梓の非日常/序章 新入部員は女の子 (二)
2021.01.20

梓の非日常/序章 新入部員は女の子


(二)乱闘

「おい、裏門のところで喧嘩してるぞ」
 誰かが叫ぶのが聞こえた。ぞろぞろと移動する人々の群れ。
「喧嘩!」
 梓の眉間がぴくりと動いたかと思うと、次の瞬間には走り出していた。
「ええと、このメモでいうと。裏門は……こっちだわ」
「ちょっと、待ってよ。梓ちゃん」
 必死で遅れないように梓の後を追いかける絵利香。
 梓達が裏門に到着すると、大勢の男達に囲まれながらも一人で奮戦する男の姿があった。喧嘩慣れしたその男は、迫り来る相手をなぎ払い、次々と倒していく。
「へえ、あいつ。強いな。あ、ここに座って観戦しようっと」
 膝上のあたりまで積み上げられたレンガブロックの花壇の縁に腰を降ろす梓。絵利香もその隣に腰を降ろす。
「こらあ。もっとしっかり戦わんか!」
 右手を振り上げて軍団の方を応援したかと思うと、
「おーい。少しは手加減しろよ。あっさりかたづいちゃ、つまんないぞ」
 メガホンのように両手を口の前で広げて、男の方を牽制する。
「どっちも頑張れ!」
 足を軽くぱたつかせながら、じつに楽しそうにしている。

 やがて喧嘩の決着がつく。結局男はたった一人で軍団のすべてをなぎ倒してしまった。
 肩で息をしながら呼吸を整えている男だったが、
「おい、そこの女」
 ふと振り向いて、つかつかと梓の方に歩み寄ってくる。
「なに?」
「てめえ、俺が戦ってる時に、手加減しろとか言ってただろう」
 喧嘩を終えたばかりで、まだ興奮冷めやらぬ表情ですごむ男。
「へえ、喧嘩しながらも、あたしの声が聞こえてたんだ。余裕じゃない」
「なめんなよ。こら」
 と肩を掴もうとしたその手を払いのける梓。
「喧嘩した手で触らないでよ、新しい制服が汚れるじゃない」
「梓ちゃん!」
「行こう、絵利香ちゃん」
 すっくと立ち上がり、スカートについた汚れを払って歩きだす梓。
「う、うん」
「待てよ、こら」
 梓の手をつかんで引き止める男。
「離してよ」
 男の手を振りほどく梓。
 梓と男が三十センチほど離れて対面する格好となった。身長差が歴然であり、男は百八十センチくらいで、百六十五センチの梓は、かなり見上げなければ男の顔を見られなかった。
「おめえ。良く見りゃ、まぶいじゃんか。どうだい、俺の女にならんか」
 右手で梓のあごを、くいと持ち上げるようにして、その美しい顔を眺めている男。
「汚い手で触んないでって、言ってるでしょ」
 男の右手を跳ね上げ、ぴしゃりと平手打ちをくらわす梓。
「行こう、絵利香ちゃん。こんな馬鹿、相手にしてらんない」
 絵利香の手を取って、再び歩きだす梓。
「て、てめえ。痛い目にあいたいのか」
「痛い目ってなんだ。魚の目のことか? 確か足の裏にできるやつ?」
 立ち止まり、横の絵利香に尋ねる梓。
「そうね、確かに痛いわよね。ってちがうでしょ」
 ぼけとつっこみを演じている二人。
「こ、このお。俺を馬鹿にしてるな。女だと思ってやさしくしてりゃつけやがりやがって」
 辛抱腹にすえかねて、いきなり殴りかかってくる男。
 しかし次の瞬間、梓は目にも止まらぬ速さで動いていた。振り出してきたその右腕にたいし、態勢を屈めて軽くかわしながら腕取り、重心のかかった左足を足払いする。思わず前のめりとなったところを、前進する勢いにのせて、一本背負い。梓の身体がばねのようにしなったかと思うと、男の身体は宙に舞って花壇の中へ投げ飛ばされる。あまりの素速さに受け身すらとれないまま、男は脳震盪を起こしてその場にうずくまった。
「女だと思ってなめてるから、こうなるんだよ」
 汚いものを触ってしまったわ。という表情で、手を擦りあわせぱんぱんと叩きなが
ら、汚れを落とすような仕草をする梓。
「あーあ。また、やっちゃったね。梓ちゃん」
「しようがないでしょ。襲いかかってきたんだから。正当防衛じゃない」
 ふんと鼻息を荒げ、胸を張って自分の正当性を主張する梓。
「ところで、大丈夫、このひと?」
「平気よ。喧嘩なれしてんだから。放っておいても気がつくわよ。行こう」
「う、うん」
 男が気掛かりなのか、時折振り返りながら、梓についていく絵利香。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



