全身性エリテマトーデス
2020.01.01

○月○日 全身性エリテマトーデス

 自己破産の手続きが進む中、大学病院へも行かなければならない。
 膠原病などと診断をくだされると緊張する。
 いったいどんな病気なんだ?
 早速紹介状を持って、埼玉医科大学総合医療センターを受診する。
 何せ大学病院である。
 診療科が無数にあると言っても良い。
 どこを受けたらよいのか判らないが、ともかく総合受付で手続きをする。
 で、リウマチ・膠原病内科という診療科を受診することになった。
 自己免疫疾患を専門に扱っている科であることが後に判明する。
 午前中は問診から始まって、血液検査・尿検査・レントゲン・心電図……と検査が続く。
 午後に入って、検査の結果が集計されて医師の元に戻されて、診察結果が報告される。
「血液検査の結果が出てますが……」
 と一息ついてから、
「このような状態で、今日までよく生きてこられましたね。普通なら、余命3年以内とい
う宣告を出しますよ」
 と驚きの報告が出された。
「よ、余命3年以内!?」
 免疫に関わる白血球などの数値が極端な異常値を示し、止血作用のある血小板などは正
常値最低限の十分の一しかない。大怪我などしたら血が止まらず出血多量で死亡の可能性
大。
 肝臓や腎臓に関するデータも、仰天するほどの数値を示していた。
(AST、ALT、γGTP=肝臓。eGFR=腎臓、など)
 数値だけを見れば、急性肝炎・肝硬変。糸球体腎炎・ネフローゼなどが疑われると……。

「全身性エリテマトーデスが疑われます。入院しての精密検査と治療が必要です」
 はじめて聞かされる病名だった。
 入院治療が必要と聞かされても驚かなかった。これまで何度も入退院を繰り返してきた
のだ。また一回増えるだけである。
 病気の簡単な説明が行われる。
 自己免疫疾患の一つで、自分自身に対する抗体ができて、免疫機能が自分自身を攻撃し
てしまうという難病だそうである。
 明確なる根治治療方法はなく、対症療法しかないらしい。
 クローン病に続く、二つ目の特定疾患を発病したことになる。
 他にも、抗リン脂質抗体症候群も合併していることを説明された。

 とにもかくにも入院は決定。
 入院申込書を貰って、一旦入院のための準備のために自宅に戻る。

 翌日、改めて生活保護の申請のため市役所へ。
 病院に書いて貰った診断書を持って、市役所で入院治療となる事を報告する。
 自己破産の手続きの申請書のコピーを提出して、自宅売却の手続き中のことも報告す
る。
 早急の入院が必要とのことで、急迫保護手続きが取られることになった。

 即座に生活保護による医療券が発行されて、それを保険証代わりに提出すれば治療費
(保険適用分)が全額無料となるものだった。
 というわけで、埼玉医科大学総合医療センターに入院することになったのである。

あっと!ヴィーナス!!第二部 プロローグ
2019.12.31

あっと! ヴィーナス!!(14)


第二部


プロローグ

ナレーション
再び天上界。
オリュンポスの頂きにそびえ立つ神殿の玉座に鎮座するゼウス。
神々の王。全知全能の神。神と人間の支配者。
ゆえに彼の意志は掟であり、気まぐれは運命と言われる。
彼はまた大変な浮気者であった。
姉であり妻であるヘラの目を盗んでは行幸を重ねていた。
その姿を変えて……。

ゼウス
ところでディアナ。最近ヴィーナスの姿が見えないが知っておるか?

ナレーション
神の酒(ネクタル)と神の食物(アムブロシア)を口に運びながら、
壇上から見下ろすそこには、天空の女神アルテミスことディアナがかしこまって
傅いていた。

ディアナ
存じませぬ。ヴィーナスとは犬猿の仲であります。
(実は知っているが。ここは黙っていた方がいいと黙っている)

ゼウス
うむ……。そうであったな。
ところで、例の件であるが、どうやらヘラに知られてしまったらしい。

ディアナ
……と申しますと、ファイルーZでございますな。

ゼウス
その通りじゃ。
どこから秘密が漏れたのかは判らぬが……。

ディアナ
……ヴィーナスだよ。(そう思うが口には出さない)

ゼウス
おまえも知っていると思うが、わしゃあヘラには頭が上がらん。
今頃、わしの計画を潰そうと、策を巡らしているに違いない。
何とかならんか?

ディアナ
ヘラ様が、ファイルーZの存在をお気づきになられたとなれば、
必ずやその対象を拉致監禁なさる可能性がございます。

ゼウス
だろうなあ。
そうじゃ、お主。
時の充まで、ボディーガードとして、そのもののそばに参っておれ。
いいな。

ディアナ
御意にございます。

ナレーション
深々と頭を垂れて玉座を離れて退室するディアナ。
神殿の入り口にディアナが出てくる。
空をつと仰ぎため息をつきながら……。

ディアナ
参ったな……。
ヘラ様のお気持ちも判るし、ゼウス様の意志には逆らえない。
それもこれも、あの飲んだくれのせいだ。
ともかく御意が下った以上従うまでだ。

暗転

ナレーション
ところ変わってここはゼウスの妻ヘラの神殿である。
壇上に怒りくるった表情のヘラがいる。
いらいらと壇上を右往左往している。
そこへ一人の神子が駆け込んでくる。

