冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・31
2020.09.02

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・31


メニューへ

ドラマに戻る



ラダトーム

町娘「ラダトームの町にようこそ」
勇者「ラダトームか……なんか実になつかしい響きだ」
ナタリー「FC版ドラクエIの思い出でしょ」
勇者「もう、それを言うな。忘れてくれ。時計回りに情報集めしようぜ」
リリア 「広い城下町ですね」
町娘「魔王バラモスをたおしたですって?でも、バラモスなど大魔王ゾーマの手下のひと
りにすぎませんわ」
町男「われらの祖先は、ギアガの大穴を抜け、この地にうつり住んだそうだ」
リリア 「ここは教会ですね」
牧師「こんな夜ふけに、わが教会になんのご用じゃな?」
勇者「何もないよ。ただの顔見せだ。またな」
牧師「では、お気をつけて。神のご加護のあらんことを」
コンラト「夜ふけ?ここの世界には朝が来ないようです」
勇者「二階があるのか。上がってみよう」
ナタリー「牢屋みたいね」
リリア 「教会に牢屋?あら、中に足枷(あしかせ)付けられている人がいますわ」
勇者「(。´-_・)ン?どっかで見たことのある奴だな」
カンタタ「やや、あなたさまは!?私です。カンダタです!悪いことはできませんなあ。こん
な世界に落とされて、今ではマジメにやってますよ。そうだ!昔のお礼にいいことを教え
ましょう。ラダトームのお城には【たいようのいし】ってヤツがあるらしいですよ」
勇者「マジメにねえ……足枷はめられての牢屋入り。どう考えてもマジメになったとは言
えねえだろ。ちなみに、『かんだた』を漢字変換すると『犍陀多』になるな」
コンラト「犍陀多というと、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の主人公ですね。どちらにしても悪党
です」
ナタリー「次行きましょう」
町女「ここアレフガルドは、閉じられた闇の世界。ただ絶望があるだけですわ」
勇者「あれ?町の片隅にじっとしてる奴がいるな。立ちションか?」
町男「北の洞くつの奥には、すべてのものをこばむ底なしのひびわれがある。それこそが
魔王のツメあと。魔王がこの世界に現れた時にできたらしい」
勇者「魔王のツメあとか……。行ってみる必要があるな」
リリア 「ここの連棟の家は?」
子供「ぼく、呪いをとく勉強をしてるんだよ。みんなが呪いにかかったら、ぼくがといて
あげるんだ」
勇者「そうか……頑張れよ。ドラクエIのプレイヤーのためにな」
老人「雨と太陽があわさるとき、虹の橋ができる。古い言い伝えですじゃ」
コンラト「雨と太陽ですか。太陽の方は、カンダタの言っていた【たいようのいし】のことで
しょうか?」
勇者「うむ」
剣士「魔王は、絶望をすすり、にくしみを喰らい悲しみの涙でのどをうるおすという。わ
れらアレフガルドの人間は、魔王にかわれているようなものなのか……」
勇者「ここは宿屋か。泊まっている人がいるな」
宿人「くっ苦しい……!」
リリア 「どうしましたか?わたしが手当てしましょうか?」
宿人「ごはんの食べすぎで、おなかが苦しい……」
勇者「しばいたろか!ほっておけ!!」
剣士「ここを道ぞいに歩けば、、ラダトームのお城です」
勇者「よし、ラダトーム城へ行くぞ……と思ったけど、街道の南に建物があるな。
見落とすとこだったぜ」
町女「いのちのゆうびわは、生命の源。ゆびわをはめていれば、歩くたび体力がよみがえ
りましょう」
リリア 「その指輪、体力の低いナタリーさんにぴったりですね」
ナタリー「てか、どこにあるかも分からないのに?」
勇者「おい、ナレーション。どこにあるか、知っているか?」
ナレ「秘密です(^^♪」
勇者「だとよ。自分で探せってか……」


