冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・19
2020.06.17

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・19


メニューへ

ドラマに戻る



ムオルの村

ナレ「祠を出発して、ベーリング海を経て、極東ロシアのカムチャッカ半島にたどり着い
た」
コンラト「見てください!村が見えますよ」
勇者「早速だな。行ってみよう」
村人「ここはムオル。さいはての村です」
勇者「おかしいな……。町や村に入れば、ルーラのリストに入るはずなのに」
ナタリー「そういえば、ショニンの町もルーラで行けないわね」
リリア 「辺境にある町や村はリストに乗らないようですね」
勇者「さて、今回は、時計回りで行こうか」
コンラト「となると左手の宿屋からですね」
勇者「宿屋の箪笥にかわのこしまきか……」
老人「あんたがた、船できたのか?」
勇者「その通りだ」
老人「そうじゃろうと思ったよ」
勇者「ちなみに、否定すると?」
老人「なんと!歩いてきたと?ものずきな人たちじゃのう」
コンラト「どこかの町や村から歩いてこれるみたいですね」
勇者「どこからだろうか?いずれ歩いて探してみよう」
ナレ「池の側に佇む娘」
村娘「あら、ポカパマズさん、おひさしぶり。ポポタが、あなたに会いたがっていたわ
よ」
勇者「ポカパマズ?」
ナレ「教会に入る」
勇者「おや、床にいのちのきのみが落ちてたぞ(*^^)v」
村男「いよう!ポカパマズ!ポカパマズじゃないか!え?ちがう?でも似てるなあ……」
勇者「ポカパマズ??」
ナレ「北東の総合店舗に入る」
勇者「あれ、カウンターに兜が置いてあるぞ。看板がないけど、何の店かな?」
店主「そうそう、そのかぶとは、あのときポカパマズさんが忘れていったものですよ。い
つあなたがとりにこられてもいいように、きれいにみがいてありますから。あっ、でもそ
の前にポポタにカオを見せてあげてくださいよ」

勇者「なんだかなあ……。俺って、そんなにポカパマズとかいう奴に似ているのか?どう
考えても男の名前だよな」
ナタリー「十分男らしいわよ。あんたならね」
勇者「なんだとお!十六歳の女の子に向かって(*'へ'*)ぷんぷん」
リリア 「あれ?最後のカギが掛かった扉がありますよ」
コンラト「でも、中はただの空き地のようですが?」
勇者「いいや、何もないのに鍵を掛けるわけないだろ。調べるぞ、隠し通路とかがあるか
も知れないぞ……。ほらみろ!小さなメダルがあったじゃないか」
ナタリー「はいはい。おめでとう!」
リリア 「コホン(と、軽く咳をして)店の裏側に休憩所のような広場がありますわよ」
勇者「よし、行ってみよう」
老人「おお、よくこられたポカパマズどの」
店主「これはポカパマズさん。いらっしゃい!しばらくぶりですね。ゆっくりしていって
くださいよ」
勇者「やっぱり、ポカパマズかよ。ともかく、二階へ上がろう。で、いつものように…」
リリア 「家探しですね」
勇者「むろんだ!」
ポホタ「あれ?ポカパマズさん……?でも、やっぱりちがうや!ぼく、ポポタ。下にあるか
ぶと?あれは、ポカパマズさんがお礼にって、ぼくにくれたんだ。きっとそうなんだ。忘
れていったんじゃないんだよ」
勇者「そうなのか?事情が掴めないが……」
子A「わーい。ポカパマズさんだ!」
旦那「あなたたちは、もしやアリアハンのお方では?」
勇者「とりあえず、はいだ」
旦那「やはり、そうでしたか。ポカパマズさまも、そこからきたと申しておりました。た
しかアリアハンでの名前はオルテガ……。まだ、赤ん坊の娘を残してきたのが心残りだと、
そう申しておりましたなあ。なんと!あなたが、その娘だとおっしゃられるのですか?」
勇者「たぶん、そうじゃないかな」
旦那「なるほど…たしかにポカパマズさまに似てらっしゃる。して、ポカパマズさまは、
お元気ですか?」
勇者「(´・ω・`)知らんがな。ハガレンの親父と一緒だ」
旦那「それはいけませんね。おからだをお大事にと、おつたえください」
勇者「だから、知らんといっとろうが!」
旦那「なんにしても、オルテガさまに、もういちどお会いしたいものです」
リリア 「どうやらこの方、オルテガさんが生きていると思ってらっしゃるようですね」
主婦「あなたが、ポカパマズさんの…ふーん、たしかに強そうね」

