特務刑事レディー・特別編
(続・響子そして)

(十七)響子とひろし  ある日のこと。  敬が血相を変えて、わたしのところに飛び込んできた。もちろん麻薬取締部にであ る。  警察署内では、生活安全局の局長が覚醒剤密売と押収物横領の容疑で逮捕されて以 来混乱していた。そこで何かと言うと麻薬取締部の方にちょくちょく顔を出すように なっていたのである。本来地方公務員の警察官が、厚生労働省麻薬取締部にそうそう 出入りできるものではなかったのだが、先の両組織連携による生活安全局長逮捕の功 労者として、特別に許されていたのであった。 「大変だ! 響子が組織に捕まったぞ」  わたしは思わず、持っていた花瓶を落としそうになった。 「なんですって! 響子さんが?」  響子といえば、性転換した磯部ひろし君の女性名である。  とある暴力団の情婦として暮らしていると聞いていたが、組織に捕まったというこ とは対抗組織と言うことか。おそらく警察の暴力団対策課からの情報を入手したので あろう。 「ああ……。暴力団組長が狙撃されて、情婦として傍にいたから連れて行かれてしま ったそうだ」  なんてことよ。  情婦とはいえ、それなりに幸せに暮らしていると聞いていたのに……。  また不幸のどん底に突き落とされた……。 「それで相手の組織は?」 「最近、麻薬や覚醒剤密売で勢力を広げつつあった組織でね。響子のとこの組織と日 頃から抗争事件が絶えないそうだ。実は、あの磯部健児も関わっているらしい」 「なんですって?」  その名前を聞けば驚きもしようというものである。ずっと追い続けている張本人だ からである。 「沢渡君、私にも聞かせてくれないか?」  課長の耳にも届いたらしく聞き返してきた。  麻薬となれば当然この麻薬取締部の管轄の範囲に入るからである。  麻薬取締部としても、その二つの組織に関しては独自に捜査を進めていたからであ る。  もっとも女性のわたしは、捜査から外されていた。 「済まないね。真樹ちゃんみたいな若い美人が、捜査陣の中にいると目立っちゃうん だよ。令状取った後の強制捜査とかには参加させるから、我慢してくれたまえ」  尾行しててもすぐに気づかれるし、張り込んでいても通りがかりの若者から「お茶 しようよ」とちょくちょく声を掛けられてしまう。  捜査にならないというわけである。 「ああ、課長。実はですね……」  磯部ひろしこと、情婦の響子について事情を話す敬だった。  この件に関しては、斉藤真樹としては一切関わっていないわたしからは、詳しい内 容を言えるはずがなかった。一応、覚醒剤密売の捜査協力として小耳に入れたという ことにしてある。 「……なるほど、そういうことか。その事件のことなら私も知っている。磯部健児は 我々も追っているが、証拠が集まらないで困っているよ。暴力団を隠れ蓑にしている のでね」 「その磯部健児が絡んでいる暴力団の一派が、響子の旦那である暴力団組長を狙撃し たということです。その際に、響子が連れ去られてしまいました」 「となるとその響子さんが危ないな。その組織は、誘拐した女性に覚醒剤を打って中 毒患者にし、否応なく売春させているという噂も聞いている」 「そうなんですよ。響子は、俺達が手をこまねいている間に、覚醒剤の虜になってし まった母親を殺してしまったんです。彼女がこのような境遇に陥ったそもそもには、 俺達の責任でもあるんです。これ以上、不幸にさせたくはありません」 「私たちも協力しよう。覚醒剤が関わっている以上、黙っているわけにはいかないか らな。前回と同様によろしく頼む。そちらの麻薬課や暴力団対策課の情報が欲しい」 「判りました。一致協力して、磯部健児を逮捕し暴力団を壊滅させましょう」 「わたしも協力します」 「真樹ちゃんも?」 「だって、覚醒剤を使って売春させているとしたら、女性がいなくちゃねえ」 「おいおい、ちょっと待って。何を言っているのか判るのか? まかり間違えば」 「判ってます。しかし囮捜査でもしなければ、売春組織を完全に壊滅することは不可 能ではありませんか?内部深くに潜入して確たる証拠を掴み、黒幕共々一網打尽にし なくてはだめなんです」 「だが、ミイラ取りがミイラ取りになりやしないかね。私はそれを心配しているのだ よ。そんなことになっては君のご両親に合わせる顔がなくなる。売春行為に関しては、 この際目をつぶってだな……」 「売春は、麻薬捜査と直接は関係ないからとおっしゃるのですか? それじゃあ、官 僚腐敗制度の汚点ではありませんか。課長がそんなことおっしゃられるとは」 「い、いやそうじゃなくて……。君の事を心配してだな……」 「課長!」 「わ、わかった。ただ私の一存では決定できないから、上司に相談してみるよ」 「お願いしますよ」