機動戦艦ミネルバ/第五章
 ターラント基地攻略戦(6)

 A班は、リーダーのオーガス曹長を中心にして、地図を広げながら作戦会議を行っていた。
「ポイントは密林の中央に広がる湿地帯だな。これをいかに利用するかに、作戦成功の鍵が秘められていると言っても過言ではないだろう」
「敵を湿地帯の中へ誘い込むのですか?」
「そういう手もあるが、俺は逆のことを考えている」
「逆といいますと?」
「例えば、脳細胞の単純なナイジェル中尉などは、猪突猛進で真っ直ぐ俺たちの班に向かってくると思う」
「まあ、それは言えてるかも知れませんね」
「そこでだ。我々はわざと湿地帯を中を通って、ナイジェル中尉の背後に回り込んで奇襲を掛けることができるだろう」
「つまり最初のターゲットはナイジェル中尉というわけですね」
「その通りだ。性格も良く判っているし、どう動くかも予想がつき易い」
「ところでサブリナ中尉は、どちらに動きますかね?」
「判らんが、心配しても仕様がないだろうし、こちらが湿地帯を突き進んでいることまでは想像もしていないだろうし、空になったベースキャンプで地団太踏むだけさ」
「ハイネ上級曹長の班は?」
「対角線上側にいる相手は、とりあえず考えなくてもいいんじゃないかな。我々がハイネ上級曹長と一戦交えるのは、ナイジェル中尉を片付けてからだ」
 という具合に作戦会議に余念がない。

 それに対して他の班は、武器や機体のチェックに余念がない。
 A班が作戦に固執しているのに対して、他の班は直接戦闘に関わることを考えているようだった。

 ミネルバの艦橋のスクリーンには、そんな各班の動きがモニターされて投影されていた。
「A班は余裕ですね」
「まあ、考えは人それぞれですから」
「艦長。時間です」
 オペレーターが戦闘開始時刻を告げた。
「はじめてください」
 フランソワのその一言によって、戦闘開始の狼煙があがる。
「AからD班、戦闘開始せよ」
 通信を入れるオペレーター。
 勇躍として密林へと繰り出していく各班のモビルスーツ隊。
 オーガス曹長のA班と、ナイジェル中尉のB班が、互いに接近するように進撃していた。そして、中間点に差し掛かる頃、作戦通りに湿地帯に迂回するA班だった。B班の背後に回り込む作戦を実行していた。
 その頃、ハイネ上級曹長はまったく動かずに、何やら工作活動らしきことをやっていた。
 そしてサブリナ中尉はというと……。
「ナイジェル中尉、聞こえるか?」
『何か用か?』
 B班のナイジェル中尉と通信回線を開いて交信中だった。
「提案があるのだが」
『提案?』
「ここは一つ共同戦線といかないか?」
『共同戦線だと?』
「そうだ、四班入り乱れての戦闘は何が起こるか判らない」
『まあ、そうだろうな』
「そこでだ。我々二班が共同でオーガスかハイネのどちらかを叩く。数の上で二倍になるから勝利は確実だ」
『ルール違反にならないか?』
「いや、この戦闘訓練の作戦概要の禁止条項には含まれていない」
『いいだろう、共同戦線といこう。で、どちらから仕掛ける?』
「オーガス曹長の班を先に叩く」
『ふん。それもいいかも知れないな。こしゃまな口を塞いでくれるわ』
「奴は、湿地帯の中を通って、B班の後背に回り込む作戦だ」
『湿地帯だと? なるほど奴の考えそうなことだな』
「湿地帯から上陸する出鼻を森に潜んで集中攻撃すればひとたまりもないだろう。私は、湿地帯の中にいるものや、逃げ込んでくるのを攻撃する」
『なるほど、いい作戦だ』
「そちらの攻撃開始を合図に、こちらも攻撃を開始する」
『わかった。多少こちらに分が悪いが、奴の動きを教えてくれたことでおあいことしよう』
「ハイネ上級曹長の動きが見られないのが気になる。慎重を期したほうがいいだろう」
『ハイネか。無口な奴だからな。何を考えているのか判らん』
「まあな……。それじゃあ、武運を祈る」
『そちらこそな』
 通信を切断して、腕組みをして考え込むサブリナ。
 やがて腕組みを解いて再び通信機を操作する。
「カリーニ少尉!」
 副隊長のカリーニを呼び出す。
『はっ! カリーニです』
「進行状況はどうなってるか」
『はい。遠距離攻撃用のミサイルへの換装は終了しております。残るブラスター砲の調整もまもなくです』
「まもなく戦闘開始だ。急いでくれ」
『わかりました』