ラダトーム城

衛兵「ラダトームのお城にようこそ」
娘 「きっと、この国にも朝が来ると信じていますわ」
青年「このお城と海をはさんで、むこうに見えるのが大魔王の城です」
男子「お城の宝だった武器や防具を、魔王がうばって隠してしまったんだ」
女子「魔王でもこわいものがあるのかなあ……」
ナレ「宝箱が三つある部屋がある」
勇者「ちぇっ!空っぽだぜ」
リリア 「男の子の言ったとおりですね」
ナレ「西側階段を昇った所は宿屋のようであった」
宿主「かつては、ここにも多くの勇者さまがお泊りでした。だけど誰も帰ってこなくて、
空き部屋ばかりで……。うっうっ……」
宿人「うう…ギアガの大穴にもどって、このことをほうこくしなければ…だが、おそろし
くて外へなど出れない…うう……」
リリア 「この人、あのギアガの大穴にいた兵士のお仲間みたいですね」
ナレ「1階に戻る」
コンラト「北側の壁の切り欠きから外へ出られそうですよ」
男 「アリアハン!?どこかで聞いた名前だな。そうだ!そういえば、そこから来たって
いうおっさんが1人いたな!」
勇者「おっさんって誰だ?まさか……」
ナタリー「オルテガさんじゃないの?」
衛兵「この国は、精霊ルビスさまがつくったと聞きます。しかし、そのルビスさまさえ、
魔王の呪いによって、封じこめられたそうです」
リリア 「封じられた精霊ルビスさま……一応メモしておきますね( ..)φカキカキ」
炊事「ここは、お城の台所ですわ」
勇者「腹が減ったぞ。飯食わせてくれよ。かつ丼がいいな」
コンラト「最後の鍵の扉の先、バリアーの向こうに兵士がいます」
勇者「バリアーのあるところ重要情報ありだな。ナタリー、トラマナだ!」
ナタリー「うるさいわね!」
ナレ「トラマナ(ダメージ床回避)の呪文を使って、兵士の所へと行く」
兵士「大魔王ゾーマをたおすなど、まるで夢物語だ。しかし……かつて、この城にあった
という、おうじゃのけん・ひかりのよろい・ゆうしゃのたて。これらをあつめられればあ
るいは……」
勇者「おうよ。集めてやろうじゃないか!」
リリア 「ここの扉はなんでしょうか?」
コンラト「外に通じているようですね。台所のそばだから、勝手口?」
ナレ「外に出てみると東庭園とも呼ぶべき場所に出た」
リリア 「猫ちゃんがいるわ」
猫 「にゃ~ん」
勇者「なんだ。ただ鳴くだけかよ。情報とかアイテムとかくれねえのか」
ナタリー「でも、猫のいる場所を見てよ」
勇者「場所?」
ナタリー「ほら、城の内堀から1マス外れた場所にいるでしょ」
コンラト「そうですね。内堀に沿って歩けそうです。行ってみましょう」
ナレ「内堀沿いに歩いてゆくと、階段が見つかった」
勇者「なるほど、そういう仕掛けだったのか。たった1マスの罠というか、これに気付か
なければ永遠に謎は解けないというやつだ」
リリア 「猫ちゃんが、目印になっていたのね」
ナレ「階段を下りた部屋」
男 「なに?たいようのいし?そんな物は、ここにはないぞ。しかし、おかしなものじゃ
な。わしは、夢を見たのじゃ。この国に朝が来たとき、誰かがわしにその石をあずけに来
る夢をな……」
ナタリー「たいようのいし、ですってよ」
勇者「例の3つのアイテムの一つだな。う……む、俺の感だとこの城のどこかに隠されて
いると思うのだが」
ナタリー「ガンダタが言っていたわよね」
コンラト「城の中を良く観察してみましょう。隠し通路があるかもしれません」
リリア 「ちょっと台所の南側の壁がやけに厚いんですけど、変じゃありませんか?」
勇者「よし、調べてみよう」
ナレ「手探りで壁を調べると……」
リリア 「ありました!隠し通路です」
勇者「でかしたぞ。昇り階段があるな」
ナレ「二階の隠し部屋の宝箱から、勇者は『たいようのいし』を手に入れた」
勇者「こっちの樽の中から、550Gとすばやさのたね見っけ」
コンラト「そろそろ、王様に謁見しませんか?」
ナレ「ということで、謁見の間に続く二階への階段に戻ってきた」
勇者「その前に、ピカピカおじさんに会っておこうぜ」
MP翁「おお、はるか国より来たれり勇者たちに光あれ!(ピカピカ!)」
ナレ「一行のMPが全回復した」
勇者「よしよし、この爺さんはI・II・Ⅲと、いつもこの場所で頑張っているんだよな」
リリア 「でも、数百年にも渡ってご存命しているのかしら」
ナタリー「まさか、何世代にも渡って家系の仕事としてやってるんでしょ」
コンラト「さて、そろそろ……」
勇者「わかった。王様に会うとしようか」
ナタリー「謁見ね」
国王「うん?見知らぬ顔じゃな。そうか、そなたらもまた上の世界から来たと申すか。わ
しがこの国の王ラルスじゃ。わしの所に来るまでに、人々の話からおおよそのことは、聞
きおよんでいるであろう。もはや、この国には絶望しか存在せぬ……。しかし、そなたら
が希望をもたらしてくれるというなら、待つことにしよう。勇者が次のレベル…以下略」
ナレ「謁見を終えて階段を降りようとした時」
コンラト「あれ?南に門がありますよ」
勇者「よし、行ってみよう」
ナレ「そこは城の二階テラスのようであった」
神父「おや、見ない顔ですね。なんと、魔王をたおすため、上の世界からっ!?」
勇者「そうだよ」
神父「おお、やはり!しかし、不慣れな土地で、さぞや苦労をなさいましょう。おお、そ
うじゃ!これをもってゆきなされ!この地図があれば、すこしは役にたちましょう」
ナレ「勇者は、ようせいのちずをうけとった!」
神父「ようせいのちずを見て、大陸をくまなく歩けば、きっと道はひらけましょうぞ」
勇者「ようせいのちずか……。上の世界の地図とはまた別になっているのか」

