機動戦艦ミネルバ/第二章 選択する時

 補給部隊  シューマット群島に近づいたミネルバ。  潜望鏡深度で慎重に周囲を探査している副長がいる。 「二時方向の海上すれすれに艦影。どうやら味方の補給艦のようです」 「1300時、定刻通りですね。浮上しましょう。上陸準備にかかってください」 「浮上!」 「第一班、警戒体制の位置につけ」  波静かな海上に補給艦が影を落としている。その影から波飛沫を上げて、ミネルバ が浮上してくる。 「補給艦より連絡。島の南東部の入り江付近に降下するそうです」 「艦を島の入り江に入れてください」 「了解。面舵十五度」 「ハイドロジェットエンジン停止。後は慣性に任せて前進する。制動エンジン噴射準 備」  ハイドロジェットエンジンはその機能上から前進のみしか出来ないので、制動用の 補助として空中推進用の逆噴射エンジンを併用して使用する。 「制動エンジン噴射準備完了」  ゆっくりと滑るように入り江に侵入するミネルバ。 「沿岸まで五十メートル。制動開始」  断続的に逆噴射が行われて徐々に速度を落としていくミネルバ。 「面舵一杯! 左舷側に接岸する」  沿岸ではすでに降下した補給艦が荷おろしの準備を開始していた。  そのそばに着岸して停止するミネルバ。  すぐさま物資の搬入がはじめられた。搬送トラックが両艦の物資搬入口を往来して、 弾薬・食料などを移し替えていく。  ミネルバの作戦室。  補給間の艦長ベルモンド・ロックウェル中尉が航海図を指し示しながら説明してい る。 「ここがメビウスの秘密基地のある海域です。この深海底に秘密基地への入り口があ ります」 「ずいぶん遠いわね」 「ただ基地への来訪はもうしばらく後にしていただきます」 「なぜですか?」 「このミネルバの任務が敵の陽動にあるからです」 「陽動作戦?」 「あえて敵の渦中に飛び込み、注目を集めるような行動を起こして頂きたいのです」 「それはレイチェル・ウィング大佐の指令ですか?」 「もちろんです。私は指令を伝えているだけです」 「要するに基地には近づかないで欲しいということですね」 「その通りです。基地の存在が敵に知られれば、メビウスの存続も危うくなりますの で」 「判りました。指示に従いましょう。しかし、補給は今後も受けられるのですよ ね?」 「可能な限り手配するとのことです」 「ならいいでしょう」 「私から連絡することは以上です。よろしいですか?」 「はい。ご苦労様でした」 「補給が終わるのは、三時間後です。それでは」  と敬礼して退室していった。 「艦長。補給を終えるまで三時間は要します。今のうちに補給に関わらない戦闘要員 などに休息を与えてはいかがでしょうか」  イルミナが進言した。 「ところであなたは?」  ミネルバに来て早々から戦闘状態となったために、各士官達の紹介がまだ済んでい なかった。 「あ。わたしは、艦長の副官を仰せつかっております、イルミナ・カミニオン少尉で す」 「イルミナ・カミニオン少尉ですね」 「はい。それで休息の方は?」 「そうですね。どうせ補給が終わるまでは発進できませんから。よろしい、許可しま しょう。半舷上陸を与えます。ただし、三時間だけですよ」 「やったー!」  小躍りして喜ぶ隊員達。それもそのはずで、ミネルバに乗艦しているとはいえ、そ もそもは訓練航海の最中に、戦時特別徴用法の適用を受けて、士官学校を繰り上げ卒 業して、現地徴用されて四回生は少尉に、三回生は准尉とそれぞれ任官されてしまっ たのである。士官学校生気分から抜けきれない隊員も相当数にのぼっていた。四回生 はともかく三回生はまだまだ子供なのである。  それから艦橋オペレーター達の紹介があってから、レーダー管制員を覗いて半数ず つに分かれて上陸・休養の時間が与えられた。  女子更衣室。 「ねえねえ。水着持ってる?」 「もちろんよ。こんなこともあろうかとちゃんと持ってきていました」 「ところで艦長は?」 「艦橋にいらしたわよ」 「休息しないのかしら」 「やっぱり艦長ですもの」 「それじゃあ、可哀想よ」