梓の非日常/序章 新入部員は女の子 (一)
2021.01.19

梓の非日常/序章 新入部員は女の子



(一)桜の下で

 埼玉県城東初雁高校。
 時は春。桜が満開に咲き乱れる校舎。正門前に立てられた、入学式という看板。そのそばを通り過ぎていく生徒と父兄達。その流れは、案内の教師に導かれるまま講堂へと続いていた。
 講堂の中では、各クラスごとに椅子が並べられており、背もたれには席順が記されている。生徒達は入学式案内書に記されたクラス及び席順を確認しながら、順序よく席についていく。
 その中にひときわ美しく異彩を放っている女子生徒がいた。透き通るような色白の素肌と腰までありそうなしなやかな細いロングヘアー。髪の根元の一部を可愛らしいりぼんでまとめている。
「う、美しい……」
「まるで、天使みたい」
「お、俺。同じクラスになりたかった」
 男子も女子も、息をひそめ、ため息をつきながら、その美しさに見とれていた。
 その美少女の前の席にいる女子生徒が、親しげに話し掛けている。どうやら仲良しの友達らしかった。
 やがて壇上に教師が立ち、入学式がはじまった。
 校長の長い説教が続く。
 かの美少女は、たいくつの表情を隠しもせず、手で口をおおいながら小さなあくびをしていた。
 プログラムも進み、新入生代表による答辞が述べられることとなった。その選出基準は入学試験の首席と次席成績者に与えられる。
「新入生代表、篠崎絵利香さん、真条寺梓さん。前へどうぞ」
 かの美少女二人が立ち上がった。

 入学式の終わった校庭。講堂からぞろぞろと生徒達や父兄が出て来る。
 校庭に机を置いて、それぞれのクラブが新入部員を獲得するために、大声を張り上げている。その片隅に空手部がコーナーを設けており、新二年生の部員がノートを広げていた。背後の看板には大きな文字で、
『空手部新入部員募集中!』
 と書かれている。
 ノートに目を落として、記帳してある新入部員の数を確認していた。
「まだ、たった三名か……今年は不作の年かな」
 伏し目がちの部員の視界に、白いソックスに小さな靴をはいた細い脚先が入って来る。
 部員が目を上げてみると、
「あの、いいですか」
 可愛い声を出したその脚の主は、真新しい女子制服に身を包んだ、講堂で注目を浴びていた、かの美少女だった。
「何かご用ですか? 行き先がわからないとか」
 ……うひゃあ、なんて可愛い娘なんだろう……
 頭上に咲き乱れる桜の大木から、はらはらと舞い落ちる花びらが髪や肩にかかるのを気にしながら、ふと長い髪をかきあげる梓。
 あまりの美しさに思わず声に出しそうになるが、ぐいとそれを飲み込んでいる部員。
「いえ、入部希望なんですけど」
「え? 空手部ですよ。ここ」
 空手部という猛者が集まるむさ苦しいクラブと、可憐な美少女という取り合わせに、確認をとる部員。
「女子は募集してませんか?」
「いえ。べつにかまいませんけど……でも、今のところ女子部員はいませんよ」
「構いません」
「そうですか……」
 なおも不審そうな顔をしながらも、
「じゃあ、ここにクラスと名前を書いて」
 と、ノートを開いてボールペンを手渡す。
「わかりました」
 その女の子は、ボールペンを受けとると、ノートに可愛い小さな文字で、
「一年A組真条寺梓」
 と書き記した。
「あの、そちらの方は?」
 かの美少女、真条寺梓の後ろには、講堂でしきりに話し掛けていた女子生徒が立っていた。
「いえ、わたしはただの付き添いです」
「そうですか……部室と道場の場所を記した簡単な案内図です。来週の月曜放課後に初会合を開きますので部室に集まってください」
 といって小さなメモを、梓に渡した。
「わかりました。それでは失礼します」
 梓は軽く礼をすると、その場所を離れた。
 ……しかし、可愛いなあ……
 後ろ姿を見送りながらため息をついている部員。二人が答辞を読んでいた事には気づいていないようである。二・三年生の席からは遠くて、双眼鏡でもないとはっきりとその表情を確認できなかったのだ。