神子 D
ファイルーZの居所がわかりました!
証拠写真も、ほれこの通り。(と写真を手渡す)

ヘラ
(写真を受け取って)でかしたぞ。
(しばらく写真を眺めてから)
アポロ! アポロはおらぬか。

ナレーション
そこへ神子を右脇に抱えるように連れ添い
(その手は神子の胸元をまさぐっている)
左手にカクテルグラスを捧げ持つようにして、アポロが登場する。

アポロ
お呼びですか?
お母さま。

ヘラ
用があるから呼んだのです。
しかしその格好はどうにかならんのか。

アポロ
これ? 可愛い娘でしょう。
すぐそこでひっかけました。
(と神子の衣装の胸元をはだけると豊かな乳房が露になる)

神子 E
…………。(乳房を露にされて恥ずかしがっている)

ヘラ
さすがゼウスの息子。血は争えないか……。
まあ、それはどうでもよい。
おまえに命令を与える。
この写真の娘を拉致して我が元へ連れてくるのじゃ。
(と指先で写真を弾くと、それは宙を舞ってアポロの手へ)

アポロ
(写真を眺めて)この娘が何か?

ヘラ
どうやら次の浮気の相手のようだ。

アポロ
ほほう。相変わらず女に手を出されているのか。

ヘラ
人のことを言えた身分か!
(とアポロが抱えている神子を見つめて)
まあ、いい!
とにかく、その娘が十六歳になるまえに拉致するのじゃ。

アポロ
十六歳というと成人する前ということですね。

ヘラ
そうだ!

ナレーション
天上界では、十六歳を成人として扱い、それ未満の婦女子には
手を出してはならないという暗黙の了解があった。
それはゼウスをしても破ることのできないものだった。
ゼウスは運命管理局が管理しているファイル。
これから生まれ出る予定の人間達の中でも、絶世の美女として生まれる運命と
なっている娘のファイル。それをファイルーZとして、
時の充まではと管理しているのであった。

アポロ
拉致ねえ。わたしだってただ働きは遠慮したい。
もし私の気に入ることになれば……。

ヘラ
ああ、かまわぬ。妻にでも何にでもするがよい。
ゼウスにだけは、いいようにさせなければよいのじゃ。

アポロ
ならば、結構。
では、さっそく。(神子を抱えたまま退場)

ナレーション
さて諸君もご存じの通り、このアポロはゼウスの最初の浮気の相手とされる
レトが産んだ双子の一人で、姉(妹?)がディアナである。
なぜか彼が恋する相手は悲劇を迎える。
月桂樹となったダフネ。
ヒヤシンスの花にまつわる美少年ヒュアキントス。
他にもシビュレーやカッサンドラーなどなど。
それがゆえに常に新しい恋を求めてさまよう。
なお、アポロとはディアナ(ダイアナ)と同じく英語名。

役者は揃った。

ゼウスの命を受けたアルテミスことディアナ。
かたやヘラの命を受けたアポロ。
この兄妹とヴィーナスを交えて、物語は波乱の様相を呈してきた。
さて、これらの神々の下。
我らがヒロイン。
相川弘美ちゃんの運命は?
期待が膨らむ中、第二部がはじまる。
ポチッとよろしく!

11
肺炎・胸膜炎
2019.12.31

○月○日 肺炎・胸膜炎


 そんな忙しい毎日を暮らしていたのだが……。

 その日は朝から体調がすぐれなかった。
 やけに寒く感じていた。
 ストーブにかじり付きでも、一向に身体が温まらなかった。
 咳がひんぱんに出て、胸も締め付けるような痛みがあった。
 念のために体温を測ってみる。
 39度。
 風邪かインフルエンザか?
 尋常ならざる事態に陥っていることは確かなようだ。


 4度の入院を体験しての実感だった。
 そう……腸閉塞で3度目の入院があったのだが、同じ内容を書くのも……

 早速病院へ向かう。
 前回までの治療費滞納はあったが、取りあえずは診療が可能であった。
 今までは消化器外科だったが、今回は明らかに内科であろう。
 あの主治医とは、はじめて担当が代わることになる。
 内科を受診して医者は、レントゲン写真を見せながら言った。
「肺炎と胸膜炎ですね」
 え?
 耳を疑ったが、レントゲン写真は明確な答えを示していた。
 肺の映像が、蜘蛛の巣状の白い影で完全に覆われていた。
 胸膜炎である。それに肺炎を併発していた。
 以前、肺の影が薄いと診断されたことがあったが、それが具現化してしまったというわ
けである。

 肺炎と胸膜炎。
 後で知ったことであるが、全身性エリテマトーデスの合併症として有名な病状である。
 主治医もそのことは良く知っていたらしく、
「膠原病です。埼玉医科大学総合医療センターで、精密検査を受けた方がいいでしょう。
紹介状を書いておきましょう」
 ということになった。
 埼玉医科大学総合医療センターは、リウマチ(膠原病)ではかなり有名な病院だそうで
ある。

 レントゲン写真で、肺炎と胸膜炎であることは明確だったので、すぐさま治療が開始さ
れ順調に回復してゆく。
 膠原病の治療も必要だったのだろうが、この病院ではそれができない。
 膠原病の専門家でない医師が下手に治療をすると、病状を悪化させるだけである。
 ここでは肺炎と胸膜炎だけに絞って治療が行われた。
 そして退院の日を迎える。
 またしても診療費は「ごめんなさい!」である。

- CafeLog -