ポホタ「ねえねえ、今の話ホント?ポカパマズさんの子どもだって。いいな~ぼくもポカパ
マズさんの子どもだったらなあ~」
ナレ「部屋を退出し、階段を降りようとした時。ポポタが追いかけてきた」
ポホタ「ちょっと、まって!あのさ、下にあるかぶと、おねえちゃんにあげるよ。大きくて
ぼくかぶれないしさ。おねえちゃんに、つかってもらったほうが、かぶともよろこぶと思
うんだ。だから、おねえちゃんにあげるよ」
勇者「そうなのか?なら、ありがたくもらっておくよ」
ナレ「下に降りると」
店主「おっと、みなさん。お話は、私にも聞こえてましたよ。あなたが、あのポカパマズ
さんのお子さんとはおどろきです。さあ、このかぶとをおもちください。あなたなら、き
っとつかいこなせるでしょう」
ナレ「勇者は、オルテガのかぶとを手に入れた」
勇者「オルテガのかぶとか……。オルテガというくらいだから、俺にしか装備できないよ
うだな。しかも守備力が30もあるぜ!きんのかんむりの6より24も高い」
ナレ「勇者は、オルテガのかぶとを、じっと見つめた。父親の戦う姿が、見えたような気
がした」
勇者「え?何言ってんだ」
ナレ「今、コマンド入力で、オルテガの兜を【つかった】ではありませんか?」
勇者「オルテガの兜を【つかう】と、そんなメッセージが出るのか?」
リリア 「普通、兜を【つかう】ことはありませんよね。隠しメッセージですか?」
勇者「そうみたいだな」
コンラト「そろそろ村を出ましょうか?」
勇者「もう一度、兜をくれたポポタにお礼を言っておこう。良い物をくれたからな」
店主「あっ、こんにちは。どうですか?あのかぶとのつかいごこちは?」
勇者「おお、いい具合だ」
店主「そうですか。それはなによりです。ポポタもよろこぶでしょう」
旦那「オルテガさまは、ここにいらっしゃるあいだ、ほんとうにポポタをかわいがってい
ました。残してきた娘と、いっしょにいるようだと、おっしゃってましたよ」
勇者「俺は、可愛がられた思い出はないんだが……エドワード・エルリックの気分だ」
ポホタ「ぼく、ポポタ。ねえ、おねえちゃん。いつでもいいからさ、こんどポカパマズさん
をつれてきてよ。ぼく、ポカパマズさんに会いたいんだよう」
勇者「じゃあな( ´Д`)ノ~バイバイ」
ナレ「というわけで、ムオルの村を後にしたのであった」

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・18
2020.06.13

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・18


メニューへ

ドラマに戻る



最後の鍵を求めて

コンラト「さて、かわきのつぼを手に入れましたけど……」
リリア 「情報をまとめますと、
スーの村の馬エド『かわきのつぼを見つけたら、西の海の浅瀬の前で使うのですよ』
老人の『海に沈んだ祠があって、今は浅瀬になっている』
子供『ぼく、知ってるよ。『さいごのかぎ』って、どこかのほこらにあるんだよね』
です」
ナタリー「繋げると、西の海の浅瀬の祠に最後の鍵があり、その前でかわきのつぼを使え、と
いうことね」
コンラト「問題は、その西の海はどこかってことですね」
勇者「そうだな、西っていうからには、ここから西に向かってみるか?」
リリア 「当てもなしにですか?」
勇者「しょうがないだろ。西としか情報がないのだから」
ナタリー「それしかないみたいね」
ナレ「乗船し、西に向かって進路をとった」
勇者「よおし、コンラッド。マストに昇れ!」
コンラト「マスト?」
勇者「ほれ、この船は帆船なんだから、当然マスト(帆柱)があるじゃないか。マストに
登って周囲に目を配れってことさ」
ナタリー「なに?この船、帆船だったの?今まで、ちっとも気づかなかったわ」
勇者「おまえなあ……船のグラフィックを見れば、すぐ気がつくだろうが」
ナレ「グラフィックって言わないで下さい」
リリア 「じゃあ、この船は風まかせで動いていたのかしら?自由に動き回れるから、蒸気船
かと思ってた」
勇者「そりゃまあ、大航海時代の船は風向きや海流を見ながら航行してたし、風のない時
は奴隷が櫓を漕いで船を動かしていたけどな……じゃあなくって!!」
コンラト「構いませんよ。自分はマストに登って見張ります」
ナレ「言うが早いか、スルスルとマストに登るコンラッドだった」
ナタリー「本当なら、あんたが昇るべきじゃないの?」
勇者「何を言うか、船長は俺だぞ」
リリア 「え?誰が船長ですか?」
勇者「俺だよ。俺!」
ナレ「などという間にも、船は西へと進み、北米大陸を越えてさらに西へ進む」
勇者「何もない海原に出てしまったな」

