あっと!ヴィーナス!!第三部 第一章 part-1
2020.12.14

あっと! ヴィーナス!!(34)


第一章 part-1


 ここは栄進中学3年A組の教室。
 ホームルームの時間、愛と美の女神ヴィーナスこと『女神奇麗』教諭が壇上に立っていた。
 この物語のヒロインたる相川弘美は、ヴィーナスに激しい怒りの視線を送っていた。
「おい!なんで、お前がいるんだ!!」
「私は教師だぞ」
「俺を女にしたんだから、もう用はないだろが」
「その言葉使いよ。身体は女の子になったけど、心は男の子のままじゃない」
「それがどうした。これが俺の性分だ」
「それがいけないのよ。まるで『男の娘』の言葉」
「しようがねえだろ。心は男なんだから」
「だからよ。あなたが女の子の心を持つまで、私が調教するわ」
「調教だと!?まさか、ボンテージ姿で鞭を手に『女王様とお呼び!』とか言って、ハイヒールを舐めさせたりする奴か?」
「何を言っているのか!?」
「世間の常識だろ?」
「とにかく!あなたが身も心も女の子になるまでが私の役目よ。男の娘じゃ、世間を渡ってけないわよ」
「なんとかなるさ。ほっとけ!アル中のくせに女神面するな」
「言ったわね!」
 などと、矢継ぎ早に繰り出される会話は、すべて以心伝心で行われているので、周囲の生徒達には伝わっていない。

 キンコーンカーンコン!
 となるチャイムの音。
「放課後教務室に来い!教諭命令だぞ!!」
「へいへい」

 放課後となる。
 幼馴染の双葉愛が話しかけてくる。
「帰りましょうか」
 家がすぐ近くなので、登下校はいつも一緒だった。
「あ、いや。女神先生に呼ばれてるんだ。先に帰ってていいよ」
「何の用かしらね?」
「時間が掛かるかもしれないから」
「分かった。先に帰るね」
「ああ、気を付けてな」
 名残惜しそうに別れて、一人帰路に着く愛だった。
 ちなみに天界での出来事は、ヴィーナスによって愛の記憶から消去されている。

 女神の執務室へとやってきた。
「何だよ。呼びつけやがって」
「とりあえず、これを渡しておく」
 と、手渡されたのは封書だった。
「何だよ、これは?」
「ゼウス様からの手紙だ。さしずめ、ラブレターというところだろな」
 聞くなり、ビリビリと封書を破る弘美だった。
「あ、こら!せめて中身ぐらい読めよ」
「知るかよ!!」
 と、ごみ箱に投げ捨てる。
「何が不満だよ。ゼウス様のお目にかなうだけでも栄誉なことだぞ。クレオパトラや楊貴妃のようになりたくないのか?」
「言ってろよ。結局、みんな悲劇の女王になってるじゃないか」
「そうだったけな……(とぼける)」
 その時、ヴィーナスのスマホに着信があった。
「おまえ、神のくせにスマホ持ってるのかよ」
「神だって、最新情報を集める必要があるからな」
 スマホに出る女神。
「なんですってえ!!」
 突然、大声を出す。
「な、なんだよ。ビックリするじゃないか」
「落ち着いて聞けよ」
「落ち着いているよ。動揺しているのはおまえだよ」
「双葉愛ちゃんが誘拐された!」
 耳を疑って、しばし声が出ない弘美。
「聞こえているか?」
 我に返る弘美。
「誘拐されたのか?またアポロンか?」
「アポロンは石になってるはずよ。今度は別の奴たと思う」
「誰なんだ?手がかりとかないのかよ」
「何もないが……おそらく、ゼウス様と関りがありそうね」
「また神がらみかよ」
「運命管理局に犯行声明文がメールで届いた」
「声明文?誰からだよ」
「まだ名乗っていない。犯行声明は一度だけでなく二度三度来るもの。一度目は犯行宣言、二度目に身代金要求、三度目に現金受け渡し方法という具合だよ」
「身代金誘拐なのか?」
「例えばだよ。まだわからん」
「愛ちゃんの家に行く!念のために確認だ」
 教務室を出て、押っとり刀で双葉愛の自宅へと急行する。
「愛ちゃんですか?まだ帰っていませんけど……弘美ちゃんは知らないの?」
 玄関に出た母親が、怪訝そうに答える。
 母親を心配させて、失敗したと思う弘美。
「いえ、何でもありません。勘違いでした」
 その受け答えが、母親を納得させるかは分からないが、そう答えるしかない。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11
あっと!ヴィーナス!! 第三部 序章 後編
2020.12.10

