難病(特定疾患)と生活保護・社会保障を考える【携帯/モバイル版】

この場を借りて、難病(特定疾患)と生活保護などの社会保障制度について考えてみたいと思います。

特定疾患と診断されるまでに、さまざまな病気を患ったり、いろいろな診療がなされたと思います。

わたしも全身性エリテマトーデスという膠原病として正式に確定されるまでに、花粉症アレルギーからはじまって、腸閉塞や筋無力症、肺炎・胸膜炎と次々と発症してきました。
それぞれに前兆症状があって、後から考えるとなるほどそうだったのかと思わせることもあります。

ここでは、そんな難病との付き合い方とかを話し合いたいですね。