リリア 「ここは北極海の南端で、チュクチ海と呼ばれる海域ですよ。大陸棚ですので、水深
も50mを越える所は少ないです」
勇者「チュクチ?それがどこかの方言で、西を意味する言葉なのか?」
リリア 「西かどうかは分かりませんが……チュクチとは、ロシア北東部に住む先住民族で、
クジラ猟などを行っていたといいます。この海は生存圏だったのでしょね。だからこの名
がついたと思われます」
ナレ「補足しますと、チュクチを含むエスキモー族は海やアリューシャン列島を越えて、
北米大陸へ渡ってインディアン部落を作って北米先住民となり、さらに南に下ってマヤや
インカを興すこととなったという説があります」
ナタリー「なるほど、インディアンにとっての故郷の海、すなわち方角的に西の海だったとい
うわけだったのですね」
勇者「なんか……社会史見学に来たみたいだな(^^ゞ」
ナレ「その時、上のマストから大声が聞こえた」
コンラト「南西の方向に浅瀬を発見!!」
勇者「本当か!?よおし、取り舵一杯だあ!」
ナレ「進路変更して、南西の方向へと舵を切ると、それらしき浅瀬が視界に入った」
勇者「よおし、上陸準備!コンラッドは降りてきていいぞ!!」
ナレ「船は岩だけの浅瀬の縁に着いた」
リリア 「馬のエドさんによると、ここでかわきのつぼを使え、です」
勇者「かわきのつぼだな」
ナレ「勇者はかわきのつぼを海に浮かべた。なんと、海が鳴動して島が現れ祠が出現し、
中に入れるようになった」
勇者「ほほー。そういう仕掛けだったのか」
ナレ「船を降りて祠に入る一行。中には、放射状の文様の中に宝箱が一つ置かれてある」
勇者「宝箱も気になるが……その先の牢屋に入れられた骸骨は、もっと気になるぞ!」
リリア 「宝箱には『さいごのかぎ』が入っていましたわ」
勇者「その鍵で、牢屋の鍵は開くかな?」
ナタリー「最後っていうくらいだから、開くんじゃない?」
勇者「よし、骸骨に会ってみよう。何か重要なヒントをくれるかも知れない。魔物だろう
が幽霊だろうが、ドンとこいだ」
ナレ「と、歩き出すと」
勇者「あ!床の上に小さなメダル見っけ(*^^)v」
ナレ「手に入れたばかりの、さいごのカギを使って、牢の中の者と面会する」
骸骨「私は、いにしえを語りつたえる者。イシス砂漠の南、ネクロゴンドの山奥にギアガ
の大穴ありき。すべての災いは、その大穴よりいづるものなり」
ナタリー「ギアガの大穴ですってよ。次の行き場所が分かったわね」

勇者「ギアガの大穴?それってベネゼエラにあるギアナ高地(テーブルマウンテン)にあ
る巨大大穴(サリサリニャーマの縦穴)じゃないのか?」
リリア 「え?ベネゼエラって南米北部にある国ですよね。骸骨さんは、イシス砂漠の南、つ
まりアフリカのことを言ってるみたいですけど……」
勇者「ううむ……分らん。ゲームクリエイターの勘違いということにしておこう」
ナレ「サリサリニャーマの動画はこちら⇒ https://youtu.be/nGkDouBVoLs 」
ナタリー「それで、すぐに向かうの?」
勇者「そうしたいのは山々なのだが、今はまだ早計だと思う」
ナタリー「どうして?」
勇者「すべての災いの大本というくらいだから、その先は当然ラスボスが待ち構えている
ということだろ?」
リリア 「そういうことになりますね」
勇者「世界地図を見てみろ。色塗りされていない場所がたくさんあるぜ。まだ半分も回っ
ていないじゃないか」
コンラト「つまり、この世界をすべて回り終わってからということになりますか?」
勇者「まだ行っていない町や村を訪ねる必要があるし、行く先々で情報を集めながら、装
備も整えなきゃならん」
ナタリー「意外に慎重ね。いざ、いかん!とかいって、当てどもなく探し回るかと思ったわ」
勇者「俺を馬鹿にしているだろ?」
ナタリー「うん(^ω^)」
勇者「張り倒したろか?」
ナタリー「やめて(^_-)-☆」
リリア 「二人ともやめてください」
コンラト「さあさあ、ここを離れて冒険に戻りましょう」
ナレ「リリアとコンラッドに背中を押されて、祠を退出する」
リリア 「これからどうしますか?」
勇者「そうだな……。世界地図を見れば、このまま南へ真っすぐ下ればアリアハンに到達
できるみたいだ。レベルアップを兼ねて、南の方向へ船旅を楽しむか。途中にはたぶん…
日本もあるだろうからな」
ナレ「一行が船に戻り、浅瀬を離れた瞬間だった」
コンラト「あ!浅瀬が!!」
ナレ「海鳴りとともに、浅瀬の祠が再び海の中に沈んだ」
リリア 「もう二度と来れなくなりましたね」
勇者「うむ……。しかたあるまい」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第七章 反抗作戦始動 IX
2020.06.13

