど、結局委員からはずしちゃったわね」
 女子生徒達の視線が、梓に集まっている。普通こういう場合、嫉妬や羨望の標的とされるのだが、世俗観を超越した雰囲気を持つ梓には、一般常識は通じないのだった。それで 当然かもしれないなと思わせてしまう。そんな感情を生徒達は抱いていた。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



- CafeLog -