思いはるかな甲子園

■ 野球部へ ■  野球部部室。  練習開始前のミーティングで、部屋の中に集まっている部員達。 「今日も来るかな、あの子達」 「来るんじゃないかなあ」 「いっそマネージャーになってくれたらいいのにね」 「ああ、何にもしなくてもいいから、じっと見守ってくれるだけでもいいよ」 「おまえら、何いってんだ」  その時、部室のドアがノックされる。 「誰か、来たみたいですね」 「どうぞ、入ってください」  戸口そばに座っていた二年生の木田孝司が返事をする。  しかしドアを開けて入ってくる気配がない。 「ん、どうしたのかな。木田、おまえ見てこい」  木田に向かって命令する山中主将。 「はい」  木田がドアの所へ行って、扉を開け外を確認する。  そこには微笑んでいる梓が立っていた。 「き、君は!」 「こんにちは」  一斉に振り向く一同。 「今の声は!」 「梓ちゃんじゃないのか?」 「なに、梓ちゃん!」  木田を押し倒してドアに殺到する部員達。 「やっぱり、梓ちゃんだ」 「絵利香ちゃんはきてないの?」 「うん。今日はテニス部の練習」 「あ、そうかテニス部って言ってたっけ」 「で、梓ちゃんは、何しに来たの?」 「うん。キャプテンいますか?」  部屋の中をちらりとのぞく梓。 「ああ、キャプテンね。いますよ」  山中主将に視線が集中する。 「キャプテン、梓ちゃんが面会ですよ」 「梓ちゃんだとお。こっちに呼んでこい」 「なにいってんですかあ。かわいい女の子が、こんなむさ苦しい部室の中に、入って これるわけがないじゃないですか。キャプテン出てきてくださいよ」 「ったくう……」  山中主将、しぶしぶ外に出てくる。  梓を囲むようにしている部員達。 「おまえらなあ……ぼさっとしている暇があったらグラウンドへ行け!」  右手の拳を振り上げて怒鳴り散らす山中主将。  蜘の子を散らすようにグラウンドに駆け出す部員達。 「ほれほれ、早く行かんか」  とろとろ歩いている部員の尻を蹴飛ばして、グランドに押しやる武藤。 「ったく、しょうがない連中だ」  ぶつぶつ呟きながら、副主将の武藤の采配で一同が練習を始めるのを見届けてから、 梓に話しかける山中主将。 「で、キャプテンの山中だけど、僕に何か用かい?」  部員達に対しては怒声を上げる山中主将であるが、可愛い顔で微笑む梓を前にして は、さすがに口調もやさしくなる。 「はい」  鞄を開けて中から一通の書状を取り出して主将に渡す梓。 「これは?」  梓、にっこりと微笑んでいる。