女性変身! ボディースーツ!!

「社長! 新製品ができました!!」  と、飛び込んできた研究員がいる。  最近、このパターンが多い。 「君は確か……。ラテックス事業部の研究員だったな」 「はい。その通りです」  我が社は製薬会社であるが、薬局や薬店で取り扱っているような商品はすべて研究 開発・販売をおこなっている。ティッシュから洗剤はもちろんのこと、家庭生活の必 需品コンドーム……。コンドームといえばラテックスが材料である。その研究員はそ のラテックス事業部の開発部門の研究員だった。 「実は、インターネットを見ていて、面白いサイトを発見したのですが……」 「ほう……。インターネットかね」 「はい。なんと! 女体変身ボディースーツというものを製造販売しているんです」 「女体変身ボディースーツ?」 「論より証拠です。そちらのパソコンで見てみますか?」  社長室にはインターネットに接続されたパソコンが置いてある。 「おう。やってくれ」  それにしても女体変身ボディースーツとはな……。  研究員がパソコンを起動させてインターネットに接続させると……。
   画像1画像2
「なんだこれは?」  ロングヘアーのナイスボディーの女性の写真が目に飛び込んできた。  そして何やら不気味な皮? 「判りますか? 一見女性に見えるこの人、実は男性なんです」 「ほんとかよ。こんな巨乳だし……。豊胸でもしているのか?」 「顔を良く見てください」 「顔……? なんか化粧が濃いな」 「その顔は、マスクなんですよ。マスクを被っているんです。男性が女性の顔のマス クを被り、女性の姿のボディースーツを着込んでいるんです」 「ほんとかよ。どう見ても化粧の濃い女性にしか見えないぞ」 「写真ですからね。解像度の問題で詳細がつぶれていますから」 「なるほどね。で、この女性の格好の男性と、新製品とどういう関係があるのだ」 「はい。この女性変身ボディースーツやマスクはラテックスで作られているんです」 「ラテックスか?」 「はい。それを参考にして、試作したのがこの変身スーツです」  と、取り出したのが、実に珍妙なるものだった。 「そのサイトではラテックスを使っていましたが、同じものでは二番煎じ。そこで新 開発の人工皮膚を使って似たようなものを製作してみました」 「人工皮膚を使ったのか?」  そうなのだ。  確かにラテックスは人間の肌に近いものがあり、コンドームに利用される他に、義 指・手や義足などの表面を覆う素材として利用されてきた。がしかし所詮は人工製造 物でしかなく、触ればすぐにそれと判るし老朽化も早い。  そこで人工皮膚の登場である。  その主題の根本精神は皮膚移植に利用しようというものだった。  おおやけどを負った患者には皮膚移植を行わなければならないが、自家移植では足 りない広範囲のやけどでは、死んだ人からの皮膚の移植が必至である。ところがこれ がなかなか入手困難である。かの有名なサハリン熱傷少年国際救助事件でも移植用の 皮膚の確保に苦労したという。  そこで人の肌の感触により近づけるように工夫し、且つ免疫における抗体抗原反応 を引き起こさない、特殊な人造蛋白合成技術を使った人工皮膚の開発に着手したのだ った。おおやけどを負った患者にこれを移植すれば細菌感染を防げると同時に、時間 の経過と共に自分自身の皮膚の細胞が浸潤してきて、やがてすべてが自分の皮膚に置 き換わっていくというものだった。
 
DVD かしまし ガール・ミーツ・ガール ...
2006年1月からテレビ東京系ほかにて放送された青春ラブストーリー「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」をDVD化。原作はメディアワークス刊「月刊コミック電撃大王」に連載されたあかほりさとる作/桂遊生丸作画による人気コミック。宇宙船の墜落に巻き込まれ女の子になってしまった主人公と、周囲の少女たちの恋模様をみずみずしく描いた話題作である。監督は「魔法陣グルグル」の中西伸彰、キャラクター・デザインは「ミルモでポン!」作画監督が好評を博した岩佐とも子が担当。植田佳奈、堀江由衣、田村ゆかり、浅野真澄、新谷良子、藤原啓治と、声優陣も豪華な顔ぶれが並んでいる。第3話「はずむの心、やす菜の心」、第4話「少女三角形」を収録。