ポチッとよろしく!

11
銀河戦記/鳴動編 第二部 第八章 トランター解放 Ⅶ
2020.08.29

第八章 トランター解放




「全艦全速前進! 敵の中央に潜り込め!」
 艦艇の絶対数で劣っている連邦としては、乱撃戦に持ち込んで同士討ちに誘い込むしか
ない。

 連邦の作戦行動に驚愕の反応を見せる伯爵。
「馬鹿な、ありえない!」
「多勢に無勢、気がふれましたか?」
 戦闘訓練では、向かい合っての撃ち合いが基本の帝国軍には、往来激戦など理解できな
かった。
 懐に飛び込まれて右往左往する間に同士討ちを始めた。

「思った通りだ。これで少しは長生きできるな」
「いつまで持ちますかね」
「ま、神に祈るだけの時間は稼げるさ」
「祈るのですか?神を信じているなんて意外です」
「俺は信じてはいないが、部下の中には一人ぐらいはいるだろう」
「ですかね」
「さてと、そろそろ反撃が来る頃だな」
 冷静さを保っている艦及び冷静さを取り戻した艦を中心に反撃を開始した。
 十五対二百五十では、まぐれ当たりでも損害率には大きな開きが出る。
 次々と撃沈されていく連邦艦。
「味方艦全滅!この艦のみになりました」
「敵艦にどれくらいの損害を与えたか?」
「およそ八十隻かと」
「まあ、よくやったというべきだろうな」
 帰る道を閉ざされている以上、降伏か玉砕しか選択肢はない。
「ようし!全速で敵旗艦へ迎え。ぶち当ててやる!」
「特攻ですか?」
「今更、降伏もないだろうからな」
「了解!機関全速、取り舵十度!」

「真っすぐ向かってきます!」
 正面スクリーンに、猛スピードで迫りくる敵艦に、伯爵艦は慌てふためいている。
「回避しろ!」
「取り舵全速!」
「だめです。間に合いません!」
 パネルスクリーンに目前に迫る敵艦。
「衝突警報!総員、何かに掴まれ!」
 と同時に激しい震動が艦内を襲った。
 艦内の至る所で、衝撃を受けて転倒する者が続出した。
「みんな無事か?」
「は、はい」
「艦内の損傷をチェックしろ」
「今調べているところです」
「敵艦はどうしたか?」
「粉々に砕け散ったもようです」
「こちらの装甲がより厚かったというところだな」
「それに敵艦はかなり損傷を受けていましたしね」
 被弾した艦艇に残る将兵達の救助が始められた。
 ある程度作業が進んだ頃合いを見てから、
「救助艦を残して残った艦艇を再編成してトカレフに向かうぞ」
 侵略を開始した。

ポチッとよろしく!