第七章 反抗作戦始動


IX


 こちらは総督軍艦隊旗艦ザンジバル。
 艦橋内に警報が鳴り響いている。
 正面スクリーンには、艦隊の後方に多数の艦影が表示されていた。
 後方に所属不明の艦隊が出現して、動揺を隠せないオペレーター達。
「識別できました。反乱軍のようです。味方ではありません。敵艦隊です」
 敵艦隊の先頭を突き進む旗艦と思しき艦に焦点が合わされた。
 ハイドライド型高速戦艦改造II式。
 艦体に描かれているのは、伝説の水の精霊ウィンディーネである。
 バーナード星系連邦の敵艦種リストのトップ3に挙げられており、知らない者はいない
という艦である。
「あれは、ウィンディーネ艦隊です」
 その名前を聞いて恐れをなすオペレーター達。
「別名、皆殺しの艦隊と恐れられている、あのウィンディーネか?」
「率いるはランドール提督の右腕と称されるゴードン・オニール准将です」
 艦橋内にざわめきが沸き起こる。
 正面スクリーンには、敵艦隊を示す光点が次々と増えていた。
 艦体に伝説の木の精霊ドリアードが描かれた高速戦艦も確認された。
「独立遊撃艦隊旗艦高速戦艦ドリアードです。ランドール提督のもう一人の片腕と言われ
る猛将が率いています」
 ランドール提督配下の精鋭艦隊に後ろを取られている。
 艦橋オペレーター達は恐怖に浮き足立っていた。
「敵艦隊、続々と現れています」
「総勢六十万隻に達しました」
 その数に、マック・カーサー提督もさすがに落ち着いていられないようだった。
「反乱軍だと? つまりアル・サフリエニからやってきたというのだな」
「おそらくトランターのワープゲートが奪われたのでしょう。タルシエン要塞にあるワー
プゲートを使ってトランターを経由してきたと思われます」
「六十万隻ということは反乱軍の全軍ではないか」
「そういうことになります。アル・サフリエニ方面軍の全軍がこちらに来ているのですか
ら」
「タルシエン要塞を空にしてか? 馬鹿な。常識で、そんなことはありえない」
「しかし、ランドール提督には前例があります。スピルランス提督の共和国同盟への潜入
かく乱作戦において、これを迎撃するためにカラカス基地を空にしたことがあります」
「シャイニング攻略戦においても、ブービートラップの仕掛けられたシャイニング基地に
舞い降りたハズボンド・E・キンケル大将が捕虜となり、六万隻もの艦船を搾取されてし
まいました」
(*注:第一部第十三章・ハンニバル艦隊及び第十九章・シャイニング基地攻防戦参照)
「判っておる。みなまで言うな!」
 過去のことを持ち出してもしかたがない。
 今現状をどう打破するかである。
「二百五十万隻対二百十万隻か……」
 数では互角である。


 それから三時間後。
 総督軍は中央突破を掛けられて総崩れになりつつあった。
 マック・カーサーと参謀達が集まって協議をしていた。
「我が軍の勢力は百五十万隻に減じました。対してランドール艦隊は百八十万隻」
「大勢はランドール艦隊に傾いています」
「このままでは負けは必至の状態です」
「ではどうすればいいというのだ。敵は援軍を得て大攻勢を掛けてきている」
「その通りです。中央を切り崩され、後方からと側面からも攻撃を受けています」
「包囲殲滅するはずが、逆に包囲されるとは……」
「中央を切り崩されましたが、その分正面方向が手薄になっています。正面に攻撃を集中
して、正面突破を図りましょう」
「逃げるのか?」
「他に救いの道はありません」
「しかし奴らには、銀河系最速とも言われるウィンディーネ艦隊やドリアード艦隊がいる
のだぞ。逃げ切れるわけがない」
「しんがりの艦隊を立てて、彼らに追撃を食い止めてもらうのです。その間に中立地帯に
逃げ込むのです」
「誰がしんがりを引き受けるのだ。生きて帰れる保障はないのだぞ」
「旧共和国同盟の連中にやらせましょう。かつての仲間同士の戦いとなれば、お互いに手
加減して戦闘が長引きます。本隊が十分に逃げ切れたところで投降させれば……」
「判った……。ここは逃げよう」
 協議は決した。
 旧共和国同盟の艦隊にしんがりを立てさせ時間稼ぎをしている内に、本隊は中立地帯へ
逃げ込む。
 そして命令が下される。
 撤退である。
「全艦最大戦速。全速前進!」
 前面に攻撃を集中して逃げ込みを図る。

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -