真夜中の出来事/足音が……


 足音が……

 ある蒸し暑い夜のことだった。
 若い女が一人で夜の街を歩いていると、ふと後ろから誰かの足音が聞こえてきた。女が振り向くと、その足音を響かせていたと思われる人物の影が、さっと物陰に隠れるように消えた。しかし、女が再び歩き出すと、待っていたかのようにまた尾行してくるのだ。何度か女が振り返ると決まってその影は姿を隠す。女は気持ち悪くなってというよりも恐ろしくなって、やにわに走り出した。だが影も女の後を追って走ってくるのだった。女は走り続けた。が、走っても走っても、影はどこまでも執拗に追ってくる。その間隔が次第に狭まっているのが足音でわかった。死に物狂いで息を切らしながら走り続ける女の脳裏に、痴漢という言葉が浮かんだ。このままではいけない。早く交番にでも駆け込む以外にはなかった。ところが、女の目に映ってくるのは、固く閉ざされたシャッターばかりで、交番はおろか開いている店すらもなかった。影はすぐ後ろにまで迫っていた。女は、もう体力の限界にきていて、心臓は張り裂けんばかりであった。
 その時、目の前に交番らしきものがおぼろげにも見え、助かったと思いつつ最後の力を振り絞って、女はそこまでたどり着こうとしたが、足がもつれて地面に倒れてしまった。もうだめ、もうこれ以上一歩も歩けない。影は、とうとう女に追い着き目の前に立ちふさがった。自分は犯されるのだろうか、と絶望し疲れ果てぐったりしていると、影は警察手帳を見せて言った。
「君の住所と名前は? こんな真夜中に一人で……。と思っていると、君は急に走り出した。どうして逃げたりするのだ。ちょっとそこの交番まで来てもらおうか……」

 流星 index ⇒闇の叫び