【初稿版】学園小説/梓

 思いはるかな甲子園

■ 転落事故 ■  夏の全国高等学校野球選手権大会、県大会会場。  球場内から歓声が轟く。  マウンド上の投手長岡浩二、ガッツポーズをとっている。  アナウンス室では、金切り声を出して実況中継を行っていた。 『ラストバッターを三振に切って落し、栄進高校とうとう決勝進出を果たしました。 なんと優勝候補の筆頭西条学園をノーヒットノーランに押え込んでの偉業達成です。 それにしても今大会ノーヒットノーランはこれで三度目という超高校級の怪物投手が こんな無名チームに潜んでいたとは、まったく意外でありました』 『これは明後日の決勝戦、プロも注目の超高校級スラッガー、沢渡選手率いる城東学 園高校との試合が楽しみになってまいりましたねえ』 『まったくです。その明後日の試合のプレーボールは午後一時からです。実況中継は、 午後十二時五十五分からの放送となります。みなさまご期待ください……』  とある雑居ビルの屋上。  フェンス際で震えているセーラー服の少女と、取り囲んでいるがらの悪いスケ番風 のグループ。 「お願いです。もう許してください」  必死の表情で嘆願する少女。 「許せないねえ。あんたが逃げ帰ってくれたおかげで、約束の金が手にはいらなくな ったんだ。どうしてくれんでえ」  リーダー格と思われるスケ番が、少女に歩み寄って話し掛ける。 「他のことならなんでもします。だから……」 「なんでもだとう。女が手っとり早く大金を稼ぐには売春しかないんだよ。いいかい、 あたい達には金が必要なんだ。それも至急にさ」 「このかわいい面なら、素敵なおじさまがいくらでも出してくれるんだ」  と少女の顎をしゃくりあげるようにするスケ番。 「さあ、もういちど。あのホテルに戻るんだ」 「い、いやです。それだけは許してください」 「なんだとお、やさしくしてやりゃあ、つけあがりやがって」  いきなり少女の胸元を引き裂いてしまうスケ番。ビリッという音とともに少女の胸 元があらわになってブラがはみ出す。 「きゃあ!」  両手ですかさず胸元を隠して、その場にしゃがみこむ少女。涙を瞳に一杯あふれさ せている。 「おねがいです……」 「だめだねえ。強引にでも連れていくよ」 「さあ、来るんだよ」  スケ番、少女の手を取って引き連れていこうとする。 「い、いやあ!」  スケ番の手を思わず噛んでいる少女。 「いてえ! なにしやがんでえ」  スケ番、少女を突き飛ばす。  少女、手摺に激突してそのまま、手摺を乗り越え下へ転落してゆく。 「きゃあーーー」  落下していく少女。  街中。  野球道具を肩に担いだ浩二が、舗道を歩いている。 「あぶない!」  歩行者の叫び声。 「え?」  声が掛かればつい本能的に立ち止まってしまうものだ。それがいけなかった。  屋上から落下してくる少女は、一度ショーウィンドウの天幕でバウンドしてから浩 二の頭上を襲った。  身体ごと当たられてはさしもの屈強の体格をもってしても食い止められるわけがな い。追突の衝撃は浩二を跳ね飛ばした。そして、運悪くアスファルトの道路に後頭部 を強打して、意識を失ってしまったのだ。  少女も道路に伏したまま身動きしなかった。  高校野球県大会会場。  興奮したアナウンサーの声が、そこここのラジオから流れている。 『打ったあ、これはでかい! 沢渡選手、手ごたえ十分とみてかまったく動きません。 ボールの行方を確かめています。逆点の三塁ランナーは、一応タッチアップの態勢で す。入ったあ、ホームラン。さよならです。沢渡選手、今やっと一塁へ歩きだしまし た。そしてしっかりと一塁を踏みしめました』  球場を紙吹雪が舞っている。 『城東学園高校優勝です』  飛び出してくる城東学園の選手達。 『あ、たった今。情報が入りました。意識不明の重体が報じられていました栄進高校 のエース投手の長居君ですが、午後三時に埼玉医大救急病院にて、亡くなられたそう です』  グラウンドで泣きくずれる栄進高校のナイン達。応援団の人々も茫然自失状態にな っている。 『栄進高校にも知らされたのか、選手達泣いております。試合に敗れエースを失い、 なんと慰めていいのか、適当な言葉が浮かんでまいりません』  グラウンド上、一塁から戻った沢渡、ニュースを聞いて立ち尽くしている。 「長居君……。君と勝負がしたかった」  マウンドを見つめたまま、ライバルの夭折に胸を傷めていた。 『ノーヒットノーランを達成して決勝まで進んだというのに、転落事故に巻き込まれ て亡くなられるなんて……死んでも死に切れないでしょうねえ。ここに謹んでご冥福 を祈ります』