 満開の桜の木々のしたをそぞろ歩く女の子二人。
「もう、梓ちゃんったら本当に空手部に入っちゃったのね」
「へへえ……でも、絵利香ちゃんだって、何もあたしと同じ学校に入らなくてもよかったのに」
「だって、幼馴染みじゃない。保育学校(nursery school)から中学までずっと一緒だったのよ」
 絵利香と呼ばれ、梓に親しげに語りかけるもう一人の女の子。名前は、篠崎絵利香という。
「でもさあ、小学・中学はパブリックスクールのお嬢さま学校だったのに、いきなり一般の公立の共学校に入るなんて、ちょっと心配しているんだ、わたし」
「お嬢さま学校には、空手部なんてないじゃん」
「まあ、そうだけど……」
「女ばかりの学校にいくのもいい加減うんざりしてたんだ。だいたいからして、家に帰れば三十人からの女性に囲まれて暮らしているのに、せめて学校くらいは男子のいるところに行きたいわよ。思春期だしね」
「そうなのか、梓ちゃんは、婿探しに共学校にいくのね」
「そうじゃなくって!」
「うふふ、冗談よ」
「でもさあ……」
「なに?」
「お母さんも、お祖母さんも、十八歳で結婚して子供産んでるのよね。まわりのあたしを見る目も、やっぱり十八歳で結婚するのを期待しているみたいなの。これって正直いって辛いわよ。うら若き十五歳の娘の将来すでに決まっているって感じ」
「真条寺家って女系家族だから、しようがないわよ。母親から娘へ、娘から孫娘へと、女子だけに継承される伝統があるんだから。梓ちゃんは真条寺財閥の正当な継承者なんだけど、それを次の世代に引き継ぐ義務もあるということよ」
「はあ……この話しはもうよそうよ。頭が痛くなって来るから」
「そうね」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



あっと!ヴィーナス!!第四部 第一章 part-5
2021.01.17

あっと! ヴィーナス!!(53)


part-5

 再びゼウスの神殿に戻った。
 ゼウスと女神たちが、口論している。
 ポセイドーンをどうするべきか?
 メデューサも許せない! 懲罰を与えるべきだ!
 などと、激しくやりあっている。
 このままギリシャ神話のままに事が進むと、メデューサは醜い化け物に変えられて、ペルセウスに首を掻き切られることとなる。

 ゼウスが弘美が戻ってきたのに気が付いた。
「おお、帰ってきたようじゃの」
「お、おお……」
 本当は帰りたくなかったのだが、約束は約束。
 しかも相手は全知全能の神なのだ。
 逃げ出すことはできないだろう。
「さてと……約束だ」
「分かっている」
「ささ、もっと近くに寄れ」

 もう駄目だと観念したその時、宝箱が目に留まった。
 浦島太郎なら、箱を開けた途端に煙が舞い上がって、爺さんになってしまうのだが……。
 だとしたら、自分も婆さんになるのか?
 いっそその方がいいかもしれない。
 ゼウスとて、婆さんになってしまった弘美には用がなくなるだろう。
 神通力で、元の若さに戻すこともできるのかもしれないが。
「どうにでもなりやがれ!」
 困り果てた弘美は、手元にあったポセイドーンから貰った宝箱を開けた。

 すると箱の中から白い煙が濛々と立ち上り神殿中に広がった。

 すでに弘美は観念しているが、神々たちは何が起きたのかと右往左往する。
「な、なんだこれは?」
 ゴホゴホと咳き込む神様たち。
「そうだ! アクアラング!!」
 そう言うと、弘美はアクアラングのレギュレーターを口に咥えた。
 もちろん愛ちゃんも同様である。
 やがて、煙は薄らいでゆく元の平穏な空気に戻っていった。
 神殿内に立ちすくす、茫然自失状態の神々だったが、気を取り戻してゆく。
 もう安全だと思った弘美はアクアラングを外した。
 途端にアクアラングは消えた。
「はて? 儂らは何を話し合っていたのかのう」
「何か討論していたような……」
「何故、わたしはここにいるのでしょうか?」
 弘美の存在に気が付くゼウス。
「おお! そこにいるのはファイルーZの姫君じゃないか?」
 ヴィーナスとディアナがいるのを見て、
「そなたらが連れて来たのか?」
「さ、左様にございます」
 ヴィーナス達も意識かく乱しているもよう。
「さて、一応要件を聞こうか」

