機動戦艦ミネルバ

I 連邦軍到来  トランターに向かう護送船団。  指揮艦ニュートリアルに信じられないニュースが飛び込んできた。 「それは本当ですか?」 「間違いありません。絶対防衛圏内にあるベラケルス星域において、連邦軍八十万隻 と迎撃に向かった絶対防衛艦隊三百万隻が交戦状態に突入するも、おりしも超新星爆 発を起こしたベラケルスに巻き込まれて我が軍は壊滅。連邦軍は奇跡的に爆発を免れ てなおもトランターに向けて進撃中です。しかし、ベラケルスが爆発するなんて…… 運が悪すぎます」 「違います。これはブラックホール爆弾を使って人工的に引き起こされたものです。 ランドール提督も最終防衛決戦の場としてベラケルスを想定しておられました。超新 星爆発の威力を借りて敵艦隊を一網打尽で壊滅させる壮大な作戦。敵がこれに気付い ていたなんて……」 「ま、まさかそんなことができるなんて」 「現実に起こってしまったことです。超新星爆発を目の当たりにするなんてことは、 砂浜の中に隠した一粒の砂を探し出すこと以上に確率は低いのですから」 「敵艦隊がトランターに到着する時間は?」 「先着する我が船団の一時間後です」 「ぎりぎりね。輸送船を地上に降ろす時間が稼げるかしら」 「稼ぐって……。まさか、敵艦隊とお戦いになられるのですか?」 「輸送船には、これからの戦いに必要な重要な兵器が積まれています。それを無事に 届けるのが、わたし達の任務です」 「しかし、敵艦隊の総数は八十万隻なんですよ。どうやって?」 「何も直接艦隊戦をやると言っているのではありません。策を施して進行の足を一時 的に止めるのです」 「策を施す?」 「丁度いい作戦案があります。以前にカラカス基地の防衛に際して、ランドール提督 が参謀達に出させた作戦プランの一つなのですが……。うまい具合に必要な資材が輸 送船に積まれています。たぶん足止めくらいはできそうです」  作戦室に各艦の艦長が呼び集められ、フランソワが作戦を伝える。 「敵艦隊はおそらく、このL5ラグランジュ点を経由して、トランターに近づくでし ょう」 「L4ではないのですか? ここにはワープゲートが設置されています。まずはこれ を押さえてからだと思うのですが?」 「いえ。L4のワープゲートには機動衛星兵器が守りを固めています。少しでも犠牲 を少なくして、速やかにトランターを落とすにはL5からの方が最適です」 「はあ……そうでしょうか?」 「ともかくやれるだけのことはやりましょう。予想に反してL4に向かったら、運が なかったと諦めます」 「判りました」 「ラグランジュ点は重力的に安定しており、L4にワープゲートが置かれているのも そのためです。かつてはスペースコロニーという人工居住プラントがあったそうです。 ここにある物質はほとんど動かないままとなります。さてここからが作戦です。この L5地点に輸送艦に積んである超伝導冷却用のヘリウム4原子を撒き散らしておく。 ただこれだけです」 「それだけですか?」 「そう……。それだけです。地面に水を撒くと、車はタイヤがスリップして自由が利 かなくなる。それと同じことが起きます。宇宙空間においては、ヘリウム原子は超流 動現象を起こします。そこへ侵入した艦艇は身動きが取れなくなると言うことです」 「なるほど……」  早速輸送船に連絡が取られて必要なヘリウム4が、L5ラグランジュ点に運び出さ れた。 「よし、これでいいわ」 「うまくいきますかね」 「足止めさえできればいいのよ。さあ、先へ行きましょう」  そのままトランターに向かって進む船団だった。