11
冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・30
2020.08.26

冗談ドラゴンクエストⅢ 冒険の書・30


メニューへ

ドラマに戻る


ゾーマ登場

勇者「あれ?なんか……お出迎えがきてるが」
男 「おおっ、勇者が、帰ってきたぞ!」
剣士「勇者だ!勇者が、魔王バラモスをたおしてもどってきた!」
少女「わーい、わーい!」
老人「これで…これで平和がやってくるのじゃな……」
町娘「おつかれさま……そして、ありがとう、勇者さん!」

剣士「さすが、オルテガの娘!若き英雄のたんじょうだ!」
少女「もう、魔王バラモスはいなくなったんだよねっ。これで魔物も、いなくなるのかな
あ。そしたら外へ遊びに行けるのに」
町娘「アリアハンにようこそお帰りなさいまし!バラモスをたおしたといううわさは、す
でにここにもとどいていますわ!」
老人「魔王バラモスをたおしてしまうとは……そなたこそ、まことの勇者じゃ!」
町男「さあはやく、お城に!王さまもきっとおよろこびでしょう!」
勇者「ちょっくら自宅に寄るぜ」
リリア 「王さまより先に、おかあさんに報告するのね」
ナタリー「マザコンだな」
勇者「ちがうわい!母の反応をみるだけだ」
祖父「勇者くらい、りっぱな勇者はおらん!このじいのマゴじゃ!」
母親「お帰りなさい、勇者。母さんは、うれしくてうれしくて……今のおまえの姿を父さ
んに見せたかったわ。ああ、勇者……」
ナタリー「ママのおっぱいはどうだった?」
勇者「うるせえ!」
青年「さあはやく、お城に!王さまもきっとおよろこびでしょう!」
勇者「ルイーダの酒場にも寄っていくか」
コンラト「あの、王さまに……」
剣士「おう!いっしょにいっぱいやるかい?冒険のあとの酒はかくべつにうまいぞ!オレ
も若かったころのは、武闘家、盗賊、僧侶を連れて、旅をしたもんよ。そのときの僧侶が
わがままで、けっこうこまったけどな」
ルイータ「バラモスをたおしたんですって?すごいじゃない!さすが、私がみこんだだけのこ
とはあるわね」
修女「これで世界中の人びとがすくわれることでしょう。心より、感謝いたしますわ」
勇者「二階に上がろう」
剣士「さすがオルテガの娘!若き英雄のたんじょうだ!」
詩人「あなたこそ、まことの勇者です!」
兵士「バラモスがいなくなったって、オレの仕事はかわらないのさ」
勇者「城下町はこれくらいでいいだろう。城の中に入るか」
ナタリー「やっとこさか」
ナレ「城に入る勇者達」
大臣「これでまたアリアハンの名が世界にとどろくだろう!めでたい!実にめでたい!」
国王「おお、勇者よ!よくぞ魔王バラモスをうちたおした!さすがオルテガの娘!国中の
者が勇者をたたえるであろう。さあ、みなの者!祝いのうたげじゃ!」
ナレ「宴がはじまろうとした瞬間!」
勇者「な、なんだ!地震かあ!?」
ナレ「城内が激しく揺れ動く。そしてどこからともなく……」
声 「わははははははっ!よろこびのひと時に、すこしおどろかせたようだな。わが名は
ゾーマ。闇の世界を支配する者。このわしがいる限り、やがてこの世界も闇に閉ざされる
であろう。さあ、苦しみ悩むがよい。そなたらの苦しみは、わしのよろこび……」
勇者「話が長い!字数制限があるんだから、簡潔明瞭にしろ!」
ゾーマ「す、すいません(*- -)(*_ _)ペコリ……ちがう!!」
ナレ1「つづきます」
ゾーマ「命ある者すべてを、わが生けにえとし絶望で世界をおおいつくしてやろう。わが名
はゾーマ。すべてをほろぼす者。そなたらが、わが生けにえとなる日を楽しみにしておる
ぞ。わははははははっ…………」
ナレ「やがて震動はおさまり静かになった」
国王「なんとしたことじゃ……。やっと平和がとりもどせると思ったのに……。闇の世界
が来るなど、みなにどうしていえよう……。勇者よ、大魔王ゾーマのこと、くれぐれも秘
密にな……。もうつかれた……。さがってよいぞ……」
大臣「おいたわしや。王さまは、すっかりおちからをなくされたようじゃ。王のかわりは、
しばらくわしがすることにしよう。勇者が次のレベル……」
勇者「ふう……。ゾーマか……裏ボスの登場ってやつか?また最初からか……」
リリア 「各地を巡って情報集めが必要ですね」
青年「バラモスは、本当にたおされたんですよね?」
勇者「もちろんだ!!」
青年「そうですよね。では、この消しようのない不安は、なんなのでしょう」
コンラト「どうやら緘口令(かんこうれい)が敷かれているようですね、ゾーマという大魔王が現れたことは、
町民には内密にされているようです」
老人「たしかにバラモスはいなくなったが……それで平和が戻ったっといえるのじゃろう
か?」
四人「…………」
勇者「さて、ポルトガに寄ってみるか。いや、なんとなくだが」