あっと! ヴィーナス!!(35)


序章 後編


 と、突然。
「あ!今動きませんでしたか?」
「そうかあ?」
 石像の指がピクリと動く。
「お!?動いたな」
「石化が解けるのでしょうか?」
「今にわかる」
 しばらく見つめていると……。
 手が動き、足が動き、そして目を見開いた。
「やりましたね」
 手を取り合って喜ぶ従僕だった。
 やがて、むっくりと起き上がる石像、いやアポロン。
「おまえらが石化を解いたのか?」
「は、はい!」
 目を覚ましたはいいが、異様な匂いに気付く。
 くんくん、嗅いだかと思うと……。
「この私に何をした?」
「じつは、斯斯然然(かくかくしかじか)……」
 と、先ほどの単行本を差し出して説明した。
「なるほど……この本の内容を真似てみたのか?」
「は、はい」
 さすがに、おしっこを掛けたまでは言いずらかったのだろう。その件は黙秘する。
「この洞窟の奥に泉があります。汚れを落とされては?」
「そうだな。案内せよ」
「こちらでございます」
 従僕に案内されて泉に到着し、沐浴をはじめるアポロン。
 そばでは、従僕がアポロンのために用意した衣装を抱えている。
 沐浴を終えて、その衣装を着込んで尋ねる。
「ところで、お前達はハーデースのところのものか?」
「左様にございます」
「私を助けたのは、何故だ?」
 と尋ねると、
「それは、ハーデース様に直接お聞きください」
「こちらです」
 というと洞窟の壁を叩いた。
 すると、壁がポロポロと崩れて扉が現れた。
「これが冥府への扉か?」
 従僕が扉を開けて、アポロンを誘う。
「どうぞお通り下さい」
「うむ、わかった!」

 ここは、ハーデースの地下神殿。
 主の席に鎮座しているのは、この神殿の主冥府の神ハーデースである。
 その周りを甲斐甲斐しく働くのは、骸骨やゾンビといったアンデッド。
 この冥府世界では、生きているものはいないから当然であろう。
 そこへ、ハーデースの従僕がアポロンを連れて入ってくる。
「おお、良く来たな。待っておったぞ」
「ハーデース様、ご機嫌は如何でしょうか」
 と、丁重に挨拶を述べるアポロン。
「まあ、堅苦しくするな。叔父甥の仲じゃないか」
「ところで、従僕をして私をお助けになられたのは、いかがなことでしょうか?」
 早速疑問を投げかけるアポロンだった。
「ああ、お主の叫びが届いたからだよ」
『ちくしょう!石化が解けたら、必ず復讐してやるからなあ。ハーデースと共謀して地の底へと追いやってやる』
「とか、心の中で叫んでいただろう?」
「聞こえていましたか?恥ずかしい限りです」
「うむ、まあな。どうじゃ、この際手を組まぬか?」
「手を組むとは?」
「そなたを石像にしたゼウスやヴィーナスに一泡吹かせてやろうじゃないか」
「それは結構なお話ではありますが、どうして手助けしていただけるのですか?」
 その内情を説明するハーデースだった。
「かつて、天地海いずれかを、三兄弟で誰が分担するかで議論になったのだが、いつまで経っても決着がつかなかったのだよ。それで、じゃんけんで決めようじゃないかとなったのだが……あやつめ後出ししやがってな」
「ゼウス様が、後出しですか?」
「ああ、抗議しようとしたら審判役のアポロンの奴が、『私は見ていませんでした。ゼウス様の負けです』とか言って、一方的に決められてしまった。ポセイドンはただ笑ってやがった」
「それで、地の世界に放蕩されたわけですね」
「ゼウスめ、アポロンと共謀して、長男のこの儂をこんな光の当たらぬ地の果てへ追いやったのだ」
「ご愁傷さまです。そのお気持ちよく分かります」
「そこでだな。耳を貸せ!」

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11
あっと!ヴィーナス!!第三部 序章・前編
2020.12.09

あっと! ヴィーナス!!