 え?
 今までの事、覚えていないのか?
 激しく討論していたアテーナーもデメーテルも静かにしている。
 まるで、何で自分はここにいるのか? と煩もんしているようだ。
 宝箱の煙が、記憶を消したのか?
 それしか考えられない。
 アクアラングを付けていた自分たちは平気なのだから。
 もしかしてこれは、ハーデースの復讐の手助けと、自身のゼウスに対する雪辱?だったのではないか?
 後出しジャンケンの始末を図ったのであろうか?

 ゼウス達は記憶を失くしているに違いない。
 だとしたら、ここは強くでるに限る。
「ここにファイルーZがある!」
「おお、確かにファイルーZのディスクのようだな」
「ヴィーナスの話によると、こいつは世界美女名鑑みたいなものだろう?」
「うむ、言いえて妙だがその通りだな」
 完全に記憶消失にはならず、ファイルーZのことは覚えているようだ。
「非常に迷惑している。取り消すなり廃棄するなりして欲しい」
「ファイルーZに選ばれることは、光栄なことなんだぞ」
「こっちは迷惑なんだよ。俺はごく普通の人間なんだよ。いや、普通でいたいんだ!」
 激しく詰め寄る弘美だった。
 その勢いに押されたのか、たじろぐゼウス。
「わ、わかった。考慮しようじゃないか」
「考慮じゃだめだ!リストから消せ!」
 鼻息を荒げてなおも追及する。
「わかった……消すよ。ディスクをこちらに渡せ」
 弘美がディスクを渡し、受け取ったゼウスはディスクに火を点けた。
 空中に浮遊したポリカーボネート素材のディスクが高温になり融解した。
 それを見届けて、
「よし!」
 フンッ!
 勝負あったり!
 と、肩の荷を下ろす弘美だった。
「というわけで、帰ろうか」
「分かった!」
 ディアナが、天翔ける戦車を呼び寄せた。
「早く乗れ!」
 ゼウスがヴィーナスを呼び止める。
「いいか。前にも言ったとおりに、弘美の調教よろしくな」
「かしこまりした」
 相槌を打つヴィーナス。
 そしてディアナの所へ行く。
「何を話していた?」
 ディアナが尋ねるが、
「これから空は荒れるので、荒天準備せよ、だそうだ」
「なんだそれ?」
「いや、こっちの話だ。さあ、出発してくれ」
「分かった」
 一行が乗り込んたのを見て、天馬に鞭打つ。
「ハイよ~、シルバー!!」
 ふわりと舞い上がる天翔ける戦車。
 そして、弘美らを地上へと送り届けたのであった。

 数日後。
 晴れて地上に戻った弘美たちには、いつもの日常が戻ってきていた。
 3年A組の教室でのホームルームの時間。
 女神綺麗ことヴィーナスが教壇に立っている。
 不貞腐れた表情の弘美。
 なんでこいつがまだいるんだよ!
 という表情をしている。
「あなたが心身ともに可愛い女の子になるよう、教育係としての役目があるからね」
「くそー。ゼウスに、男に戻せって言えばよかった」
「残念でしたね。ゼウス様の愛人にならなくなったことに気を良くして、すっかり忘れていたみたいね」
 ディスクは燃やしても、データは運命管理局のコンピューターに保存されているので、いくらでも複製は可能である。
「ううっ。頭痛い」

 ヴィーナス、ディアナ、アポロン、ゼウス、ハーデース、ポセイドーン……。
 この調子で、さらに多くの神と出会うのかと思ったが。
 今のところお声がけはきていない。
 このまま、金輪際関わりたくないものだ。
「わたしがいるぞ!」
 と、ヴィーナス。
「おまえは、酒でも飲んでろ!」

 神と関わってしまった弘美の平穏を祈って、ひとまずこの物語を終わりとしよう。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



- CafeLog -