ポルトガ

カルロス「ふたたび、サブリナの顔を見られるなんて。聞けばすべて、あなたがたのおかげ
とか…本当にありがとうございました」
サブリナ「ああ、私のカルロスに、また会えるなんて……。ありがとうございました。そうで
すわ!お礼に、この『ゆうわくのけん』をさしあげましょう。私の家に昔から、伝わるも
のですけれど…ゆうわくのけんは、女だけが使える不思議な剣なのです」
ナレ「勇者は、ゆうわくのけんを手に入れた!」
勇者「これこれ、これなんだよ!このゲームで女性が有利な点だよ。ただ、俺には装備で
きないのが難点なんだが……ほれ、コンラッドにやる!」
コンラト「ありがとうございます(装備した)」
カルロス「私が少しばかり剣のウデに自信があったために、いい気になって魔物に戦いをいど
み…しかし、とうてい魔王のところまではたどりつけず、結局恋人までまきこんでしまい
ました。恋人ひとり守ることもできずに、なにが剣士でしょう。あなたがたこそ、まこと
の勇者。心よりそんけいいたします」
ナタリー「なあ、勇者」
勇者「なんだよ」
ナタリー「バラモス倒してイの一番にここへ来て、ゆうわくのけんを手に入れたわね。さては
攻略本持ってるわね」
勇者「持ってねえよ。というか、FC版プレイした経験だよ」
ナタリー「はん?FCプレイした事あるなら、バラモスやゾーマの事も知ってたでしょ?」
勇者「いやなに、何せプレイしたのが30年以上前だかんな。忘れもするさ」
ナタリー「30年前って……あんた今何歳よ」
勇者「こうみえても16歳の女の子だぜえ。どうだ参ったか('ω')ノ」
ナタリー「なによ、+14歳はどこから持ってきたのよ」
勇者「そ、それはだな……前世からだよ」
ナタリー「前世ねえ……だったら、30000Gの借金も覚えているわよね」
勇者「なんのことだよ?」
ナタリー「冗談ドラゴンクエストIを読めば分かる」
勇者「w(゜o゜*)wマジ!?……覚えてねえよ。別の世界の前世じゃないのかよ」
ナタリー「(-_-メ)……まあいいわ。で、これからどうすんのよ」
勇者「そ、そうだな……ショニンの町に行ってみよう」


商人の町(革命後)

