陰陽退魔士 逢坂蘭子/第一章 夢魔の標的

其の壱  翌朝となった。  逢坂家の食堂にて、家族が朝食をとっている。 「おはようございます」  そこへ女子高制服に身を包んだ蘭子が眠たそうに入ってくる。 「おはよう」  蘭子が自分の席に着くと、母親が早速ご飯と味噌汁をよそってくれる。 「どうした浮かぬ顔をして……」  父親が不審そうに尋ねる。 「いえ……。最近、夜毎に妖気を感じて目が覚めるのですが、しばらくすると消えてしま うのです」  昨夜のことを事細かに報告する蘭子。 「うーん……。それはあれだな。その妖気の正体は、人間という依り代を必要とする妖魔 なのであろう」 「憑依型の妖魔ですか?」 「そうだ。妖魔が人間に憑依するには、誰でも良いというものではない。輸血や臓器移植 に血液型などが合わないとだめなように、妖魔と依り代となる人間との因果関係が必要な のだ」 「因果関係?」 「それが何かはいまだに判らぬことが多い。ともかく妖魔は憑依できる人間を見つけたと いうわけだ。しかし人間が明瞭な自我を持っていては憑依できない。そこで自我を崩壊さ せるために、眠っている間にその精神に入り込んで、毎夜悪夢を見せ続けるのだ。その時 に一時的に実体化して妖気を放っているのかも知れない。それをおまえが察知したという わけだ」 「そういうことでしたか……」 「自我を崩壊させるのには、性急し過ぎてもだめだ。自我だけでなく魂までも殺してしま うことになる。人間が生きるには肉体と魂が必要だからな。魂までも殺さないようにして、 じわじわと悪夢を見続けさせる」 「そして自我を崩壊した人間は、妖魔に憑依されて実体化すると」 「やっかいなのは実体化するまでは手が出せないし、実体化したらしたで依り代となった 人間には傷をつけることなく、妖魔だけを退治するのは至難の技ということだ。おまえの 持つ虎徹が必要になるな」 「はい……」   唇をぎゅっと噛みしめる蘭子だった。
     
11