銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス V
2020.02.23

 機動戦艦ミネルバ/第六章 新造戦艦サーフェイス




 その頃、ミネルバが発進した造船所では、新造なったミネルバ級二番艦の【サーフェイ
ス】の出航式が執り行われていた。
「機関始動開始!」
「超伝導回路に液体ヘリウム注入!」
「浮上システムに異常は見当たりません」
 機関部より次々と報告がなされるサーフェイス艦橋。
 新艦長となったゼナフィス・リンゼー少佐が、造船所長官に挨拶をしていた。
「建造を急がせてしまって済みませんでした」
「なあに、いいさ。君もミネルバ討伐隊の司令官として責任重大だからね」
「これまで煮え湯を味合わせてくれたお礼は、倍にして返しますよ」
「まあ確かに、ミネルバを含むメビウス部隊によって、占領政策にもかなりの支障をきた
している。君達の活躍に期待しているよ」
「ご期待に沿うようにいたします」
 オペレーターが報告をしてくる。
「サーフェイス、出航準備完了しました」
「私は降りるとしよう」
「お手数をおかけしました」
「うん、しっかりな」
「それでは、行って参ります」
 下船する造船所所長に敬礼をしつつ見送るリンゼー少佐だった。

 やがて勇壮と造船所を出発してゆくサーフェイス。
「今度こそ互角の戦いができるぞ」
「砲弾一発で撃沈は辛かったですね」
「ああ、宇宙戦艦では、大気圏戦闘に特化したミネルバは倒せない」
「そのミネルバを早く探し出して雪辱を晴らしましょう」
「そうだな。が、どこをうろついているかだ」
「いずれ情報部から連絡があるでしょうが、パルチザンによて撹乱されていて、正しい情
報がなかなか集まらないらしいです」
「致し方ないな。こちらで独自に探し回るしかないということか」
「運まかせですね。うまく遭遇できれば良いのですけど」
「まあ、何とかなるだろう。何せ相手は、最新鋭の巨大戦艦だ。そうそう雲隠れできるも
のでもない」
「水中潜航を続けていたら?」
「何らかの作戦命令があれば、水中から出てくるだろう」
「そうですね」
「とにかく、いついつまでに掃討しろと期限は切られていないんだ。先は長いさ、のんび
りやろうじゃないか」
「はい、判りました」
「今頃、ランドール提督は何をしているのだろうな」
「噂では、援軍を求めるために銀河帝国へ向かったらしいです」
「銀河帝国か……。この戦いのキーパーソンだな」
「ランドール提督が、銀河帝国を味方に付けて戦いを挑んできたら、ひとたまりもないで
しょうね」
「例え有象無象の連中でも、作戦巧者の手に掛かれば百万馬力さ」
「司令!」
 オペレーターが突如として叫んだ。
「なんだ?」
「たった今、ラグーンのミサイルサイトが破壊されたとの報告がありました」
「たぶんミネルバでしょう」
「ラグーンか……とっくに現場を立ち去っているだろうが、方向性は掴めるだろう。よし!
急行しろ!!」
「全速前進!ラグーンへ」
ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ V
2020.02.22