序章 前編


 ここはイタリアはローマの美術館である。
 深夜、そこへ侵入した二つの怪しい影。
 キョロキョロと辺りを探っている。
「この辺りだと思うんだが……」
「あれじゃないか?」
 広場の中央に設置された石像に駆け寄る。
 それは、ギリシャ神話で語られるアポロンの石像だった。
「これだ!これに間違いない!!」
 二つの影は頷くと、石像を台座から引きはがした。
 突然、鳴り響く防犯警報の音。
「やべえ!急ぐぞ」
 石像をヒョイと肩に担いで、運び出し始めた。
 しかし、さすがに石像だけにかなり苦労しているようだった。
 やがて聞こえてくるパトカーのサイレン。
「まずいな……」
「おい!あそこにあるのは、下水道じゃないか?」
 広間の隅に、マンホールの蓋を発見する。
「よし、ここから逃げようぜ」
 蓋を開けて、石像を慎重に下へと降ろす。
「蓋を閉めるのを忘れるな」
「分かってるよ」
 下水管に設けられた側道を伝っていずこかへと消える二つの影。

 ローマ郊外のとある洞窟。
 夕暮れとなり、たくさんの蝙蝠(こうもり)が出入りしている。
 その洞窟の奥の方に蠢(うごめ)く影があった。
「よっこらしょっと!」
 抱えていた石像を地面に横たえる影。
「何とか警察をまいて逃げてこれましたね」
 服の袖で汗を拭いながら安堵のため息を付いている。
「さてと……そいじゃ、取り掛かるとしますか」
 傍らに置いていたバケツから、何やら取り出して石像に塗り始めた。
「ちょっと臭いですね」
「我慢しろよ」
 それは、蝙蝠の糞だった。
「この方法で、本当に石化が解けるのでしょうか?」
「間違いないよ。冥界ジャンプで読んだ漫画に描いてあったぞ」
「それって確か……『Dr.石像』とかいう奴ですよね」
「おうよ。科学考証もかなり正確に描いているし、大丈夫だろう」
 さらに蝙蝠の糞を塗りたくる。
 石像の表面は糞だらけとなった。
「しかし……さすがに臭すぎます"(-""-)"」
「我慢しろよ」
 そして、一時間が経過した。
「変化ありませんね」
「ああ……」
 さらに、一時間経過。
「おかしいな……」
 と言いつつ、懐から一冊の本を取り出した。
「Dr.石像で確認してみよう」
 単行本だった。
 本を最初から読んで、石化を解く方法を改めて確認を始めた。
 石化解除薬は、硝酸と96度アルコールを3:7の割合で調合すると書いてある。
「やはり足りないようです」
「蝙蝠の糞だけではダメなのか?」
「でも石化した者が、強靭な意識を保てば硝酸だけでも可能と書いてあります」
「でもな……蝙蝠の糞が硝酸と言えるか?」
 石化が解けない像を見つめながら、意気消沈する二つの影。
「このままじゃ、帰れませんね」
「ああ、手ぶらで帰るとハーデース様に叱られて、最悪ケルベロスの餌にされちまうぜ」
「ひええ!堪忍してください」
 どうやら、この二つの影は冥府の神ハーデースの従僕のようである。
「何とかしなくちゃ。とにかくできうる限りのことをしようぜ」
「そうはいっても……」
 石像をじっと見つめる二つの影だった。
「なあ、ところで催さないか?」
「何をですか?」
「実はずっと我慢してたんだよ」
 といいつつ、ズボン?のジッパーを外した。
 そして、おもむろに石像に向かって放射したのである。
「ああ!そんな事したら……いいんですか?」
「何もしないでいるよりましだろ?何でもやってみる以外ないだろ」
「それはそうですが……」
「ほら、お前も出せよ。溜まってるんだろ?」
「分かりました。やればいいんでしょ」
 と、同じようにする。
 神の従僕に生理現象があるのかは謎だが……。

↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村



11

- CafeLog -