特務捜査官レディー
(響子そして/サイドストーリー)

(七)再会の日  卒業式を迎えることとなった。  女子大生よろしく、袴スタイルで着飾って友人達と仲良く記念写真におさまる。  大学生活をエンジョイしながらも、国家資格試験&採用試験に向けての勉強は忘れ ていなかった。  その年の六月までには二つの試験に合格し、八月に行われる予定の麻薬捜査官の受 験資格を得たのである。  実際に受験するかは、敬と相談の上で決定することにする。  敬は一緒に仕事しようとは言ってくれているが、それはあくまで警察官同士という ことだと思う。だから麻薬捜査官になるのには難色を示すかもしれない。国家公務員 と地方公務員では、同じ職場を共にすることはできないからである。  しかし地方公務員では、あの局長と健二を捕らえることはできない。  そしてついに、敬との再会の日を迎えた。  その日は朝から、念入りに化粧を施し、時間を掛けて慎重に衣装を選んだ。 「どうしたの? 今日はずいぶんとおめかしして」  母が何事かと首を傾げている。 「うん……ちょっと」 「デートかしら?」  図星を当てられて当惑する。 「やっぱりね。女の子ですもの、好きな人ができて当然。楽しんでらっしゃい」  母親として理解ある言葉だった。 「できれば、その男性を紹介してくれると嬉しいんだけど……」 「はい。もしそれができるようでしたら、紹介します」  敬のことだ。会ってみて、以前のままのやさしい彼だったら、現在の母にも会って くれるはずだ。  ただ傭兵部隊に入隊していたというから、それがどんな部隊か判らないが、スナイ パーとして腕を磨いたという発言から、人殺しも是とする集団なら、心が荒んでしま っている可能性もある。  あの日以来、連絡はなかった。  今日会ってすべては動き出す。  意気投合し、仕事を共有した後に幸せな結婚生活になるか。  相容れずに別離の果てに敬は傭兵部隊の一員として戦場で散り、自分は涙に暮れる か。  ともかくも敬と会って相談して決めよう。  そして今、約束の大観覧車の前に立っている。  敬の姿はない。 「ここでいいんだよね……時間は午後八時。ちょっと少し早いけど……」  果たして姿形の変わったわたしを、敬が気づいてくれるだろうか?  あの日のデートの時に着ていた服にすれば良かったかな……。それには実家に取り に行かなければならないし、いくら母がいつでも帰っていいよと言ってくれていると はいえ、そうそう帰ってもいられない。但し電話連絡だけは欠かしていない。母親と いうものは、病気してないだろうかと毎日のように心配しているからである。  大観覧車に乗車する人々は、午後八時という時間からかほとんどがカップルであっ た。家族連れには遅すぎる時間帯である。  楽しそうに乗車するそれらのカップルを見つめながら、自分と敬も一組のカップル として乗り込んだものだった。  一人の女性として交際してくれる敬に、ぞっこん惚れていた。プロポーズされた時 の嬉しさは言葉に尽くせない感動であった。  大観覧車の営業終了時間が迫っていた。  日曜ならば深夜四時(最終乗車)まで営業しているが、今日のような平日は午後十 時までである。再会の約束の時間としては、大観覧車が動いている時間帯と考えるの が妥当のはずだ。  客達は帰り支度をしている。  大観覧車の周囲には客はほとんどまばらになっていた。  この時間となれば、二十四時間営業の東京レジャーランドへと、客は移動して行く。  未だに敬は現れない。  やがて大観覧車の営業が終了した。  通行人たちの奇異な視線を浴びながら、たった一人寂しく大観覧車の前で佇むわた し。 「どうして? どうして敬は来ないの?」  涙に暮れながら、現れない敬のことを心配していた。  来る途中で、事故にでもあったのだろうか?  一年前のこの場所で、こんなわたしにプロポーズしてくれた敬。  あの逃亡劇の最中の別れ際、必ず迎えに来ると誓った。  死線を乗り越えて生き残り、CD−Rに託して再会しようと言ってくれた。  そんな敬が、わたしを放ってどこかに行ったりはしない。  必ず迎えに来てくれると信じている。 「よっ! 待たせたな」  背後から声がした。  振り返ると、懐かしい顔がそこにあった。死線を乗り越え、傭兵部隊に入隊して精 悍な表情をしているが、まさしく敬だった。 「待たせて悪かったな。実は今日成田に着いたばかりなんだ。飛行機は遅れるし、成 田エクスプレスは……」  言葉を言い終わらないうちに、わたしは敬の胸の中に飛び込んでいた。 「敬! 会いたかった」 「俺もさ……」  それ以上の言葉はいらなかった。  時のたつのも忘れて、二人はずっと抱き合っていた。  これまでの時間を取り戻すかのように。  数時間、二人はモーテルのベッドの上だった。 「あつっ!」 「あ、ごめん。痛かった?」  長い間離れ離れになっていた愛し合う二人が結ばれるのに時間は掛からなかった。  当然の成り行きと言えるだろう。  しかし真樹は処女だった。  初めて迎え入れる男性に対して少なからず抵抗を見せていた。  処女膜を押し広げて侵入してくるものを拒絶するように痙攣にも似た感覚が全身を 駆け巡る。  敬の動きが止まった。  真樹の身体を慈しむようにやさしい表情で見つめている。 「ううん。いいの。そのまま続けて」 「ほんとにいいんだね」 「うん。愛しているから」  身も心も一つに結ばれたかった。  真樹として守り続けてきたバージンを捧げたかった。  本当の女性になるための最初の試練でもあった。 「いくよ」 「うん……」  さらに腰を落としてくる敬。  愛する人のために耐える真樹。  子宮に敬のものが当たる感覚があった。  完全に結ばれた瞬間だった。  以前の真樹、つまり薫だった頃には不可能だった行為が、果たせなかった思いが、 今実現したのだった。  感動的だった。  女として生きる最大の喜びに打ち震えていた。 「愛してるわ」 「俺もだよ」  確認しあうように短い言葉を交わす二人。  そしてゆっくりと動き出す敬。  やがて絶頂を迎えて、真樹の身体にそのありったけの思いを放出する敬。  身体の中に熱いものがほとばしるのを感じながら真樹も果てた。
     
11