あっと! ヴィーナス!!第二部(31)

第二章 part-9 「ふわっはっは!これは参ったな」  と大笑いするアポロ。  キョトンとする弘美。 「そいつが、愛をさらった誘拐犯のアポロよ」 「それは本当か?」 「インディアン、嘘つかない……」 「ローン・レンジャーかよ」 「いやね、神夜映画劇場で地上放送の再放送やっているのよ」  ヴィーナスが解説する。 「なんだよ、その神夜映画劇場ってのは」 「知らないのかよ。天上界で人気の映画シリーズだぞ。天上界でも地上界の放送番組と契 約して再放送しているんだよ。今大人気なのが【神劇の巨人】というアニメだな」  今度は、ディアナが説明する。 「知るわけねえだろ!天上界のことなんか」 「だよな」 「そんなことどうでもいいだろ?こいつが、アポロなんだな?」 「それは間違いない!!」  ヴィーナスとディアナがほぼ同時に答えた。 「やい!アポロとやら、愛を返せ!!」  単刀直入に詰問する弘美。 「ほう……。なかなかシャイな娘だね」  反対の異義語で答えるアポロ。 「君って面白いね。たまには風変わりなのもいいかもな」 「返すか返さないのか、どっちなんだ!?」 「そうだね……。君が僕の妻になってくれるというなら、考えてもよい」 「つ、妻だとお!?」  顔を真っ赤にして激怒する弘美。  アポロの思惑はこうだろう。  ゼウスのお気に入りである、ファイル−Zの娘を自分の妻にすることで、ゼウスに一泡 吹かせてやろうということだ。  人間には寿命があるので、いくらでも代わりの相手はいる。 「ふざけるなあ!」  というとアポロの胸倉をむんずと掴み、勢いよく背負い投げをぶちかました。  それは見事に決まり、 「一本!それまで!!」  ヴィーナスが宣言する。  床にもんどりうって転がるアポロは、一体何があったのかという表情をしている。 「ふん!」  どうだ、参ったか!  というように勝ち誇る弘美。
     

11