怪談おつゆ/前編


「それ、直したほうがいいわよ。ほほほ」
 彼女はきびしい一言を残し、笑いながら部屋を出て行った。

 いつもこうだ。
 俺は顔もいいし、ルックスもまあまあだと思っている。
 ちょいと声をかければすぐ女の子が釣れる。
 ただひとつの欠点というかそれが最大の悩みなのだが。

 仮性包茎。

 女はそれと知って急に態度を変えてしまう。
「臭いのよ。皮に垢がたまって不潔なの。そんなもの大事な部分につっこまれたんじゃたまらないわよ」
 冗談じゃねえよ。俺だってちゃんと毎日皮をむいて中まできれいに洗っているんだ。
「馬鹿ねえ。たとえそうでも、いつも皮かぶってるものって感じやすくなってるのよ。そうでしょ」
 そりゃ、確かに早漏の気はあるかも知れんよ。
「それにね。皮かむりの人って、一所懸命ピストン運動してもナニが厚い皮の中で前後に動くだけで、女の側はちっとも感じないの。やっぱり張りのあるナニが膣壁をこうぐいぐいやるあの感覚がなくちゃ」
 うー。それを言われるとみもふたもない。

 女が去り一人残された俺は、張り裂けんばかりになっているものを慰めるべく握った。ものの数十秒で白い乳濁色の液体が宙を飛ぶ。
「早いじゃねえか。ちくしょう」
 本物の女性とやっていれば多少は慣れて長持ちするようになるのかもしれないが、ただ慰めるだけでは、いかんせん早くなってくるばかりのような気がする。
「もしかして、このまま一生童貞で終わるんじゃねえだろうな」
 ここにいつまでもいるとインポになってしまいそうだ。
 俺は今回も交わることのなかったモーテルを後にした。
 ふと振り替えると白い城を形どったモーテルが、闇の中に浮かんでいた。
「けっ。王子様に迎えられて夢を抱くお姫様か……俺には永遠に現れないってか」

 突然、車のタイヤがパンクした。
「まったくついてねえなあ。後少しで家に着くというところなのに」
 すっかり外は真っ暗でこれではタイヤ交換などできやしない。
「しようがねえ。近くだし車を置いて、歩いて帰るか」
 そこは墓地であった。
 近道なのは墓地の中を抜けていくことである。俺は迷わずそうすることにする。

 ふと気がつくと、柳の木の下でうずくまる和服の女の姿があった。
「どうしましたか」
 俺は、その女のそばに寄って話しかけた。
「はい、持病のしゃくが起きて難儀しております」
「し、しゃく?」
 苦しそうにも振り返った女の顔を見て、俺は息を飲んだ。
 色白の肌に妖艶さを秘めた美しさが、俺を虜にして身動きすらできなかった。
「どなたかは存じませんが、すぐそこのお堂まで連れていってくれませんか。少し休めば楽になると思います」
 とおんなが指さす方向には、古びて今にも壊れそうなお堂が建っていた。
 俺は言われるままその女をお堂に運んだ。
「ありがとうございます。だいぶ楽になりました。お名前をお聞かせくださいませんか」
「新三郎といいます」
「新三郎様!」
 その名前を聞いたとたん、女の表情が変わった。
「本当に新三郎さまなのですね」
 といって女は俺の顔を改めてまじまじと見つめた。
「え、ああ。はい」
「ああ、確かに新三郎様」
 といって女は抱きついてきた。
「ええ?」
「うれしい! 新三郎様、わたしのもとに戻ってらっしゃったのですね」
 女は涙を流しはじめた。
「ちょ、ちょっと。人違いです」
 女は俺と同じ新三郎という名の男と勘違いしているようだ。
「いいえ。新三郎さまに間違いありません」
 といって俺の顔をさまざまと見つめて、その細い白い指で俺の顔をなでるようにやさしく触って、かつての感触を感じ取っているかのようであった。
「ああ……新三郎様が、帰ってきてくださった……私の新三郎様」
 うるんだ瞳で訴えかける女の表情を見つめていると、それ以上否定することはできなかった。
「以前のように私を愛してくださるのですね」
 女はそういうと腰の帯を解き始めた。

 安らかな← index ⇒怪談中編