安らかな……


 真夜中、あなたがベッドに寝そべって、一人静かに読書を楽しんでいると、ドアがとんとんとノックされる。あなたはハイと返事をしてドアの所へ行く。今頃誰かしらと思いながら……。
 鍵をはずしドアをそっと開けると、あなたの知らない青年が立っている。あなたがハットするような好青年だ。全身の血が騒ぐ。頬はばら色に染まり、心臓は不規則に激しく脈打っている。
「お迎えに参りました」
 青年が再び念を押すように誘う。
「さあ。行きましょう」
「ええ……」
 あなたは、思わずつぶやいてしまう。
 いけない。
 行ってはいけない。
 耳の奥からそんな響きが聞こえてくる。
 青年は、あなたの肩に手を乗せ、抱きかかえるようにしてゆっくりと歩き出す。あなたも青年に寄り添って歩く。自分がネグリジェ姿であることにも気づいていない。
 人気のまったく途絶えた夜の街を、あなたと青年の二人だけが歩き続ける。
 ひたすら、ひたすらに……。
 時々あなたは、上気した顔を上げ、うっとりとした表情で青年の顔を見つめる。青年は無表情で黙々と足を運んでゆく。

 しばらく歩いていると、後方から一台のバスが音もなくやってきて、二人の所で停車する。
 バスを指差して青年は誘う。
「さあ、乗りましょう」
 あなたは、一瞬ためらう。
 乗ってはいけない。
 乗ってはいけない。
「さあ、早く乗って」
 先に乗車した青年が手を差し伸べる。あなたは青年の手を取り、バスに乗車する。
 バスはドアを閉めて、音もなく静かに走り出す。
 席に腰掛けた青年は、正面を向いたまま微動だにしない。隣に座っているあなたも、青年の横顔をじっと見つめたまま。
 早く降りなさい。
 今ならまだ間に合う。
 耳の奥から、理性の悲しい叫び声がする。
 しかし、それもだんだんと弱くなってゆき、ついには途絶える。

 バスは静かに走り続け、郊外に差し掛かった時に、突然ふわりと大空へ舞い上がる。
 バスの中のあなたに変化が起こり始める。
 何だか眠くなり、まぶたが重く開けていられない。全身の力が抜けていくよう。いつしか、あなたは青年にもたれ掛けて、ぐっすりと眠り込んでしまう。
 永遠のやすらかな眠りだ。
 やがて、あなたの身体が輝きだし、白いぼうっとした靄のようなものが、身体から抜け出しはじめる。
 青年はすかさずその白い靄のようなものを、金色の壷の中に収納する。
 にやりと、青年はほくそ笑む。
 やおら立ち上がり窓を開けて、安らかに眠るあなたを抱えあげると、いきなり窓の外へと放り出す。
 そして毒々しい言葉で、こう言うのだ。
「おまえはもう用済みだ。あばよ」
 放り出されたあなたは、ゆっくりと宙を舞い落ちてゆき、やがて元いたあなたのベッドにふんわりと降りる。

 ベッドの上で安らかに眠るあなたよ。
 あなたはもう、この世の人ではない。

 誰も知らない← index ⇒怪談おつゆ