第五章 アル・サフリエニ


                 V

 妹の自殺の知らせを、レイチェルから聞かされた時、ゴードンは号泣したという。
 唯一無二の肉親であり、幼少から自分が育ててきた可愛い妹の死は、連邦に対する激し
い憎悪となって燃え上がり、彼を復讐鬼へと変貌させてしまったのである。
 妹の無残死のことを知っている参謀達は同情し、彼の狂気を止めることはできなかった。
「敵艦隊全滅しました」
「よし。惑星に降下して、地上に残る連邦兵士も一人残らず一掃しろ」
 降下作戦が実行され、連邦兵士は掃討されていった。
 カルバキア共和国首都星ニーチェのハーマン・ノルディック大統領と会見するゴードン。
「いやあ、あなた方が救援に来てくださって、助かりました。感謝いたします」
「当然のことをしたまでです。連邦軍は徹底的に排除すべきです」
「しかし投降した艦まで攻撃を続けて撃沈したのは感心しませんね」
「我々には捕虜を収容するだけの余裕はありませんし、逃がしてやれば、態勢を整えてま
た舞い戻ってきます」
「国際条約に違反するのでは?」
「条約違反? 違反しているのは奴らの方じゃないですか。占領政策として連邦憲章にも
とずく新政策を実施しました。個人の自由を完全に無視している。連邦では当然のことで
しょうが、共和国においては何者にも束縛されない自由があったはず。それを連邦は……。
占領下にある女性達は、連邦の兵士相手に妊娠を強制されるという極悪非道の扱いを受け
ています。それを知らないと言うのですか?」
「いや、それは良く存じております。我が国の女性達もその制度を強要されるところでし
た。それがために救援要請を行ったのですから」
「奴らは自分達の国の制度が一番と信じて疑わず、占領した国家の制度をことごとく改変
しています」
「信じて疑わないから太刀が悪いですね」
「連邦の人間など抹殺されて当然です」
 それから二人は実務会議へと入った。
 カルバキア共和国の自治を将来に渡って維持するために、ウィンディーネ艦隊の一部を
駐留させる事。カルバキアは、ウィンディーネ艦隊への燃料・弾薬・食料の補給の義務を
負うこと。カルバキアの鉱物資源の採掘権の一部割譲などが取り交わされた。
 カルバキアにとっては不利な条件ではあるが、連邦の脅威が続いている以上、承諾する
よりなかったのである。
 鉱物資源大国カルバキア共和国を友好国とし、鉱物採掘権を得た。鉱物は精錬して含有
金属を取り出さなければならない。さらに造船所を確保して新造戦艦を建造して艦隊の増
強も図りたい。
 こうしてゴードンが次なる友好国とする候補が上がった。
「カレウス星系惑星トバへ行くぞ」
 惑星トバは、一惑星一国家という小さな国家ではあるが、鉱物資源を輸入して精錬加工
して輸出するという重金属工業都市であった。精錬した金属から戦艦を建造することので
きる造船王国でもあった。
 技術立国にとって、技術者がどれだけ大事だかは、フリード・ケースンのことを考えれ
ば一目瞭然のことであろう。たった一人で戦艦を開発設計できる能力者を失えば大きな痛
手となる。そして幸いにもそのフリードはタルシエン要塞に在中であるから、戦艦の開発
設計をやってもらい、惑星トバにて建造する。ゴードンの脳裏にはそういったプランが出
来上がっていたようである。
 しかしながら惑星トバは、共和国が滅んだ時逸早く連邦に組みして、自治権を確保して
いる。連邦としては無理に占領して、有能な技術者が逃亡するのを恐れて、自治権を認め
てその工業力を掌握することにしたのである。
 当然ながら、連邦はそれ相応の駐留艦隊を配備していた。
ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・20
2020.02.21