ナレ「ということで、商人の町にやってきた」
勇者「ショニンがどうなったか確認しようぜ」
コンラト「まだ、牢屋でしょうか?」
ナレ「牢屋はもぬけの殻だった」
リリア 「すると屋敷の方かしらね」
ナレ「屋敷では、ショニンを囲んで相談事の真っ最中だった」
男 「では私に、この町を?」
ショニン「そうなの。わたしのかわりに、ここをお願いしたいのよ」
男 「しかし……」
老人「おまえならできる。町のみんな協力する、いってくれた」
男 「そうですね…わかりました!私にどこまでできるかわかりませんが……」
ショニン「ありがとう。よろしくたのむわね」
男 「はい!」
勇者「おお、どうやらショニンが解放されたみたいだな」
男 「私はショニンさんをそんけいしています。この町は、私たちが必ず守っていきます
よ」
老人「わしとショニンつくったこの町、ここまで大きくなった。そろそろ親もとはなれて
ひとり立ちするとき」
ショニン「勇者…私は、この町を出ようと思うの。この町には、もう私のちからはいらないみ
たい。ねえ勇者、私をもう1度あなたの仲間にいれてもらえないかしら?アリアハンのル
イーダの酒場でまってるから……もし連れていってくれるのなら、声をかけて。じゃあ、
またあとで…ね」
ナレ「ショニンはそういうと、席をはなれて出ていった」
ナタリー「……ですってよ。どうする?仲間の誰かを外してショニンと入れ替える?」
勇者「そうだな……俺が外れるから、おまえら仲間にしてやれよ」
リリア 「だめですよお。勇者はパーティーから抜けることはできませんわ」
勇者「そうか……残念だな。ではゲームクリア後に考えることにしよう」
コンラト「なんのことですか?」
勇者「いや、なんでもない……さて、これからのことだが……」
ナタリー「リリア、これまで集めた情報から、何かヒントになるものはない?」
リリア 「ちょっと待ってください…………………………」
勇者「長いな……」
コンラト「当たり前ですよ。これまでの膨大な情報から探り当てるのですから」
リリア 「ありました!」
勇者「なんだ?」
リリア 「最後の鍵を持っていた、浅瀬の祠の骸骨さんが言っていました」
骸骨「私は、いにしえを語りつたえる者。イシス砂漠の南、ネクロゴンドの山奥にギアガ
の大穴ありき。すべての災いは、その大穴よりいづるものなり」
リリア 「すべての災いとは、魔物たちも含まれていると思います」
コンラト「なるほど、自殺の名所が魔物たちの巣窟に続いているというわけですね」
ナタリー「調べる必要があるわね」
勇者「よし、行ってみよう」


ギアガの大穴

ナレ「ということで、ギアガの大穴へとやってきた」
兵士「大変だ!ものすごい地ひびきがして、ひびわれが走ったのだ。なにか巨大なものが
この大穴を通っていったようなのだ!そして、私のあいぼうがこの穴に……ああ!」
勇者「よし!俺らも穴に飛び込んでみよう」
ナレ「そこは船着き場になっていた」
船頭「おや?またお客さんか。そうか!あんたも上の世界から、やってきたんだろう!こ
こは闇の世界、アレフガルドっていうんだ。おぼえておくんだな」
勇者「アレフガルド?どっかで聞いたような名前だな。といいつつ箪笥の中から、ラック
のたね、見っけ!」
少年「ここから東に行くとラダトームのお城だよ。あのね。父さんが、船なら自由に使っ
ていいって」
勇者「船を使ってもいいとな!?」
リリア 「ご厚意に甘えて、使わせていただきましょうよ」
勇者「そうだな。全員乗り込めえ~!」
ナタリー「東へGO!よ」
ナレ「船着き場を東へ出ると、まだ名も知らぬ大陸のそばに浮かぶ小島だった」
コンラト「ここがアレフガルド?」
リリア 「そうみたいね」
勇者「世界地図を見てみるか」
ナタリー「だめね。世界が違うから、前の世界地図は役に立たないわね」
勇者「となると手探りということか……」
ナタリー「上陸して、お城なり町を探しましょう」
ナレ「船を大陸沿岸に接弦させ、上陸する一行。と早速の魔物の襲撃に出くわした」
勇者「うごくせきぞうとサラマンダーか。いてこましたれや!!」
ナレ「サラマンダーの激しい炎攻撃に苦戦するも何とか倒した」
勇者「ふうう……。やっと倒せたぜ。さすが、銀河戦記/鳴動編のアレックスの旗艦の
守護神だけあるぜ」
ナタリー「なに言ってんのよ!」
ナレ「やがて、目の前に荘厳な城が見えてきた」

ポチッとよろしく!

11

- CafeLog -