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・20



勇者「さてと、次の目的地はどこだ?」
王子「確か、サンペタに行く途中のローラの門に金の扉がありましたね」
勇者「そうだったな。まだ、その先を確認していなかった」
王女「あたしは初めてになりますね」
勇者「よし!行ってみよう」
ナレ「ローラの門の金の扉を開けて、旅の扉に入る一行」
勇者「と、飛んできたが……。どっかで見たことのある禿男とじじいがいるな」
王子「確かに来たことありますよ。出てみたけど、魔物が強すぎて退却した所ですよ」
勇者「おお、そうだったな。今のレベルで行けるだけ行ってみようぜ」
ナレ「オークの強力な打撃攻撃に苦労しながらも、無事に町にたどり着いた。入口に立つ
神父に聞いてみると」
勇者「ふうっ。何とかたどり着いたな」
神官「なんと、不吉な!あなたがたの顔には、死相が出ていますぞ。とても邪悪なチカラ
がとりついています。ああ、おそろしい……」
勇者「なんだと、このやろう。いきなり、そのセリフはねえだろ!!(殴りかかろうとす
る)」
王子「やめてください!(必死で止める)」
勇者「覚えておけよ。その面覚えたからな」
町人「水の都ベラヌールへようこそ。」
王女「ベラヌールって言うんですね。でも、とても広いです」
勇者「北の方に牢屋があるな」
衛兵「危険だから、ろうの中の男に近づいたりするなよ。」
勇者「そう言われると、是非とも話を聞かなきゃな。とは言っても、まずは牢屋のカギを
手に入れるしかないか」
王子「いつものように、時計回りに聞いて回りましょう」
王女「まずは、武具屋のところにいる二人ですね」
戦士「オレは『いなずまのけん』を探して旅をしている。その剣を使えば、オレのように
呪文を知らぬ男でも、稲妻を呼べるらしいのだ」
勇者「いなずまのけん……か。どこにあるのだろうな」
町人「デルコンダルにはいきましたか?なんでもルーラシアのずっと南の海にあるとか…
…。」
勇者「ううむ。ここも来る順番を間違えたようだ。おや、宿屋に顔見知りがいるぞ」
使者「おお、これは勇者さま!王さまからの伝言を伝えるため、お待ちしてしました。な
んでも、炎のほこらと呼ばれる場所に、太陽の紋章があるという話です!」
勇者「ご苦労だった。すでに知っているし、紋章も手に入れたよ」
町娘「あまつゆのいとを、せいなるおりきでおると、みずのはごろもができるそうよ。で
も、それをつくれるのは、世界で一人しかいないんですって!」
王女「教えてください!その人はどこにいらっしゃるのですか?」
町娘「……」
勇者「知らないようだな」
王女「どなたか、知っている人はいないのかしら」
王子「もっと情報を集めましょう。おのずと道は開かれます」
神父「自らを大神官などと名乗るハーゴンには、いつか必ず天罰が下るでしょう」
勇者「天罰?何をいまさら、ハーゴンを倒すのは、勇者である俺様だ!覚えておけよ」
王子「まあ、レベル上げして、ハーゴンの居場所を突き止めなければいけませんけどね」
兵士「うわさに聞くと、デルコンダルの王さまが月の紋章を持っているらしいぞ」
王女「やはりですね。この町に来るのが遅すぎました」
王子「もう、持ってますからね」
勇者「ところで、この柱が並んでいる建物は何だ?後ろの方にも通路が続いているようだ
が……」
牧師「ただしき神は、ただしき者の味方なり。わが教会にどんなご用でしょう?」
勇者「今のところ用はないぞ。後ろに何があるんだ?隠してもだめだぞ」
神父「おお神よ!この者たちにあなたのかごがあらんことを!」
勇者「聞いても無駄だな。強行突破しかないか」
王子「カギが掛かっています」
王女「金のカギで開けましょう」
ナレ「扉を開けて、一歩踏み込んだ途端」
勇者「げっ!バリアーがあった」
王子「油断しました。トラマナ!」
ナレ「バリアーを避けて通れる呪文を唱える王子」
勇者「おい!いつの間に、そんな呪文を覚えたんだ」
王子「ここへ来る途中でレベルアップして覚えました」
勇者「そういうことは、早く言えよな」
王子「す、すみません」
勇者「まあ、いい。先へ進むぞ」
ナレ「旅の扉を進んだ先にある階段を昇ると」
老人「このほこらの西にロンダルギアへ通じる道があるという。しかし、お若いの。その
道は、かなりけわしい。あせらずにな。」
王子「メモしておきますね」
ナレ「別れを告げて、階段を降りると」
勇者「あ、こんなところに『すばやさのたね』見っけ!ラッキー(*^^)v」
王子「戻りますか?」
王女「待って下さい!先ほどのおじいさんが、ロンダルギアへ通じる道がある、とおっし
ゃってましたよね」
勇者「なるほどな。隠し通路があるということか……。もう一度トラマナ掛けてバリアー
の南側を調べてみよう」
王子「はい。あ、ありましたよ。南に通路が」
勇者「でかしたぞ。通ってみよう」
王女「あ!魔物がいます」
魔物「キイ!キイ!いぢめないでくれよー!いいこと教えるからさー。サンペタの町に、
水の紋章があるって話だよ。」
勇者「そうか、ありがとよ。ふむ、外へ出てみるか。あれ?炎が揺らめいているぞ」
王子「違いますよ。あれは、人魂です。サンブルグ城でも見たでしょう?」
人魂「……。勇者の子孫よ。どこへ行こうというのか?今のままでは、おぬしをこの先に、
通すわけにはいかぬ。世界をめぐり人々の話に耳をかかむけるのだ。さすれば、きっと道
は開ける。」
王子「どうやら、なんか足りないものがあるようですね」
王女「たぶん紋章か、他の何かだと思います」
勇者「そうだな。魔物が言ってた。サンペタにあるという紋章を取りに行こう」
ナレ「取り急ぎサンペタに戻る一行」
勇者「サンペタに戻ってきたぞ」
王子「水の紋章があるということですよね」
勇者「だとしたら、焚火をしている老人のところに行く途中にある……ちっ、魔物がいる
にはいるが、牢屋に入っていやがるな」
王子「ここも牢屋のカギが必要のようですね」
勇者「急ぎ過ぎたか……もう一度、ベラヌールに戻って情報をさらに収集だ。まだ聞いて
いない人がいる」
ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -